月別アーカイブ: 2020年4月

イスラエル軍ヘリコプター複数機がレバノン領空を侵犯、シリア南部の複数カ所をミサイル攻撃(2020年4月30日)

SANA(5月1日付)は、4月30日深夜、イスラエル軍ヘリコプター複数機がレバノン領空を侵犯、シリア南部の複数カ所に対してミサイル攻撃を行った。 シリア人権監視団によると、イスラエル軍ヘリコプターが狙ったの、ダルアー県の … 続きを読む

カテゴリー: 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダーイシュがダイル・ザウル県でシリア民主軍を襲撃(2020年4月30日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)がジュダイダト・ジュダイド・アカイダート村のガス工場の近くで人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の車輌を襲撃し、3人を負傷させた。 これを受けて … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

アサド大統領のいとこのマフルーフ氏はビデオ・メッセージを配信し、携帯電話会社2社への追徴課税納付請求が不当だと主張、大統領に介入を懇願(2020年4月30日)

アサド大統領のいとこでビジネスマンのラーミー・マフルーフ氏はフェイスブックのアカウント(https://www.facebook.com/RamiMakhloufSY/)を通じてビデオ・メッセージを配信した。 マフルーフ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ダーイシュのカリフ・アブー・イブラーヒーム・クラシーはシリア領内に潜伏か?(2020年4月30日)

RT(4月30日付)は、イラク治安筋の話として、ダーイシュ(イスラーム国)のカリフを名乗るアブー・イブラヒーム・クラシー氏が現在シリア国内に潜伏しており、イラク諜報機関と米主導の有志連合がこれを追跡していると伝えた。 潜 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ジェフリー米国務省シリア問題担当特使「米国はシリア政府がイドリブ県を制圧することを戦略的脅威とみている」(2020年4月30日)

ジェームズ・ジェフリー米国務省シリア問題担当特使は米国際問題シンクタンクの大西洋評議会が主催するインターネット会議で「米国はシリア政府がイドリブ県を制圧することを戦略的脅威とみている」と発言した。 AFP, April … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

外務在外居住者省はドイツ政府がレバノンのヒズブッラーをテロ組織に指定したことを非難(2020年4月30日)

外務在外居住者省の公式筋は声明を出し、ドイツ政府がレバノンのヒズブッラーをテロ組織に指定したことを「もっとも厳しい表現」で非難、ヒズブッラーがシオニズムへの抵抗において果たしてた役割を改めて認めると表明した。 SANA( … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シャーム解放機構の通行所開設に抗議し、司令官・メンバーが離反(2020年4月30日)

ザマーン・ワスル(4月30日付)によると、通行路の設置に反対して、シャーム解放機構の司令官多数が離反した。 アブー・ラドワーン・ハマウィー司令官はSNSを通じて音声声明を出し、「軍事行動をとって、政権、ロシア、イランが最 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

イドリブ市などでシャーム解放機構の通行所開設とデモ弾圧に抗議するデモ(2020年4月30日)

シリア人権監視団、ドゥラル・シャーミーヤ(4月30日付)、ザマーン・ワスル(4月30日付)、イナブ・バラーディー(4月30日付)によると、シャーム解放機構による通商用通行所の開設と抗議行動弾圧を受けて、イドリブ県のイドリ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シャーム解放機構は通行所開設に反対するデモ参加者を強制排除、1人殺害(2020年4月30日)

シリア人権監視団、ドゥラル・シャーミーヤ(4月30日付)、ザマーン・ワスル(4月30日付)、イナブ・バラーディー(4月30日付)によると、シャーム解放機構が通行所を開設したのを受けて、マアーッラト・ナアサーン村と周辺農村 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シャーム解放機構がシリア政府支配地域とを結ぶ通行所を開設(2020年4月30日)

シリア人権監視団、ドゥラル・シャーミーヤ(4月30日付)、ザマーン・ワスル(4月30日付)、イナブ・バラーディー(4月30日付)によると、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構が、イドリブ県のマアッラト・ナアサーン … 続きを読む

カテゴリー: その他 | コメントする

シリア民主軍が、米主導の有志連合の航空支援を受けて、ダーイシュ・メンバーが活動を続けているとされる村に突入(2020年4月30日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、米主導の有志連合の航空支援を受けて、ダーイシュ(イスラーム国)のメンバーが活動を続けているとされるガリーバ村(スワル町近郊)に突入 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

北・東シリア自治局は新型コロナウイルス感染症対策として外出禁止期間を5月11日まで延長(2020年4月30日)

北・東シリア自治局執行評議会は決定第39号を発し、新型コロナウイルス感染症対策として実施している外出禁止期間を10日延長し、5月11日までとすることを決定した。 この期間中、午後3時から翌朝6時までの外出は基本禁じられる … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

トルコはリビアに国民軍戦闘員1,500人を新たに派遣(2020年4月30日)

ANHA(4月30日付)はトルコ占領下のアレッポ県アフリーン郡の情報筋の話として伝えたところによると、トルコ軍が4月29日、同郡で活動する「傭兵」(国民軍の戦闘員)約1,500人をリビアに新たに派遣したと伝えた。 AFP … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ハサカ県で住民と国防隊が米軍の車列の通行を妨害(2020年4月30日)

ハサカ県では、SANA(4月30日付)によると、米軍の大型トレーラーなど12輌の車輌からなる車列がイラク国境に違法に設置されているワリード国境通行所からシリア領内に進入し、マーリキーヤ(ダイリーク)市方面に向かった。 一 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

外務在外居住者省は領事局および在外公館の業務を再開(2020年4月30日)

外務在外居住者省は、新型コロナウイルス感染症対策として縮小していた領事局の業務を、感染予防・拡大対策を講じたうえで、5月3日(日曜日)から通常通り(午前9時~午後1時)再開することを決定した。 また、在外大使館および領事 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ロシア・トルコ軍がイドリブ県のM4高速道路で合同パトロールを実施、トルコ軍は住民に協力を要請(2020年4月30日)

英国を拠点に活動する反体制系NGOのシリア人権監視団によると、ロシア・トルコ首脳会談で合意された停戦が発効(3月5日深夜)してから56日目となる4月30日、シリア・ロシア軍、トルコ軍の爆撃は確認されなかった。 ** ロシ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:難民・国内避難民(IDPs)の帰還なし(2020年4月30日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(4月30日付)を公開し、4月30日に帰還した難民はいなかったと発表した。 2018年7月18日以降に帰国したシリア難民の数は577,853人。 内訳は … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする

ロシア外務省報道官はアフリーン市での爆破事件を非難、テロとの戦い継続を強調(2020年4月29日)

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は声明を出し、28日にトルコ占領下のアフリーン市で発生し、死傷者100人あまりを出した爆破事件に関して、「民間人を殺戮するテロ攻撃を厳しく非難するとともに、国連安保理が指定するテロリス … 続きを読む

カテゴリー: 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

反体制系のシリア・ジャーナリスト連合は国民軍司令官に対してアフリーン市での爆破事件の責任をとって辞任するよう求める(2020年4月29日)

反体制メディア活動家らが組織するシリア・ジャーナリスト連合は声明を出し、国民軍のアフリーン地区司令官らに対して、28日にトルコ占領下のアレッポ県アフリーン市で発生し、100人あまりが死傷した爆発事件の責任をとって辞任する … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

トルコ軍がシリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるタッル・リフアト市およびその一帯、マンビジュ市を砲撃(2020年4月29日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコ軍がシリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるタッル・リフアト市およびその一帯、マンビジュ市を砲撃した。 AFP, April 29, 2020、ANHA, Apri … 続きを読む

カテゴリー: 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする