ダイル・ザウル県南東部でシリア軍とダーイシュの戦闘続くなか、ブーカマール市でシリア軍とヒズブッラーの緊張高まる(2018年6月12日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)がT2(第2石油輸送ステーション)に近い砂漠地帯にあるシリア軍拠点複数カ所を攻撃した。

一方、『ハヤート』(6月13日付)は、複数の活動家および地元消息筋の話として、ブーカマール市の入口にヒズブッラーが設置していた検問所でシリア軍兵士複数人が拘束されたことを受け、ヒズブッラーとシリア軍の間に緊張が高まっていると伝えた。

AFP, June 12, 2018、ANHA, June 12, 2018、AP, June 12, 2018、al-Durar al-Shamiya, June 12, 2018、al-Hayat, June 13, 2018、Reuters, June 12, 2018、SANA, June 12, 2018、UPI, June 12, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク