月別アーカイブ: 2019年6月

米主導の有志連合がイドリブ県を中心とする反体制派支配地域を爆撃し、新興のアル=カーイダ系組織フッラース・ディーン機構の司令官6人を含む8人を殺害(2019年6月30日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、米主導の有志連合と思われる航空部隊が早朝(4時20分頃)、県西部のアレッポ市ムハンディスィーン地区郊外を爆撃し、新興のアル=カーイダ系組織の一つフッラース・ディーン機構の司令官6 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トランプ大統領「シリア民主軍支配地域へのトルコの侵攻を食い止めた」:エルドアン大統領「シリアでテロ組織を支援している同盟国がある」(2019年6月30日)

ドナルド・トランプ米大統領は、G20に出席するために訪問中の大阪で、シリア情勢について、トルコによるシリア北東部への侵攻を止めさせたと発表した。 トランプ大統領によると「米国は、(人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

クナイトラ県でシリア軍治安部隊がホワイト・ヘルメットの元メンバー2人を逮捕(2019年6月30日)

クナイトラ県では、ハウラーン自由人連合のフェイスブック・アカウント(HFL、6月30日付)によると、シリア軍がラスム・ハラビー村で強制捜査を行い、ホワイト・ヘルメットの元メンバー2人を逮捕した。 強制捜査を行ったのは軍事 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

ユーフラテス石油会社:2011年3月以降の混乱での石油部門の被害額は145億5000万米ドル(2019年6月30日)

ユーフラテス石油会社は、2011年3月以降の混乱によってシリアの石油部門が直接、間接に被った被害額が145億5000万米ドルにのぼるとする報告書を発表した。 このうち、ダイル・ザウル県南東部のウマル油田とタナク油田が被っ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 | コメントする

北・東シリア自治局のアサーイシュは親政権民間テレビ局の記者を放火容疑で拘束(2019年6月30日)

ダイル・ザウル県では、ドゥラル・シャーミーヤ(6月30日付)によると、北・東シリア自治局の内務治安部隊(アサーイシュ)が、親政権民間テレビ局イフバーリーヤ・チャンネルのムハンマド・サギール記者を拘束した。 サギール記者は … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

ヒムス県タドムル市近郊でアフガン人民兵からファーティミーユーン旅団の戦闘員10人失踪(2019年6月30日)

ヒムス県では、ドゥラル・シャーミーヤ(6月30日付)によると、アフガン人民兵からファーティミーユーン旅団の戦闘員10人が、シリア軍の展開するタドムル市近郊で失踪した。 失踪の理由は不明。 AFP, June 30, 20 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコ占領下のアフリーン郡で反体制派が女性、老人、子供300人以上を拘束、連行(2019年6月30日)

アレッポ県では、ANHA(6月30日付)によると、トルコ占領下のアフリーン郡ムーバーター村でトルコの支援を受ける反体制武装集団が強制捜査を行い、女性、老人、子供300人以上を拘束、連行した。 ** ハサカ県では、ANHA … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコ占領下のバーブ市で反体制派がダーイシュのスリーパー・セルのメンバー2人を殺害(2019年6月30日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコ占領下の県北部(ユーフラテスの盾地域)にあるバーブ市で、反体制武装集団がダーイシュ(イスラーム国)のスリーパー・セルを追跡、戦闘の末に司令官2人を殺害した。 AFP, Ju … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

イドリブ県、ハマー県、アレッポ県、ラタキア県でシリア軍と反体制派の戦闘続く(2019年6月30日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから60日目となる6月30日、シリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから379人、ヨルダンから1,115人の難民が帰国、避難民20人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年6月30日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(6月30日付)を公開し、6月29日に難民1,494人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは379人(うち女性114人、子供19 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする

YPG主体のシリア民主軍は抗議デモ阻止と住民の武器を押収するため増援部隊派遣(2019年6月29日)

ダイル・ザウル県では、ドゥラル・シャーミーヤ(6月30日付)によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がブサイラ市一帯に増援部隊を派遣した。 複数の地元情報筋によると、増援部隊の派遣は、同地での抗議デモ阻止と住民の … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコ軍はハマー県シール・マガール村にある監視所に増派するも、シリア軍が再び砲撃(2019年6月29日)

ハマー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がシール・マガール村にあるトルコ軍の監視所を再び砲撃した。 トルコ軍側に死傷者はなかった。 ** トルコ国防省は声明を出し、シール・マガール村にあるトルコ軍監視所(第10監 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県でシャーム解放機構に追い詰められたダーイシュ・メンバーが自爆(2019年6月29日)

イドリブ県では、シャーム解放機構に近いイバー・ネット(6月29日付)によると、サルミーン市で、シャーム解放機構の治安部隊の追跡によって追い詰められたダーイシュ(イスラーム国)のスリーパー・セルのメンバー1人が自爆した。 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

アレッポ県サフィール市近郊で治安当局がクルド人150人以上を拘束(2019年6月29日)

ANHA(6月29日付)は、空軍情報部がアレッポ県サフィール市東部のタッルアラン村、タッル・ハースィル村で数日前から住民の摘発活動をこれまでに150人以上が拘束されていると伝えた。 拘束された住民はクルド人で、摘発活動は … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 | コメントする

ハマー県で新興のアル=カーイダ系武装連合組織「信者を煽れ」作戦司令室がロシア軍の偵察用小型無人航空機を撃墜(2019年6月29日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから59日目となる6月29日、シリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから504人、ヨルダンから1,328人の難民が帰国、避難民0人が帰宅(2019年6月29日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(6月29日付)を公開し、6月28日に難民1,832人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは504人(うち女性140人、子供23 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする

ダイル・ザウル県で密輸での収益の分配をめぐってシリア民主軍の戦闘員どうしが撃ち合いに(2019年6月28日)

ダイル・ザウル県では、ダイル・ザウル24(6月28日付)によると、ズィーバーン町で人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の戦闘員どうしが、密輸で得た収益の分配をめぐって口論となり、撃ち合いとなった。 衝突は、「ザルダシュ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ダルアー県カラク村などでアサド政権に対する抵抗継続を呼びかけるビラが貼られる(2019年6月28日)

ダルアー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(6月28日付)によると、シリア政府支配下のカラク村の壁に、アサド政権に対する抵抗の継続や従軍拒否を呼びかけるビラが貼られているのが発見された。 ビラには「アッラーの許しのもと、勝利 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

アフリーン解放軍団はトルコ占領下のアフリーン郡で反体制武装集団戦闘員14人を殺害(2019年6月28日)

アレッポ県では、アフリーン解放軍団が声明を出し、26日と27日に、トルコ占領下のアフリーン郡各所でトルコの支援を受ける反体制武装集団の拠点、車列を攻撃、戦闘員14人を殺害したと発表した。 攻撃は、アフリーン市・バースータ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ハマー県、イドリブ県でシリア軍と「突破の戦い」作戦司令室(シャーム解放機構、国民解放戦線、イッザ軍など)の激戦が続き多数が死傷、シリア軍戦闘機が被弾(2019年6月28日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから58日目となる6月28日、シリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする