月別アーカイブ: 2017年11月

YPG主体のシリア民主軍がダイル・ザウル県の部族長と会合を開き、難民・避難民問題などを協議(2017年11月30日)

ANHA(12月1日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、ダイル・ザウル県(詳細な場所は不明)でバカーラ部族、アカイダート部族の部族長や名士と会合を開き、ダーイ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ディロン有志連合報道官「シリアに駐留している海兵隊400人が撤退の準備をしている」(2017年11月30日)

米主導の有志連合のライアン・ディロン報道官(大佐)はツイッターの自身のアカウントで、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍を支援するためにシリア領内に駐留している米海兵隊400人 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコ副首相「米国、ロシアなどすべての当事者にアフリーン市一帯での有事発生は許さない旨伝えた」(2017年11月30日)

トルコのバクル・ブズダー副首相兼内閣報道官は、アナトリア通信(11月30日付)の編集会議に出席し、トルコ政府が、ロシアや米国を含む全当事者に対して、西クルディスタン移行期民政局の支配下にあるアレッポ県アフリーン市一帯でト … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア連邦安全保障会議書記「準備でき次第シリア駐留ロシア軍は撤退する」(2017年11月30日)

ロシア連邦安全保障会議のニコライ・パトルシェフ書記は、シリアに駐留するロシア空軍の撤退時期に関して「撤退の準備は行われている。準備ができ次第、撤退は行われる」と述べた。 スプートニク・ニュース(11月30日付)が伝えた。 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

中国軍特殊部隊「夜の虎」がトルキスタン・イスラーム党との戦いに向けタルトゥース市に到着(2017年11月30日)

スプートニク・ニュース(11月30日付)は、中国の特殊部隊「夜の虎」がタルトゥース県タルトゥース市に到着した、と伝えた。 同ニュースによると、特殊部隊は、11月23日の中国でのブサイナ・シャアバーン大統領府政治報道補佐官 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコ軍はアレッポ県北部のバーブ市に特殊部隊「狼大隊」を派遣すると発表、任務は不明(2017年11月30日)

トルコ軍は声明を出し、西クルディスタン移行期民政局の支配下にあるアレッポ県アフリーン市一帯とマンビジュ市一帯の間に位置し、同軍の事実上の占領支配下にある「安全地帯」の中心都市の一つバーブ市に特殊部隊を派遣すると発表した。 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

エグランド国連人道問題緊急援助調整官はダマスカス郊外県東グータ地方から子ども、病人、負傷者500人の搬出への支援を呼びかける(2017年11月30日)

国連のヤン・エグランド人道問題緊急援助調整官は、スイスのジュネーブで報道向け声明を出し、ダマスカス郊外県東グータ地方でシリア軍と反体制武装集団の戦闘が再び激化していることに関して、緊張緩和地帯設置にかかる合意が崩壊しつつ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

YPGの英国人戦闘員がラッカ市での地雷撤去作業中に死亡(2017年11月30日)

西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊の広報センターは、英国人戦闘員のオリヴァー・ホール氏が11月25日、ダーイシュ(イスラーム国)がラッカ市内に敷設していた地雷の撤去作業中に誤爆に巻き込まれ死亡したと発表した。 ANH … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合所属と思われる戦闘機がユーフラテス川東岸のハジーン市を爆撃(2017年11月30日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、米主導の有志連合に所属すると思われる戦闘機が、ダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるユーフラテス川左岸(東岸)のハジーン市を空爆した。 AFP, November 30, … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ダーイシュは2016年に捕捉したシリア空軍パイロットを焼き殺す映像を公開(2017年11月30日)

ダイル・ザウル県では、SANA(11月30日付)によると、シリア軍がユーフラテス川河畔のアシャーラ市、スバイハーン市、サーリヒーヤ村一帯などで、米国製の武器弾薬などを含む大量の武器弾薬を発見、押収した。 また、シリア人権 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ダマスカス郊外県東グータ地方などでシリア軍とアル=カーイダ系のシャーム解放機構などからなる武装集団が交戦(2017年11月30日)

ダマスカス郊外県では、ドゥラル・シャーミーヤ(11月30日付)によると、「彼らが不正を働いた」と銘打ってシリア軍に対する反攻を続けるアル=カーイダ系のシャーム自由人イスラーム運動などからなる反体制武装集団は、ハラスター市 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表「我々は大統領の進退については議論しなかった」(2017年11月30日)

スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表は、ジュネーブにある国連本部で、28日に開幕したジュネーブ8会議の2日間の進捗について記者会見を行った。 このなかで、デミストゥラ氏は、この2日間で行われたシリア政府代 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは4件の停戦違反を、トルコ側は3件の違反を確認(2017年11月30日)

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(11月30日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を4件(アレッポ県1件、ラタキア県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも3件(ダマスカス県・ダマスカス郊外 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合はシリアとイラクでの爆撃で「意図せず死亡したとされる民間人」は2017年10月末の段階で1,790人、うち死亡が確認されたのは801人と発表(2017年11月30日)

有志連合CJTF-OIR(「生来の決戦作戦」統合任務部隊)は、民間人犠牲者調査チーム(Civilian Casualty Assessment Team)が2017年10月から11月初めにかけて、作戦地域(シリアおよびイ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシアはシリア政府の許可を経ない反体制派およびロジャヴァ支配地域へ人道支援継続に難色(2017年11月29日)

ロシアのワシーリー・ネベンジャ国連大使は、米主導の有志連合が反体制派の自治を後押しすることで「シリア分割」を企図していると批判した。 ネベンジャ国連大使は「現行の人道支援の仕組みは、シリアの主権を侵害している…。修正がこ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

リヤド2会合で再編された反体制派統一代表団のハリーリー団長「シリア政府との対話において前提条件はないが、アサド政権退陣を含む政治移行の全詳細を話し合いたい」(2017年11月29日)

最高交渉委員会(リヤド2会合で再編された反体制派統一代表団)のナスル・ハリーリー団長はロイター(11月29日付)の取材に応じ、そのなかでシリア政府との対話において前提条件を求めないとしつつ、「しかし、反体制派はアサド大統 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

リヤド2会合で再編された反体制派統一代表団のアリーディー報道官「本質が明らかになってからシリア諸国民大会への参加の是非を決する」(2017年11月29日)

最高交渉委員会(リヤド2会合で再編された反体制派統一代表団)のヤフヤー・アリーディー報道官は、スプートニク・ニュース(11月29日付)に対し、ロシアのヴラジミール・プーチン大統領が提案し、ロシア・トルコ・イラン三カ国の首 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

在外反体制活動家はリヤド2会議を受けて結成された反体制派統一代表団を拒否するキャンペーンをネットで開始(2017年11月29日)

『ハヤート』(11月30日付)、ドゥラル・シャーミーヤ(11月29日付)などによると、複数の反体制活動家およびジャーナリストが、リヤドでの反体制派全体会合(リヤド2会合)を受けて結成された反体制派統一代表団に異議を唱える … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

トルコの国家安全保障会議はロジャヴァ支配下のアレッポ県西部での「任務拡大」を提案(2017年11月29日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領が議長を務める国家安全保障会議は会合を開き、シリア情勢への対応などについて協議した。 会合後の国家安全保障会議は声明を出し、シリア領内(アレッポ県北部)におけるトルコ軍の駐 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

オーストラリアのビショップ外務大臣は同国民のラッカ県訪問を解禁(2017年11月29日)

オーストラリアのジュリー・ビショップ外務大臣は、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍によって解放されたラッカ市へのオーストラリア人の渡航を解禁すると発表した。 ビショップ外務大 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする