本ブログについて

シリア地図

シリア地図

2011年3月半ば、チュニジアやエジプトでの政変に触発されるかたちで、シリアに「アラブの春」が波及、いわゆる「シリア革命2011」が発生した。

その動静に関して、本ブログ管理人はこれまで「News from the Middle East 日本語で読む中東メディア」でパン・アラブ日刊紙『ハヤート』に掲載されたシリア関連の記事を主に翻訳することでその把握に努めてきた。

シリアでの「アラブの春」は、毎週金曜日のモスクでのイスラーム教の集団礼拝のち、人々が街頭で反体制抗議行動を行うことをその特徴の一つとしてきたが、2011年8月1日、ラマダーン月を迎えたことで、イスラーム教徒が連日モスクに集うようになったことで、新たな局面を迎えたと言われている。

こうした局面の変化を踏まえ、本ブログは、アラビア語の新聞、通信社、ウェブサイトなどを通じて収集した情報をもとに、シリアでの「アラブの春」をめぐる動きをより網羅的に把握・紹介することをめざす。

なお本ブログは科学研究費補助金(基盤研究(B))「現代東アラブ地域の政治主体に関する包括的研究:非公的政治空間における営為を中心に」(課題番号21310157 実施年度2009~2011年度(平成21~23年度) 研究代表者:青山弘之)における研究活動の一環として、開設された。

凡例

 本ブログにおけるアラビア語の固有名詞(人名・地名)のカタカナ表記(およびローマ字転写)は、一部を除き「News from the Middle East 日本語で読む中東メディア」のアラビア語新聞の翻訳記事において採用している表記基準に従っている(2013年10月1日)。