シリア軍はダマスカス郊外県東グータ地方各所を激しく爆撃・砲撃(2018年2月18日)

ダマスカス郊外県では、ドゥラル・シャーミーヤ(2月18日付)やシリア人権監視団によると、シリア軍が東グータ地方のミスラーバー市の市場、アシュアリー農場とシャイフーニーヤ村を結ぶ街道、アイン・タルマー村、ナシャービーヤ町に対して20回以上の爆撃、50発の砲弾による砲撃を行い、女性1人、子供3人を含む10人が死亡、多数が負傷した。

**

ダマスカス県では、SANA(2月18日付)によると、ダマスカス郊外県東グータ地方で活動を続ける反体制武装集団がバーブ・トゥーマ地区を砲撃し、建物などが被害を受けた。

AFP, February 18, 2018、ANHA, February 18, 2018、AP, February 18, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 18, 2018、al-Hayat, February 19, 2018、Reuters, February 18, 2018、SANA, February 18, 2018、UPI, February 18, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク