シリア軍はハマー県、イドリブ県の反体制武装集団を砲撃(2018年12月21日)

ハマー県では、SANA(12月21日付)によると、シリア軍がズィヤーラ町およびその一帯でトルキスタン・イスラーム党に対して砲撃を行った。

ドゥラル・シャーミーヤ(12月21日付)によると、シリア軍はラターミナ町を砲撃、同地では金曜日午後の集団礼拝が中止されたという。

**

イドリブ県では、SANA(12月21日付)によると、シリア軍がフワイン村、スカイク村、ザルズール村、ファルジャ村、サハール村、ジャルジャナーズ町およびその一帯の反体制武装集団に対して砲撃を加えた。

**

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(12月22日付)が複数の活動家の話として伝えたによると、アレッポ市内各所で軍事治安局が兵役を忌避する若者8人を拘束した。

AFP, December 21, 2018、ANHA, December 21, 2018、AP, December 21, 2018、al-Durar al-Shamiya, December 21, 2018、December 22, 2018、al-Hayat, December 22, 2018、Reuters, December 21, 2018、SANA, December 21, 2018、UPI, December 21, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク