月別アーカイブ: 2015年6月

ダーイシュ(イスラーム国)がトルコ国境のタッル・アブヤド市を奇襲、YPGはトルコからの戦闘員潜入を疑う(2015年6月30日)

ラッカ県では、『ハヤート』(7月1日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊によって制圧されたタッル・アブヤド市を奇襲した。 ARA New(6月30日付)によると、ダーイシュは … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アレッポ県北部でダーイシュ(イスラーム国)が燃料輸送車輌を盾にジハード主義武装集団支配地域に進軍、シリア軍が燃料輸送車輌を爆撃(2015年6月30日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)が県北部のワフシーヤ村を攻撃、ジハード主義武装集団と交戦した。 攻撃に際して、ダーイシュは、ジハード主義武装集団が同地一帯での配給のために要求していた燃 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍はダマスカス郊外県の反体制派拠点ドゥーマー市を爆撃し、子供を含む10人が死亡(2015年6月30日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が、反体制武装集団の支配下にあるドゥーマー市を空爆し、子供1人を含む10人が死亡した(シリア人権監視団によると、ドゥーマー市での死者数はその後11人に増加)。 シリ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍、国防隊がハサカ市でのダーイシュ(イスラーム国)掃討を続ける、ダーイシュはヒムス県中部でシリア軍部隊に対して自爆攻撃(2015年6月30日)

ハサカ県では、SANA(6月30日付)によると、ハサカ市ヌシューワ・シャリーア地区、ヌシューワ・ヴィーラート地区に潜入していたダーイシュ(イスラーム国)をシリア軍、国防隊が追い詰め包囲、またサーリヒーヤ地区、ナフティー地 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アル=カーイダ系組織ヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動はヒムス県の「ヌスラト・ムスタドアフィーン」作戦司令室の解体を発表(2015年6月30日)

ヒムス県北部で活動していた「ヌスラト・ムスタドアフィーン」作戦司令室は声明を出し、作戦司令室を解体すると発表した。 「ヌスラト・ムスタドアフィーン」作戦司令室は2014年4月に、シャーム自由人イスラーム運動、ヒヌス軍団、 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

米ロ外相がダーイシュ(イスラーム国)への対応を継続協議することで合意(2015年6月30日)

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣と米国のジョン・ケリー国務長官がオーストリアのウィーンで会談し、イラン核開発問題やシリア紛争への対応などについて意見を交わした。 会談後、ラヴロフ外務大臣は「米国とロシアは、ダーイシュ( … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ハーフィズ・アサド前大統領の肖像画が描かれた1,000シリア・ポンドに代わる新紙幣が7月1日から流通開始(2015年6月30日)

シリア中央銀行のアディーブ・マイヤーラ総裁は声明を出し、7月1日から新1,000シリア・ポンド紙幣を流通させると発表した。 従来の1,000シリア・ポンドはハーフィズ・アサド前大統領の肖像が描かれていたが、新1,000シ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

民主的変革諸勢力国民調整委員会はYPGによるタッル・アブヤド市制圧、アイン・アラブ市に対するダーイシュ(イスラーム国)の奇襲撃退を賞賛(2015年6月30日)

民主的変革諸勢力国民調整委員会の執行部(ダマスカス)は声明を出し、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体の「ユーフラテスの火山」合同作戦司令室によるラッカ県タッル・アブヤド市のダーイシュ(イス … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

特別講演会「イスラーム国台頭から1年:「シリア内戦」の今を読み解く」(IWJにて配信中)

【特別講演会 「イスラーム国台頭から1年:「シリア内戦」の今を読み解く」】 IWJ(http://iwj.co.jp/wj/open/archives/250560)にて配信中   2014年6月、イスラーム国 … 続きを読む

カテゴリー: その他, シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イスラエルのヤアロン国防大臣「シリアからの負傷者に人道支援を続けたいのなら、ジハード主義者が国境に近づかないようにしなければならないし、次にドゥルーズ派が攻撃を受けないようにしなければならない」(2015年6月29日)

イスラエルのモシェ・ヤアロン国防大臣は、シリアの反体制派への支援に関して「負傷者が安全壁に近づいたら、支援すべきだ…。負傷者を回復させ、(シリア領内に)戻すべきだ…。しかし、人道支援を続けたいのなら、ジハード主義者が国境 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア・シリア外相会談:プーチン大統領は、シリア、サウジアラビア、トルコ、ヨルダンを含む国際的な有志連合を通じたダーイシュ(イスラーム国)との戦いを提案(2015年6月29日)

シリアのワリード・ムアッリム外務在外居住大臣は、ロシアの首都モスクワを訪問し、セルゲイ・ラヴロフ外務大臣、ヴラジミール・プーチン大統領と相次いでと会談、シリア国内での「テロとの戦い」などについて協議した。 『ハヤート』( … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

前英海軍提督「アサド大統領は嫌な男だが、ダーイシュ(イスラーム国)と戦い、打ち負かすことを優先させるべきだ」(2015年6月29日)

前英国海軍提督のアラン・ウェスト卿は、地元ラジオ局のインタビューで、ダーイシュ(イスラーム国)を壊滅するためにシリアのアサド政権と協力すべきだと述べた。 ウェスト卿は「彼(アサド大統領)は嫌な男だが、ISIL(ダーイシュ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダルアー市でシリア軍とヌスラ戦線、自由シリア軍からなる「南部の嵐の戦い」作戦司令室の攻防続く(2015年6月29日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ダルアー市の制圧をめざすシャームの民のヌスラ戦線、自由シリア軍南部戦線など「南部の嵐の戦い」作戦司令室が、同市マンシヤ地区などで、シリア軍と交戦した。 この戦闘で、ナワー殉教者旅 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ハサカ市でシリア軍、YPGがダーイシュ(イスラーム国)放逐を進める(2015年6月29日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、ハサカ市ヌシューワ地区(南部)、グワイラーン地区(南東部)で、ダーイシュ(イスラーム国)が3台の車を自爆させ、シリア軍兵士、国防隊隊員少なくとも12人が死亡した。 SANA(6月2 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ダーイシュ(イスラーム国)メンバーの家族20人以上がトルコ領内に避難(2015年6月28日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)戦闘員の家族20人以上が、バーブ市北部のラーイー村からトルコ領内に入った。 トルコに入った約20人のうち、13人は女性で、チュニジア人女医1人も含まれて … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

ハサカ市でシリア軍、YPGがダーイシュ(イスラーム国)への反転攻勢を続ける(2015年6月28日)

ハサカ県では、シリア人権監視団、ARA News(6月28日付)によると、シリア軍、国防隊が、ハサカ市内のヌシューワ地区(スーク・ガナム(羊市場)一帯)、ハサカ中央刑務所一帯(グワイラーン地区)に進軍し、ダーイシュ(イス … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダルアー市攻略をめざすヌスラ戦線、自由シリア軍など「南部の嵐の戦い」の作戦司令室をタフリール旅団が襲撃、ダマスカス市街地に迫撃砲弾が着弾(2015年6月28日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シャームの民のヌスラ戦線、イスラーム・ムサンナー運動、自由シリア軍南部戦線などがダルアー市に設置した「南部の嵐の戦い」作戦司令室本部をジハード主義武装集団が攻撃し、本部にいた複数 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

YPGが声明を出し、ダーイシュ(イスラーム国)によるアイン・アラブ市奇襲の詳細を公表(2015年6月28日)

西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊は声明を出し、25日のダーイシュ(イスラーム国)によるアイン・アラブ市奇襲・侵入の詳細を公表した。 同声明によると、「傭兵」(外国人)からなるダーイシュ戦闘員が25日早朝、「自由シリ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ムハンマド・ナースィーフ・ハイルベク副大統領補佐官が死去、シャルア前副大統領が自宅軟禁か?(2015年6月28日)

SANA(6月28日付)は、大統領府筋の話として、「副大統領補佐官ムハンマド・ナースィーフ(・ハイルベク)退役少将は今朝、難病の末に主の側に召された」と発表、同補佐官が死亡したと発表した。 ムハンマド・ナースィーフ・ハイ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア国民連合はYPGによる住民強制移住をめぐって国連調査委員会の派遣を主唱(2015年6月27日)

シリア革命反体制勢力国民連立は声明を出し、ラッカ県タッル・アブヤド市一帯などで西クルディスタン移行期民政局が行っているとされる住民の強制移住に関して、国連による調査委員会の派遣を主唱した。 AFP, June 27, 2 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする