月別アーカイブ: 2020年1月

反体制系のシリア対応調整者は2018年9月以降のシリア・ロシア軍の攻勢で69万人以上がIDPsになったと発表(2020年1月31日)

反体制組織のシリア対応調整者は声明を出し、ロシア・トルコ両首脳が非武装地帯設置にかかる合意を交わした2018年9月以降に、緊張緩和地帯第1ゾーン(イドリブ県)に対するシリア・ロシア軍の攻撃と同地での戦闘で国内避難民(ID … Read More

トルコのエルドアン大統領はイドリブ県での状況次第で軍事力を行使する可能性を示唆(2020年1月31日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、イドリブ県とアレッポ県西部でシリア・ロシア軍が攻勢を続けていることを受けて報道向け声明を出し、シリア国内に駐留するトルコ軍部隊を撤退させる意思はないことを明らかにした。 … Read More

ドゥラル・シャーミーヤは「決戦」作戦司令室諸派の司令官と地元名士を招いた対談を主催(2020年1月31日)

ドゥラル・シャーミーヤ(1月31日付)は、イドリブ県とアレッポ県西部でシリア・ロシア軍に対峙する「決戦」作戦司令室に所属する諸派の司令官と地元名士を招いた対談を主催し、その映像をインターネットを通じて公開した。 対談に出 … Read More

トルコ軍はM5高速道路とM4高速道路が交わるサラーキブ市(イドリブ県)北に新たな監視所を設置(2020年1月31日)

イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(1月31日付)によると、トルコ軍がM5高速道路とM4高速道路が交わるサラーキブ市の北に新たな監視所を設置した。 トルコ軍は数日前にも同地に監視所を設置しているという。 ** アレッ … Read More

トルコ軍と国民軍はハサカ県、ラッカ県、アレッポ県への砲撃を続ける(2020年1月31日)

ハサカ県では、ANHA(1月31日付)によると、トルコとその支援を受ける国民軍がアブー・ラースィーン(ザルカーン)町近郊の村々、タッル・タムル町近郊のウンム・カイフ村を砲撃した。 ** ラッカ県では、ANHA(1月31日 … Read More

フランス司法当局は学生ビザを取得し入国していたイスラーム軍のイスラーム・アッルーシュ前報道官を拷問、戦争犯罪、強制失踪に対する共謀の容疑で逮捕(2020年1月31日)

AFP(1月31日付)は、フランス司法筋の話として、イスラーム軍のイスラーム・アッルーシュ前報道官(本名マジュディー・ムスタファー・ニウマ)が首都パリで、拷問、戦争犯罪、強制失踪に対する共謀の容疑で検察の捜査を受けている … Read More

シリア軍がイドリブ県の6カ村を制圧する一方、シャーム解放機構などからなる反体制武装集団はアレッポ市西の記者協会地区を奪還(2020年1月31日)

イドリブ県では、SANA(1月31日付)によると、シリア軍がM5高速道路沿線でシャーム解放機構、国民解放戦線(国民軍)などからなる「決戦」作戦司令室と交戦、ヒーシュ村、アーミリーヤ村、カフル・マズダ村、タビーシュ村、バラ … Read More

ロシア難民受入移送居住センター:1,154人の難民が新たに帰還、2018年半ば以降帰還した難民は540,551人に(2020年1月31日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(1月31日付)を公開し、1月30日に難民1,154人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは294人(うち女性88人、子供150 … Read More

トルコ占領下のアレッポ県北西部からシャーム解放機構支配地域に増援部隊が派遣される(2020年1月30日)

シャーム解放機構に近いイバー・ネット(1月30日付)は、トルコ占領下のアレッポ県北西部(「オリーブの枝」地域)から、国民軍の増援部隊がガザーウィーヤ村の通行所を経由して、シャーム解放機構支配下のアレッポ県西部およびイドリ … Read More

ラッカ県タッル・アブヤド市で略奪した穀物を運搬中のトルコ軍車輌が地雷に触れ、兵士2人死亡(2020年1月30日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、トルコ占領下のタッル・アブヤド市の穀物サイロで略奪した穀物を運搬中のトルコ軍車輌が地雷に触れて爆発、トルコ人兵士2人が死亡、5人が負傷した。 一方、ANHA(1月30日付)によると … Read More

シリア軍はマアッラト・ヌウマーン市にとどまっていた住民支援の任務にあたる(2020年1月30日)

SANA(1月30日付)は、シリア軍が関係機関とともに、28日に解放(正式に制圧を発表したのは29日)したマアッラト・ヌウマーン市にとどまっていた住民のために生活物資や避難した住民の帰宅に必要なサービス提供を確保するため … Read More

シリア軍はアレッポ県、イドリブ県で6カ村を新たに制圧する一方、ロシア軍はイドリブ県アリーハー市などを爆撃、10人を殺害、病院を破壊(2020年1月30日)

アレッポ県では、SANA(1月30日付)によると、シリア軍がアレッポ市西部・南部郊外、ハーン・トゥーマーン村一帯でシャーム解放機構などからなる反体制武装集団の拠点に対する攻撃を続けた。 シリア人権監視団によると、シリア軍 … Read More

ロシア難民受入移送居住センター:難民754人と国内避難民1,271人が新たに帰還(2020年1月30日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(1月30日付)を公開し、1月29日に難民754人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは191人(うち女性58人、子供98人)、 … Read More

トルコの要請を受け、国民軍に所属するヌールッディーン・ザンキー運動が戦闘員数百人をシャーム解放機構支配下のアレッポ市西部郊外に派遣することを決定(2020年1月29日)

シリア人権監視団は、トルコの支援を受ける国民軍に所属するヌールッディーン・ザンキー運動が、シリア軍とシャーム解放機構などからなる反体制武装集団の戦闘が続くアレッポ市西部郊外に戦闘員数百人を援軍として派遣する決定を下したと … Read More

SANAはシリア軍が解放したダイル・シャルキー村(イドリブ県)にあるウマイヤ朝第5代カリフのウマル・ブン・アブドゥルアズィーズの廟が略奪・放火され、大きく損傷したと伝える、反体制系メディアはシリア軍の犯行と断じる(2020年1月29日)

SANA(1月29日付)は、シリア軍がシャーム解放機構、国民解放戦線(国民軍)などからなる「決戦」作戦司令室との戦闘の末、1月24日に解放したイドリブ県ダイル・シャルキー村にあるウマイヤ朝第8代カリフのウマル・ブン・アブ … Read More

シリア米医療協会(SAMS)はシャーム解放機構が接収したイドリブ中央病院での活動を停止したと発表(2020年1月29日)

イドリブ県内でホワイト・ヘルメットとともに医療活動を行うシリア米医療協会(SAMS)は、現地で活動する医療スタッフとともに共同声明を出し、イドリブ中央病院での医療活動を停止したと発表した。 医療活動の停止は、シャーム解放 … Read More

ハサカ県ではロシア軍パトロール部隊を米軍が再び静止し一触即発に、シリア民主軍が仲裁(2020年1月29日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、タッル・タムル町に駐留するロシア軍のパトロール部隊が、M4高速道路沿線のハリータ村近郊で米軍部隊に進攻を阻止された。 ロシア軍と米軍は口論となり、一触即発となったが、人民防衛隊(Y … Read More

トルコのエルドアン大統領「ロシアがソチとアスタナでの合意を遵守しなれば、トルコも遵守しない」(2020年1月29日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、セネガル訪問からの帰国する機内で報道向け声明を出し、イドリブ県に対するシリア・ロシア軍の攻撃について、「ロシアがソチとアスタナでの合意を遵守しなれば、トルコも遵守しない … Read More