シリア軍はシャーム解放機構との戦闘の末ハマー県北部の要衝カフルヌブーダ町を制圧(2019年5月8日)

ハマー県では、シリア人権監視団やANHA(5月8日付)によると、シリア軍は、シャーム解放機構の支配下にあるカフルヌブーダ町、フワイジャ村一帯、ラターミナ町、カフルズィーター市を砲撃し、複数の民間人が死傷した。

シリア軍はまた、ハマー県北部の反体制派支配地域を進軍し、戦略的要衝であるカフルヌブーダ町とバーナ村を制圧した。

カフルヌブーダ町制圧により、シリア軍はカルアト・マディーク町とイドリブ県のハーン・シャイフーン市を結ぶ街道する幹線道路や、ハマー県のガーブ平原、、とイドリブ県のシャフシャブー山一帯を結ぶ道路を遮断することに成功した。

一方、ドゥラル・シャーミーヤ(5月8日付)によると、シャーム解放機構の戦闘員がカフルヌブーダ町でシリア軍に対して、自爆攻撃を行い、兵士数十人を殺傷したほか、サフル丘一帯で戦車3輌を撃破したという。

他方、SANA(5月8日付)によると、反体制武装集団がシリア政府支配下のカルナーズ町を砲撃し、住民複数人が負傷した。

これに対し、シリア軍はカフルヌブーダ町にあるシャーム解放機構の拠点を砲撃した。

**

イドリブ県では、ANHA(5月8日付)によると、ロシア・シリア軍の戦闘機が、ハーン・シャイフーン市、トゥラムラー村、ラカーヤー村、シャイフ・ムスタファー村、ワーディー・アリー、マアッラト・ハルマ村、タフターヤー村、ラアス・アイン村を爆撃した。

ANHA(5月8日付)によると、一連の爆撃で民間人5人が死亡した。

シリア軍はまたカッサービーヤ村に対して砲撃を行った。

一方、SANA(5月8日付)によると、シリア軍がフバイト村にあるシャーム解放機構の拠点を砲撃した。

ドゥラル・シャーミーヤ(5月8日付)によると、シリア軍の爆撃により、ハーン・シャイフーン市で民間人3人が死亡、11人が負傷、シャンナーンで女性1人と女児1人が死亡、複数が負傷した。

またハラーキー村に対するシリア軍の砲撃で民間人1人が死亡した。

**

アレッポ県では、ANHA(5月8日付)によると、シリア軍がシャーム解放機構などの支配下にあるカフルハムラ村、マンスーラ村、アレッポ市西部郊外を砲撃した。

**

ラタキア県では、サウト・アースィマ(5月8日付)によると、シリア政府との和解に応じ、マーヒル・アサド准将が実質司令官を務める第4師団に配属された反体制武装集団「ザーキヤ・ワ・バッカーラ」が、クルド山のアブー・アスアド丘でトルコの支援を受ける国民解放戦線の攻撃を受けて、8人が死亡した。

**

ダマスカス県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月8日付)によると、シリア政府との和解に応じた反体制武装集団の一つであるシリア革命家戦線の司令官だったムフリフ・カンナーニー氏が、服用した薬品によって中毒を起こし、搬送先の病院で死亡した。

同サイトは、軍事情報局が毒薬を服用させたと疑っている。

**

ダルアー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月9日付)によると、ダルアー市内のバハール地区の墓地近くに仕掛けられていた爆弾が爆発し、シリア政府との和解に応じたダルアー市自由警察の元司令官のアブー・フクム・ファールージー氏が死亡した。

AFP, May 8, 2019、ANHA, May 8, 2019、AP, May 8, 2019、al-Durar al-Shamiya, May 8, 2019、May 9, 2019、al-Hayat, May 9, 2019、Reuters, May 8, 2019、SANA, May 8, 2019、Sawt al-‘Asima, May 8, 2019、UPI, May 8, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク