月別アーカイブ: 2020年2月

イドリブ県の処遇をめぐるロシア・トルコ軍・治安・外交関係高官が決裂(2020年2月18日)

ロシアの首都モスクワで17日から行われていたロシアとトルコの軍・治安・外交関係高官は2日目となる18日も続けられたが、イドリブ県の処遇について合意にいたらないまま閉会した。 アナトリア通信(2月18日付)は、セダト・オナ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

イスラエルの民間衛星画像企業ISIは13日のミサイル攻撃で破壊されたとされるイラン・イスラーム革命防衛隊の施設の衛星写真を公開(2020年2月18日)

イスラエルの民間衛星画像企業イメージサット・インターナショナル(ISI)は、13日にイスラエル軍が行ったミサイル攻撃による被害情報を撮影した衛星写真を公開した。 『エルサレム・ポスト』(2月18日付)やイディオト・アハロ … 続きを読む

カテゴリー: 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコ軍と国民軍はラッカ県、アレッポ県、ハサカ県への砲撃を続ける(2020年2月18日)

ラッカ県では、ANHA(2月18日付)によると、トルコ軍とその支援を受けるアイン・イーサー市近郊のアイン・イーサー穀物サイロ、シャルカラーク、タッル・アブヤド市近郊のクーバルラク村、アフドゥーラク村、ビールカヌー村、アリ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

首都ダマスカスで爆弾テロ発生(2020年2月18日)

ダマスカス県では、SANA(2月18日付)によると、バーブ・ムサッラー地区で車に仕掛けられていた爆弾が爆発し、住民5人が負傷した。 1人は重態。 シリア人権監視団によると、少なくとも1人が死亡したという。 AFP, Fe … 続きを読む

カテゴリー: 国内の暴力 | コメントする

シリア政府下のハサカ県カーミシュリー市、アレッポ市、ダイル・ザウル市でアレッポ市北部・西部郊外の解放を祝う集会で米軍の撤退が求められる(2020年2月18日)

ハサカ県では、SANA(2月18日付)によると、カーミシュリー市近郊のヒルバト・アンムー村で、ターイー部族やガナーマ部族などのアラブ部族の部族長や地元名士の呼びかけで、シリア軍による「テロとの戦い」継続支持とシリア領内か … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

反体制派の支配下にあるイドリブ県ザーウィヤ山一帯の住民数十人が、人道回廊を通ってシリア政府支配地域に避難(2020年2月18日)

イドリブ県では、SANA(2月18日付)によると、反体制派の支配下にあるザーウィヤ山一帯の住民数十人が、マアッラト・ヌウマーン市東に設置された人道回廊を通ってシリア政府支配地域に避難した。 シリア軍と関係機関はこれとは別 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 難民・IDP | コメントする

シリア・ロシア軍はイドリブ県、アレッポ県西部への攻撃を続け、国内避難民(IDPs)2人を含む5人が死亡(2020年2月18日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機がタルマーニーン村を爆撃し、住民3人が死亡、8人が負傷した。 ロシア軍戦闘機はまた、マアーッラト・ナアサーン村一帯を爆撃し、国内避難民(IDPs)の男性1人が死亡、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:難民1,023人が新たに帰還、2018年半ば以降帰還した難民は556,044人に(2020年2月18日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(2月18日付)を公開し、2月17日に難民1,023人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは229人(うち女性69人、子供117 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする

アサド大統領「アレッポは勝利していた…。シリアは勝利していた…」(2020年2月17日)

シリアのアサド大統領は、シリア軍がアレッポ市北西郊外一帯を解放したのを受けて、国民向けのテレビ演説を行った。 8分間にわたる演説のなかで、アサド大統領は、「戦いにおける勝利は戦争の勝利を意味しない。これは軍事的な論理にお … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

モスクワで、ロシア・トルコ高官会合が開かれ、イドリブ県の情勢への対応協議(2020年2月17日)

ロシアの首都モスクワで、ロシアとトルコの軍・治安・外交関係高官会合が開かれ、イドリブ県の情勢への対応が協議された。 トルコ外務省は発表した声明によると、会合において、セダト・オナル内務副大臣を代表とするトルコ側代表団は、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコ軍と国民軍はアレッポ県北部とラッカ県北部を砲撃(2020年2月17日)

アレッポ県では、ANHA(2月17日付)によると、トルコ軍が北・東シリア自治局とシリア政府の合同統治下にあるズィヤーラ村(シーラーワー村近郊)、タッル・リフアト市近郊のハルバル村、タッル・ジージャーン村、ハリーサ村、ダイ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア・トルコ軍が中止していたハサカ県での合同パトロールを再開(2020年2月17日)

ハサカ県では、ANHA(2月17日付)、シリア人権監視団によると、ロシア軍とトルコ軍がダルバースィーヤ市からアブー・ラースィーン(ザルカーン)町に至る国境地帯で合同パトロールを実施した。 両国の合同パトロールは、10日に … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県ダーナー市で若者が新たな武装集団を結成、トルコ占領下のアレッポ県アアザーズ市ではアレッポ市西北郊外の奪還を求めるデモ(2020年2月17日)

イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(2月17日付)によると、ダーナー市の若者が、ダーナー殉教者旅団の名で新たな武装集団を結成し、シリア・ロシア軍に対して徹底抗戦を続ける意思を表明した。 また、同市の別の若者も、革命ア … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

シリア軍と関係機関は反体制派支配地域からの住民の脱出を促すためアレッポ市西とサラーキブ市東に「人道回廊」を設置(2020年2月17日)

シリア軍と関係機関は、アレッポ県アレッポ市西に位置するミーズナーズ村とイドリブ県サラーキブ市東に位置するムジャイリズ村に「人道回廊」を設置し、反体制派の支配下にあるアレッポ県北西部やイドリブ県からシリア政府支配地域への避 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

アレッポとダマスカス、カイロを結ぶ旅客便が19日に就航再開(2020年2月17日)

アリー・ハンムード運輸大臣は声明を出し、2月19日からアレッポ国際空港への首都ダマスカスおよびエジプトのカイロからの旅客便の就航を再開すると発表した。 シリア軍がアレッポ市北部・東部を解放し、同市一帯の安全が完全に確保さ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア軍武装部隊総司令部はアレッポ市西部および北部農村地帯の数十町村を解放したと正式に発表(2020年2月17日)

シリア軍武装部隊総司令部は声明を出し、アレッポ市西部および北部農村地帯の数十町村を解放したと正式に発表した。 解放されたのは、シャイフ・アリー村、第46中隊基地、アウラム・クブラー町、アウラム・スグラー村、カフルナーハー … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア軍はトルコ軍監視所が設置されているアレッポ県北西のシャイフ・アキール山を制圧(2020年2月17日)

アレッポ県では、SANA(2月17日付)によると、シリア軍がシャーム解放機構、国民解放戦線などからなる「決戦」作戦司令室と戦闘を続け、バスラトゥーン村、フール村、アンジャーラ村を新たに制圧した。 シリア軍はまた、16日に … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:難民677人と国内避難民(IDPs)1,704人が新たにシリア政府支配地域に帰還、2018年半ば以降帰還した難民は555,021人、2019年以降帰還したIDPsは784,301人に(2020年2月17日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(2月17日付)を公開し、2月16日に難民677人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは205人(うち女性62人、子供105人) … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする

トランプ米大統領はトルコのエルドアン大統領との電話会談で「ロシアがシリア軍への支援を停止し、紛争の政治的解決をめざすべきだ」と表明(2020年2月16日)

ドナルド・トランプ米大統領とトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領が電話会談を行い、シリア情勢、とりわけイドリブ県の情勢への対応などについて意見を交わした。 ホワイト・ハウスの声明によると、会談のなかで、トラン … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコのイスラーム主義系日刊紙『イェニ・アキト』はイドリブ県でのトルコ軍に対する攻撃はシリア軍の砲撃ではなく、ロシア軍の爆撃だったと伝える(2020年2月16日)

トルコのイスラーム主義系日刊紙『イェニ・アキト』(2月16日付)は、10日にイドリブ県のタフタナーズ軍事基地でトルコ軍の車列が攻撃を受けた事件に関して、シリア軍地上部隊の砲撃ではなく、ロシア軍戦闘機の爆撃によるものだと伝 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする