月別アーカイブ: 2018年7月

ロシア難民受入移送居住センター:28~30日に難民832人が新たに帰国、7月18日以降に帰国したシリア難民は4,144人に(2018年7月31日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(7月31日付)を公開し、28~30日に難民832人がシリアに帰国したと発表した。 これにより、7月18日以降に帰国したシリア難民の数は4,144人とな … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリアの反体制派は拉致しているイタリア人と日本人の動画を相次いで公開(2018年7月31日)

AFP(8月1日付)は、シリア国内で反体制派に拉致されているイタリア人と日本人の動画が7月31日までに相次いで公開されたと伝えた。 動画が公開されたのは、イタリア人のアレサンドゥロ・サンドリニ(Alessandro Sa … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

シリア政府代表団がユーフラテス川東岸のラッカ県アイン・イーサー市を訪問、YPG主体のシリア民主軍はダーイシュとの戦闘で殺害されたシリア軍兵士の遺体を代表団に引き渡す(2018年7月31日)

『ハヤート』(8月1日付)は、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、ラッカ県での戦闘でダーイシュ(イスラーム国)によって殺害された兵士の遺体44体を、シリア政府当局に引き渡し … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

UAE諜報機関長官が大使館再開に向けてシリアを極秘訪問(2018年7月31日)

アラビー21(7月31日付)は、複数のアラブ匿名消息筋の情報として、UAE(アラブ首長国連邦)諜報機関のアリー・ムハンマド・シャーミスィー連邦身元国籍局長官がシリアの首都ダマスカスを秘密裏に訪問し、アリー・マムルーク国民 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

YPGはトルコ実質占領下のアフリーン郡でスルターン・ムラード師団の戦闘員1人を殺害(2018年7月31日)

西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)の広報センターは声明を出し、アレッポ県アフリーン郡各所でトルコ軍およびその支援を受ける反体制武装集団への攻撃を続け、28日にスルターン・ムラード師団の戦闘員1 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

スワイダー県砂漠地帯でシリア軍・親政権民兵がダーイシュと交戦(2018年7月31日)

スワイダー県では、ANHA(7月31日付)によると、県東部および北東部の砂漠地帯でシリア軍および親政権の民兵(住民)が、ダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。 戦闘は、ガイダ村一帯で激しく行われた。 AFP, July … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍は、フマイミーム航空基地への無人航空機に対抗するかたちで、イドリブ県西部、ハマー県北西部の反体制派支配地域を激しく攻撃(2018年7月31日)

イドリブ県では、『ハヤート』(8月1日付)がホワイト・ヘルメットの地元幹部の情報として伝えたところによると、シリア軍が県西部のビダーマー町、ナージヤ村などに、白リンを装填した砲弾50発あまりを撃ち込み、住民の財産や農地が … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

反体制武装集団支配地域からフマイミーム航空基地に向けて飛来した無人航空機をロシア軍が撃破(2018年7月31日)

ロシア国防省は、反体制武装集団支配地域(イドリブ県方面)から29日深夜にシリア駐留ロシア軍司令部が設置されているラタキア県のフマイミーム航空基地に接近した所属不明の無人航空機1機を撃墜したと発表した。 AFP, July … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

クナイトラ県で活動を続けていた反体制武装集団戦闘員のイドリブ県への退去が終了し、同県から反体制派完全消滅(2018年7月31日)

クナイトラ県では、SANA(7月31日付)によると、シリア政府との停戦合意に基づき、ジャバーター・ハシャブ村で活動を続けてきた反体制武装集団戦闘員とその家族が、シリア政府によって用意された大型バス6台に分乗し、イドリブ県 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

シリア軍は逃亡しようとしたハーリド・ブン・ワリード軍の戦闘員とその家族34人以上を処刑する一方、ヨルダン国境方面に逃走した戦闘員約60人が投降(2018年7月31日)

シリア人権監視団によると、シリア軍と親政権民兵が、ダルアー県のヤルムーク川河畔地域から脱出しようとして、軍の検問所を通過しようとしたハーリド・ブン・ワリード軍の戦闘員とその家族34人以上を処刑したという。 シリア人権監視 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ダーイシュに忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍の残党らの退去に向けた交渉が行われるも決裂、ロシア軍が激しい爆撃を敢行(2018年7月31日)

シリア人権監視団は、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍の残党約100人を、「捕虜とされる人々」(戦闘員の家族のこと)150人とともに、ダルアー県南西部のヤルムーク川河畔地域からダーイシュが活 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

アスタナ10会議閉幕、ロシア、イラン、トルコはシリアの主権、領土保全、そして周辺諸国の国家安全保障を脅かそうとする「分離主義的動き」に抵抗することを確認(2018年7月31日)

ロシアの避暑地ソチで29日に開幕したアスタナ10会議は2日間の日程を終え閉幕した。 閉幕声明では、アスタナ会議の保証国であるロシア、イラン、トルコが、シリアの統一、独立、主権、領土保全を守り、テロとの戦いを継続する意思を … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする