シリア軍と反体制武装集団がハマー県で交戦(2018年11月6日)

ハマー県では、SANA(11月6日付)によると、反体制武装集団がザカー村南部からムハルダ市一帯に侵入、シリア軍がこれを撃退した。

ドゥラル・シャーミーヤ(11月6日付)によると、反体制武装集団がジューリーン村にあるシリア軍基地を砲撃し、士官1人が死亡したという。

**

ダルアー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(11月6日付)によると、軍事治安局がタッル・シハーブ町で強制捜査を行い、ダーイシュ(イスラーム国)メンバーと思われる複数人を拘束した。

この直後、軍事治安局隊員2人が何者かの襲撃を受け、1人が死亡した。

AFP, November 6, 2018、ANHA, November 6, 2018、AP, November 6, 2018、al-Durar al-Shamiya, November 6, 2018、al-Hayat, November 7, 2018、Reuters, November 6, 2018、SANA, November 6, 2018、UPI, November 6, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク