ロシア・シリア両軍はシリアのアル=カーイダ支配地域に220回の爆撃を実施する一方、トルコが支援する反体制派がシリア軍拠点を攻撃(2019年5月7日)

シリア人権監視団によると、6日夜以降、ロシア・シリア両軍がハマー県、イドリブ県、アレッポ県の反対派支配地域(緊張緩和地帯第1ゾーン)に対して220回もの爆撃を実施した。

ANHA(5月6日付)によると、両軍はラマダーン月2日となる6日夜の日没直後から、シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構の拠点に対して爆撃・砲撃を開始した。

また、シリア人権監視団によると、反体制派支配地域でシリア軍と、シャーム解放機構やトルキスタン・イスラーム党などからなる反体制武装集団が交戦、シリア軍兵士22人、シャーム解放機構やトルキスタン・イスラーム党のメンバーを含む反体制武装集団戦闘員21人が死亡した。

**

イドリブ県では、ロシア軍戦闘機が、シャーム解放機構の支配下にあるフバイト村、カフルナブル市、カフルサジュナ村、ナキール村、ハーン・スブル村一帯、トゥラムラー村、カフルヌブーダ町に複数回、カルサア村およびその一帯、ウンム・ニール村に3回、カッサービーヤ村灌木地帯、アービディーン村、マガッル・ハマーム村、カフル・ウワイド村一帯、ハーン・シャイフーン市北、マアッラト・ハルマ村、マウザラ村、ガッサーニーヤ村、ナール丘に2回のの爆撃を行った。

ロシア軍戦闘機はまた、マアッラト・ヌウマーン市、ハーッス村、カフルナブル市、カルサア村、マアッラト・ハルマ村、フバイト村、カンスフラ村に機銃掃射を行った。

シリア軍戦闘機も、フバイト村、カフルサジュナ村、トゥラムラー村、カッサービーヤ村灌木地帯に複数回、アービディーン村、マルイヤーン村一帯、バサーミス村、カフル・ウワイド村に3回、マアッラト・ハルマ村、マアッラト・ヌウマーン市、カンスフラ村、無人化した大隊基地に2回の爆撃を行った。

ドゥラル・シャーミーヤ(5月7日付)によると、一連の爆撃で民間人8人が死亡、数十人が死亡した。

このうち、4人はラアス・アイン村の商店街や住宅街に対するシリア軍の爆撃で犠牲になったという。

一方、ANHA(5月6日付)によると、シリア軍は、マアッラト・ヌウマーン市、イブリーン村、バイルーン村一帯、カフルサジュナ村、カンスフラ村一帯、イフスィム村、ガッサーニーヤ村、カフルナブル市、無人化した大隊基地、ナキール村一帯、アルナバ村を砲撃した。

このほか、ANHA(5月6日付)によると、イドリブ市のサアド・モスク近くで大きな爆発があった。

爆発は、シャーム解放機構の車輌を狙ったものだという。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機がサルマーニーヤ村に複数回、トゥワイナ村、シャフルナーズ村、サフリーヤ村に3回、ウスマーン丘に2回、クライディーン村に1回の爆撃を行った。

ロシア軍戦闘機はまた、カフルズィーター市一帯に機銃掃射を行った。

シリア軍戦闘機も、カフルズィーター市に3回、サイヤード村、サルマーニーヤ村、カフルヌブーダ町に2回の爆撃を行った。

ドゥラル・シャーミーヤ(5月7日付)によると、ザカート村に対する爆撃で民間人3人が死亡、複数が負傷した。

ANHA(5月6日付)によると、シリア軍はさらに地上部隊がサルマーニーヤ村を砲撃するとともに、県北部でシャーム解放機構との戦闘の末、戦略的要衝のウスマーン丘を一時制圧した。

ただし、ウスマーン丘では、シャーム解放機構が反撃を強め、数時間後にこれを奪還した。

なお、この戦闘で双方に数十人の死傷者が出た。

一方、SANA(5月7日付)によると、シリア軍がカフルズィーター市、アルバイーン村、シャフルナーズ村、カフルヌブーダ町のシャーム解放機構の拠点を砲撃した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍戦闘機がカッバーナ村に3回の爆撃を行った。

また、ANHA(5月6日付)によると、シリア軍地上部隊がクバイナ丘を砲撃した。

これに対して、トルコの支援を受ける国民解放戦線が、トルコマン山に近いアブー・アスアド丘にあるシリア軍拠点を襲撃し、兵士8人を殺害、25人以上を負傷させたと発表し、その映像を公開した。

**

アレッポ県では、ロシア軍戦闘機がズィルバ村、ハミーラ村に3回、シャンナーン村に1回の爆撃を行った。

**

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間で「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を9件(ラタキア県6件、アレッポ県1件、イドリブ県1件、ハマー県1件)確認したと発表した。

トルコ側の監視チームは停戦違反を16件(アレッポ県5件、ハマー県6件、イドリブ県3件、ラタキア県2件)確認した。

AFP, May 7, 2019、ANHA, May 7, 2019、AP, May 7, 2019、al-Durar al-Shamiya, May 7, 2019、al-Hayat, May 8, 2019、Ministry of Defence of the Russian Federation, May 7, 2019、Reuters, May 7, 2019、SANA, May 7, 2019、UPI, May 7, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク