月別アーカイブ: 2019年10月

シリア南東部の油田地帯にとどまる米軍は約900人になる見込み(2019年10月31日)

『ニューヨーク・タイムズ』(10月31日付)は、複数の消息筋の話として、シリア南東部の油田地帯にとどまる米軍の規模が約900人に達する見込みだと伝えた。 同紙によると、ダイル・ザウル県の油田地帯に残留する米軍は約750人 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

アサド大統領がシリア・チャンネルとイフバーリーヤ・チャンネルの共同インタビューに応じる:「バグダーディーもダーイシュも必要に応じて米国によって再生される」(2019年10月31日)

アサド大統領は、シリア・チャンネルとイフバーリーヤ・チャンネルの共同インタビューに応じ、米国によるダーイシュ(イスラーム国)のアブー・バクル・バグダーディー指導者の殺害を、米国が言うことは証拠がなければ信じられないとした … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ダーイシュはバグダーディー指導者とアブー・ハサン報道官の死亡を認め、アブー・イブラーヒーム・クラシーなる人物を新カリフに任命したと発表(2019年10月31日)

ダーイシュ(イスラーム国)のアブー・ハムザ・ムハージル報道官は、広報部門の一つフルカーン広報制作機構を通じて音声声明を出し、アブー・バクル・バグダーディー指導者とアブー・ハサン・ムハージル報道官が死亡したことを認めた。 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

制憲委員会(憲法委員会)が非公式会合を開催(2019年10月31日)

制憲委員会(憲法委員会)は、30日の開幕会合に続いて、31日に第1回会合を開いた。 会合は非公式のかたちで行われた。 SANA(10月31日付)が伝えた。 AFP, October 31, 2019、ANHA, Octo … 続きを読む

カテゴリー: その他, シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

米軍部隊がシリア軍の検問所前を悠然と通過してアレッポ県スィッリーン町の基地から撤退(2019年10月31日)

シリア人権監視団によると、アレッポ県スィッリーン町の基地に駐留していた米軍部隊が、車輌150輌からなる車列を編成し、ラッカ県のアイン・イーサー市を経由して、ハサカ県、そしてイラクに向かった。 SNSなどでは、米軍装甲車が … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

国民軍が29日に捕捉したシリア軍兵士18人の身柄をトルコがシリア軍に引き渡す一方、トルコ・ロシア軍が国境地帯での合同パトロールに向けて初会合(2019年10月31日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、29日にトルコの支援を受ける国民軍がアブー・ラースィーン町一帯での戦闘で捕捉したシリア軍将兵18人の身柄を、トルコ軍がダルバースィーヤ市の国境通行所でシリア軍に引き渡した。 また、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

シリア政府、北・東シリア自治局支配下のハサカ市、ダイル・ザウル県シュハイル村でも爆発が発生(2019年10月31日)

ハサカ県では、SANA(10月31日付)によると、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるハサカ市のサーリヒーヤ地区で車に仕掛けられていた爆弾が爆発し、住民4人が負傷した。 ** ダイル・ザウル県では、シリア人権 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコ占領下のアレッポ県北部各所で相次いで爆発が発生し、少なくとも10人が死亡(2019年10月31日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコの占領下にあるアフリーン市の野菜市場で車に仕掛けられた爆弾が仕掛けられていた車が爆発し、10人が死亡した(ANHA(10月31日付)によると死者は9人)。 また、アアザーズ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア駐留ロシア軍司令部が設置されているフマイミーム航空基地が無人航空機(ドローン)を撃破する一方、ロシア軍がシャーム解放機構支配下のイドリブ県各所を爆撃(2019年10月31日)

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア駐留ロシア軍司令部が設置されているフマイミーム航空基地(バースィル・アサド空港)近くで少なくとも4回にわたり爆発が発生した。 爆発は、ロシア軍の防空部隊が所属不明の無人航空 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから185人、ヨルダンから679人の難民が帰国、避難民1人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年10月31日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(10月31日付)を公開し、10月30日に難民864人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは185人(うち女性55人、子供95人 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする

米国防総省はダーイシュのバグダーディー指導者に対する暗殺作戦の映像を公開(2019年10月30日)

米国防総省は、イドリブ県で26日に米軍が実施したダーイシュ(イスラーム国)のアブー・バクル・バグダーディー指導者に対する暗殺作戦の映像を公開した。 映像は、米中央軍のケネス・マッケンジー司令官の記者会見で公開されたもの。 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア民主軍は国防省によるシリア軍従軍への呼びかけを拒否(2019年10月30日)

人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍総司令部は声明を出し、シリア国防省がシリア民主軍に対してシリア軍への合流の呼びかけたことに関して、シリア軍への合流は「政治的関係正常化と、シリア民主軍の特性と組織構造の維持を起点とし … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

シリアの国防省と内務省はシリア民主軍に軍、治安部隊への参加を呼びかける(2019年10月30日)

シリアの国防省は声明を出し、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の兵士にシリア軍への従軍・参加を呼びかけた。 声明のなかで、国防省は「シリア軍武装部隊総司令部は、ジャズィーラ地方の広範囲を制圧したことを踏まえ、いわゆる … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

制憲委員会(憲法委員会)における反体制派側のバフリー団長は「戦争での勝利ではなく、公正と和平の実現を勝利と信じるよう呼びかける」(2019年10月30日)

制憲委員会(憲法委員会)における反体制派代表の団長を務めるハーディー・バフラ氏(シリア革命反体制勢力国民連立元代表)は、開会式で基調演説を行い、「我々はすべてのシリア人のために未来をともに作らねばならない。政治的多元主義 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

制憲委員会(憲法委員会)におけるシリア政府側のクズバリー団長は外国の干渉を拒否するとともに、テロとの戦い継続への意志を強調(2019年10月30日)

シリア政府代表50人の団長を務めるアフマド・クズバリー氏(人民議会議員、ダマスカス県B部門選出、バアス党、弁護士組合)は、スイスのジュネーブでの制憲委員会(憲法委員会)開会式で演説を行い、自国の未来を決定する権利はシリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ジュネーブで制憲委員会(憲法委員会)開幕:ペデルセン・シリア問題担当国連特別代表は「危機の政治的解決に向けた重要なステップ」と賞賛(2019年10月30日)

スイスのジュネーブで制憲委員会(憲法委員会)が開幕した。 ゲイル・ペデルセン・シリア問題担当国連特別代表は、150人の委員会メンバー(シリア政府代表50人、反体制派代表50人、市民社会代表50人)が出席した開会式で基調演 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

制憲委員会(憲法委員会)開会に合わせてロシア、イラン、トルコ外相がジュネーブで会談(2019年10月30日)

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣、イランのムハンマド・ジャワード・ザリーフ外務大臣、トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣が、制憲委員会(憲法委員会)の開会に合わせてスイスのジュネーブで会談した。 会談後の共同声 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はトルコ国境地帯への部隊駐留を続ける(2019年10月30日)

ハサカ県では、SANA(10月30日付)によると、ロシア仲介のシリア政府と人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の合意に基づき、シリア軍地上部隊がトルコ国境地帯への展開を続け、ウンム・ハムドゥーン村一帯に新たに進駐した。 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

トルコ軍・国民軍の猛攻を受け、シリア軍はハサカ県北東部の前線から撤退(2019年10月30日)

ハサカ県では、シリア人権監視団が人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の複数の司令官筋の話として伝えたところによると、シリア軍が、ダルバースィーヤ市西方からトルコ占領下のラアス・アイン市にいたる国境地帯全域、タッル・タム … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍はシャーム解放機構などの支配下にあるイドリブ県各所への爆撃を続ける(2019年10月30日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機がシャーム解放機構などの支配下にあるマアッラト・ヌウマーン市、カフルナブル市、マアッラト・ハルマ村、ナキール村、ウンム・スィール村、フィキーア村、ジャバーラー村、シ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする