諸外国の動き(2014年6月28日)

米国務省のマリー・ハーフ副報道官は、サウジアラビアのジェッダでのジョン・ケリー米国務長官とシリア革命反体制勢力国民連立アフマド・ウワイヤーン・ジャルバー議長との会談に関して、ケリー国務長官が「反体制派の指導力をシリアのすべての人々に拡大」するよう求めたことを明らかにした。

ハーフ副報道官はまた、会談においてイラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)の攻勢についても協議されたとしたうえで、「穏健」な反体制武装集団への軍事支援が、「ダーイシュの過激派と戦うことが唯一の理由ではなく、治安と安定の拡充を支援するためシリア人の能力を強化し、穏健な反体制派が政府軍、過激派の攻撃に対抗できるよう支援する」ためと述べた。

**

アレッポ県では、ARA News(6月28日付)によると、アフリーン市郊外のダイル・サワーン村で、トルコ領に不法入国しようとした若者1人がトルコの国境警備隊に射殺された。

AFP, June 28, 2014、AP, June 28, 2014、ARA News, June 28, 2014、Champress, June 28, 2014、al-Hayat, June 28, 2014、Kull-na Shuraka’, June 28, 2014、al-Mada Press, June 28, 2014、Naharnet, June 28, 2014、NNA, June 28, 2014、Reuters, June 28, 2014、SANA, June 28, 2014、UPI, June 28, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク