月別アーカイブ: 2020年7月

国民軍報道官はエジプト軍がシリアに派遣されたことを示す音声データを提供(2020年7月31日)

アラビー21(7月31日付)は、シリアのイドリブ県やアレッポ県に派遣されたとされるエジプト軍部隊の交信を録音したとする音声データを入手したと伝え、これを公開した。 音声データは33秒の短いもので、エジプト軍兵士と思われる … Read More

アサド大統領のいとこでビジネスマンのマフルーフ氏「この国、そしてこの地域全体が困難な日々を迎えようとしている」(2020年7月31日)

アサド大統領のいとこでビジネスマンのラーミー・マフルーフ氏はフェイスブックのアカウント(https://www.facebook.com/RamiMakhloufSY/)に新たなメッセージを投稿した。 ** あけましてお … Read More

米主導の有志連合所属と思われるドローンがイドリブ県サルマダー市近郊のワタド石油社をミサイル攻撃、ワタド石油社はこれを否定(2020年7月31日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、米主導の有志連合所属と思われる無人航空機(ドローン)が、サルマダー市近郊のワタド石油社に向けてミサイル3発を発射、同社の施設が被弾し、火災が発生した。 ワタド石油社は、シャーム解 … Read More

北・東シリア自治局を構成するラッカ民生民主局はラッカ市隔離を宣言(2020年7月31日)

北・東シリア自治局を構成する自治政体の一つラッカ民生民主局(ラッカ民生評議会)は声明を出し、新型コロナウイルス感染症対策として、7月31日から2週間、ラッカ民生民主局の支配地域にいたるすべての道路を封鎖、ラッカ市を隔離す … Read More

新型コロナウイルス感染者確認を受けて封鎖されていたイドリブ県サルミーン市への往来規制解除(2020年7月31日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、新型コロナウイルス感染者が確認されたのを受けて、7月26日に封鎖されていたサルミーン市への往来規制が解除された。 AFP, July 31, 2020、ANHA, July 31 … Read More

保健省は新たに19人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者8人が完治し、2人が死亡したと発表(2020年7月31日)

保健省は新たに19人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者8人が完治し、2人が死亡したと発表した。 これにより、7月31日現在のシリア国内での感染者数は計757人、うち死亡したのは43人、回復したのは237人 … Read More

イドリブ県でシリア軍と「決戦」作戦司令室が激しく交戦し、双方に死傷者(2020年7月31日)

イドリブ県の緊張緩和地帯(第1ゾーン)は、ロシア・トルコが3月5日の首脳会談で停戦に合意してから148日目を迎えた。 ** イドリブ県では、シリア人権監視団によると、「決戦」作戦司令室がシリア政府支配下のマアッラト・ヌウ … Read More

ロシア難民受入移送居住センター:難民107人が新たに帰還、2018年半ば以降帰還した難民は583,170人に(2020年7月31日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(7月31日付)を公開し、7月30日に難民107人(うち女性32人、子供55人)が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは難民107 … Read More

フール・キャンプに収容されていたダーイシュの妻たちがシャーム解放機構支配下のイドリブ県に密送(2020年7月30日)

反体制系サイトのユーフラテス・プレス(7月30日付)は、北・東シリア自治局支配下のハサカ県フール・キャンプに収容されているダーイシュ(イスラーム国)メンバーの妻たちが、シャーム解放機構主導の反体制派の支配下にあるイドリブ … Read More

アナトリア通信はエジプトがシリアに部隊を派遣したと伝える、シリア人権監視団はこれを否定(2020年7月30日)

アナトリア通信(7月30日付)は、複数の信頼できる消息筋の話として、エジプト政府が最近になって、イラン・イスラーム革命防衛隊と連携して、アレッポ県とイドリブ県に部隊を派遣したと伝えた。 同消息筋によると、派遣されたエジプ … Read More

フール・キャンプに収容されていたダーイシュ戦闘員の家族4約150人がダイル・ザウル県に帰還(2020年7月30日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、北・東シリア自治局が管理するフール・キャンプに収容されていたダーイシュ(イスラーム国)戦闘員の家族41世帯約150人が、地元の部族長らの仲介と身元保証を受けて、ダイル・ザウル県に帰 … Read More

トルコ占領下のタッル・ハラフ村(ハサカ県)の検問所近くで爆発が発生し、20人以上死傷(2020年7月30日)

ハサカ県では、ANHA(7月30日付)によると、トルコ占領下のタッル・ハラフ村にある国民軍のハムザート師団と警察(内務治安部隊、いわゆる「自由警察」)の共同検問所近くで車に仕掛けられていた爆弾が爆発し、20人以上が死傷し … Read More

トルコ占領下のアレッポ県北部で新たに1人の新型コロナウイルス感染者確認(2020年7月30日)

シリア人権監視団によると、トルコ占領下のアレッポ県北部で、新たに1人の新型コロナウイルス感染者が確認された。 これにより、6月9日以降、シャーム解放機構が軍事・治安権限を握るイドリブ県の「解放区」と占領地で確認された感染 … Read More

北・東シリア自治局支配地域内で19人の新型コロナウイルス感染者が確認(2020年7月30日)

北・東シリア自治局保健委員会(保健省に相当)のジュワーン・ムスタファー共同議長は支配地域内で19人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。 ムスタファー共同議長によると、19人のうち、11人がジャズィーラ地域( … Read More

保健省は新たに21人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者1人が死亡したと発表(2020年7月30日)

保健省は新たに21人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者1人が死亡したと発表した。 これにより、7月30日現在のシリア国内での感染者数は計738人、うち死亡したのは41人、回復したのは229人となった。 S … Read More

イドリブ県でシリア軍と「決戦」作戦司令室が交戦(2020年7月30日)

イドリブ県の緊張緩和地帯(第1ゾーン)は、ロシア・トルコが3月5日の首脳会談で停戦に合意してから147日目を迎えた。 ** イドリブ県では、シリア人権監視団によると、「決戦」作戦司令室がシリア政府の支配下にあるバスカラー … Read More

ロシア難民受入移送居住センター:難民112人が新たに帰還、2018年半ば以降帰還した難民は583,063人に(2020^年7月30日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(7月30日付)を公開し、7月29日に難民112人(うち女性34人、子供57人)が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは難民112 … Read More