ダイル・ザウル県でYPG主体のシリア民主軍がダーイシュと交戦(2018年11月6日)

ダイル・ザウル県では、「テロ駆逐の戦い」を続ける西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がハジーン市一帯でダーイシュ(イスラーム国)に対する攻撃を再開した。

ANHA(11月6日付)が伝えた。

シリア人権監視団によると、シリア民主軍は、バフラ村、ハジーン市近郊のダーイシュ拠点への攻撃を再開し、戦闘員26人を殲滅したという。

AFP, November 6, 2018、ANHA, November 6, 2018、AP, November 6, 2018、al-Durar al-Shamiya, November 6, 2018、al-Hayat, November 7, 2018、Reuters, November 6, 2018、SANA, November 6, 2018、UPI, November 6, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク