ロシアはトルコとともに、シリア北西部の緊張緩和地帯全域でシリア軍と反体制派を停戦合意させたと発表、反体制派はこれを否定(2019年6月12日)

ラタキア県フマイミーム航空基地に本部を構えるロシア当事者和解調整センターは、ロシアとトルコの後援のもと、イドリブ県を中心とする反体制派支配地域(緊張緩和地帯第1ゾーン)で戦闘を続けるシリア軍と反体制武装集団が停戦に合意したと発表した。

ロシア当事者和解調整センターのヴィクトール・クプチシン(Viktor Kupchishin)司令官(少将)が発表した声明によると、「ロシアのイニシアチブにより、ロシアとトルコの後援のもと、2019年6月12日深夜(6月13日0時)付でイドリブ県一帯の緊張緩和地帯全域で戦闘を完全に停止することを定めた合意に達した」という。

**

トルコの支援を受ける国民解放戦線のナージー・ムスタファー報道官(大尉)は、ハマー県北部でシリア軍と反体制派が停戦に合意したとのロシアの発表に関して、ドゥラル・シャーミーヤ(6月12日付)に対して、「停戦や休戦に関する合意は存在しない」と否定した。

AFP, June 12, 2019、ANHA, June 12, 2019、AP, June 12, 2019、al-Durar al-Shamiya, June 12, 2019、al-Hayat, June 13, 2019、Reuters, June 12, 2019、RT, June 12, 2019、SANA, June 12, 2019、SOHR, June 12, 2019、UPI, June 12, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク