アレッポ県、イドリブ県、ハマー県、ラタキア県でシャーム解放機構とシリア軍が砲撃戦(2019年3月5日)

アレッポ県では、シャーム解放機構に近いイバー・ネット(3月5日付)によると、シャーム解放機構が県南部のフワイズ丘、ジャムイーヤート丘にあるシリア軍の拠点を砲撃した。


一方、SANA(3月5日付)によると、ハナースィル市南のマラーガ村でダーイシュ(イスラーム国)が残していった地雷が爆発し、住民12人が死亡、15人が負傷した。

このほか、アレッポ県のバーブ・サラーマ国境通行所管理局のカースィム・カースィム所長(准将)は、ドゥラル・シャーミーヤ(3月5日付)に対して、同通行所に面するオンジュプナル国境通行所(キリス県)をトルコ当局が開放し、トルコ側からの貨物車輌の通過が近く許可されると述べた。

**

イドリブ県では、SANA(3月5日付)によると、シリア軍が、タッフ村、ハーン・シャイフーン市でシャーム解放機構をはじめとする反体制武装集団の拠点を砲撃した。

**

ハマー県では、シャーム解放機構に近いイバー・ネット(3月5日付)によると、シャーム解放機構が県北部のジューリーン村にあるシリア軍基地を砲撃した。

一方、SANA(3月5日付)によると、シリア軍がムーリク市一帯からシリア政府支配地域に潜入しようとした反体制武装集団を撃退した。

シリア軍はまた、クルカート村、カルアト・マディーク町の反体制武装集団の拠点を砲撃した。

**

ラタキア県では、シャーム解放機構に近いイバー・ネット(3月5日付)によると、シャーム解放機構がクルド山にあるブルカーン丘のシリア軍拠点を砲撃した。

**

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間で「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を7件(ハマー県11件、ラタキア県3件、アレッポ県6件、イドリブ県9件)確認したと発表した。

トルコ側の監視チームは停戦違反を29件(ハマー県11件、ラタキア県3件、アレッポ県6件、イドリブ県9件)を確認した。

AFP, March 5, 2019、ANHA, March 5, 2019、AP, March 5, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 5, 2019、al-Hayat, March 6, 2019、Ministry of Defence of the Russian Federation, March 5, 2019、Reuters, March 5, 2019、SANA, March 5, 2019、Shabaka Iba’ al-Ikhbariya, March 5, 2019、UPI, March 5, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク