月別アーカイブ: 2016年6月

米主導の有志連合は27~29日までの3日間でイラク国境に面するブーカマール市近郊を8回、YPG主体のシリア民主軍が包囲するマンビジュ市一帯を19回爆撃(2016年6月30日)

米中央軍(CENTCOM)は、6月27日~29日までの3日間のシリア、イラク両国での有志連合の戦果をHPで発表した。 発表によると、6月27日はシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して23回の空爆を … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア人権監視団は2016年9月末以降の7ヶ月でのロシア軍とシリア軍の爆撃での死者数を7,031人と発表、うちダーイシュ、ヌスラ戦線などの反体制武装集団の死者は4,533人(2016年6月30日)

シリア人権監視団は、ロシア軍がシリアでの空爆を開始した2015年9月30日から2016年6月30日までの7ヶ月間で、ロシア軍とシリア軍の空爆で民間人2,500人を含む7,000人が死亡したと発表した。 同監視団によると、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダイル・ザウル市一帯などでシリア軍とダーイシュの戦闘続く(2016年6月30日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がダイル・ザウル市のシリア政府支配地域に食料物資を投下、また戦闘機(所属明示せず)がダイル・ザウル市工業地区、ジャバリーヤ地区を空爆した。 一方、SANA(6月30 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アレッポ市一帯でシリア軍とアレッポ・ファトフ軍作戦司令室の交戦続く(2016年6月30日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がフライターン市、アナダーン市を15回以上にわたり空爆する一方、シリア軍がフライターン市、カフルハムラ村、アルド・マッラーフ地区、アレッポ市北部とトルコのガ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

新シリア軍を主導するアサーラ・ワ・タンミヤ戦線幹部は、ブーカマール市攻略の失敗の原因がイラク部族軍にあると指摘(2016年6月30日)

米仏が軍事支援する新シリア軍を主導するアサーラ・ワ・タンミヤ戦線のハーリド・ハマード事務局長はSNS(6月30日付)の自身のツイッターで、ダイル・ザウル県ブーカマール市攻略作戦が失敗し、戦闘員数十人を失ったことを認めた。 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

米英が軍事支援する新シリア軍の同根組織がダマスカス郊外県のカラムーン地方でダーイシュと交戦(2016年6月30日)

ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(6月30日付)によると、米英が軍事支援する新シリア軍と同根組織の東部の獅子軍が、ラフマーン軍団、シャーム解放軍、イスラーム軍といったジハード主義武装集団とともに東カラムーン地 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

YPG主体のシリア民主軍はダーイシュとの戦闘の末マンビジュ市アサディーヤ地区を制圧(2016年6月30日)

アレッポ県では、ARA News(6月30日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に所属するマンビジュ軍事評議会がマンビジュ市内でダーイシュ(イスラーム国)との戦闘 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米政府は、ヌスラ戦線に対するロシアの爆撃への協力とシリア軍による米支援反体制派爆撃停止を新たに提案(2016年6月30日)

『ワシントン・ポスト』(6月30日付)は、バラク・オバマ米政権が、ロシアとシリアでの軍事作戦に関して新提案を行っている、と伝えた。 提案は、米国が支援する反体制派(いわゆる「穏健な反体制派」)に対するシリア軍の空爆停止に … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

アサド大統領がオーストラリアのSBSテレビのインタビューに応じる「西側諸国は我々を政治的に攻撃したうえで、テーブルの下で我々と取引するため高官を派遣した」(2016年6月30日)

アサド大統領は、オーストラリアのSBSテレビのインタビューに応じ、オーストラリアを含む西側諸国のダブル・スタンダードを批判、「彼らは我々を政治的に攻撃したうえで、テーブルの下で我々と取引するため、治安関係の高官らを派遣、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

アレッポ市北部でシリア軍とヌスラ戦線などからなる反体制派の攻防続く(2016年6月29日)

アレッポ県では、ARA News(6月29日付)によると、シリア軍もクドス旅団(パレスチナ人)とともにアレッポ市北部入口のカースティールー街道一帯に近いウサーマート地区、マッラーフ農場一帯でアレッポ・ファトフ軍作戦司令室 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ダーイシュはブーカマール市近郊のハムダーン村から米英の軍事支援を受ける新シリア軍を掃討、同地一帯を奪還(2016年6月29日)

ダイル・ザウル県では、クッルナー・シュラカー(6月29日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)がブーカマール市近郊のハムダーン村およびハマダーン航空基地に展開していた新シリア軍を掃討し、同地を奪還した。 ハムダーン村一 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

「ロジャヴァ北シリア民主連邦」憲法起草委員会が作成した「社会契約」草案が連邦発足評議会組織委員会で承認(2016年6月28日)

ARA News(6月29日付)は、「ロジャヴァ北シリア民主連邦」憲法起草委員会が作成した「社会契約」(憲法に相当)草案が、同連邦発足評議会組織委員会によって承認された、と伝えた。 組織委員会は27、28日の2日間、ハサ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ヌスラ戦線はダーイシュの反転攻勢を受け、ダマスカス県ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプのジャーウーナ地区一帯から完全撤退(2016年6月28日)

ダマスカス県では、クッルナー・シュラカー(6月28日付)によると、シャームの民のヌスラ戦線が、アクナーフ・ムカッダス大隊、ドゥハー・イスラーム旅団、アバービール軍とともに、ヤルムーク区(パレスチナ難民キャンプ)でダーイシ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動、「穏健な反体制派」の連合部隊がラタキア県国境地帯のナフシャバー村などを制圧(2016年6月28日)

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍および親政権民兵がナフシャバー村、ラシャー村、マズガリー村、ハークーラ村、ブルジュ・バイダー村などトルクメン山、クルド山一帯に進軍し、第1沿岸師団、シャーム自由人イスラー … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ラッカ県でダーイシュがYPG主体のシリア民主軍の戦闘の末に2カ村を制圧(2016年6月28日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、アイン・イーサー市西部のスワイダーン村、マガーラ村一帯で西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍とダーイシュ(イスラーム国)が交戦し、ダーイ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米英が軍事支援を行う「新シリア軍」がダイル・ザウル県内に進入、ダーイシュ支配下の国境の町ブーカマール市突入作戦を開始(2016年6月28日)

『ハヤート』(6月29日付)などは、米英両国が軍事支援を行う「新シリア軍」が、ヒムス県東部のイラク国境地帯からダイル・ザウル県内に進入したと伝えた。 シリア人権監視団によると、ヒムス県のタンフ国境通行所を拠点とする新シリ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコはNATO軍による国境地帯の偵察活動を許可する一方、国境警備隊がシリア領からの避難民に発砲(2016年6月28日)

ロイター(6月28日付)は、トルコ高官の話として、トルコが交戦規定を修正し、NATO軍所属航空機にシリア北部のトルコ国境地帯での偵察活動を許可したと伝えた。 同高官によると、NATO加盟国、とりわけ英国が、トルコの交戦規 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコ大統領府「エルドアン大統領が謝罪したのはロシア空軍パイロットの遺族であってロシアではない」(2016年6月28日)

アナトリア通信(6月28日付)は、トルコ大統領府の複数の消息筋の話として、レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領がロシアのヴラジミール・プーチン大統領宛の書簡のなかで、大統領には謝罪はしていない、と伝えた。 同消息筋に … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

在シリア・ロシア大使「シリア軍が近くアレッポ市を攻撃するとは思わない…。ラッカが早々に解放されるとは思っていない」(2016年6月28日)

アレクサンドル・キンシュチャク在シリア・ロシア大使は、シリア駐留ロシア軍によるシリア軍への支援活動は、アレッポ市近郊が反体制武装集団(ファトフ軍、アレッポ・ファトフ軍作戦司令室など)によって包囲されることを回避するために … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

レバノン軍は国境地帯での連続自爆テロ事件を受け、シリア人不法滞在者103人を摘発(2016年6月28日)

ARA News(6月28日付)によると、ベカーア県バアルベック郡カーア村で27日に発生した連続自爆テロ事件に関して、レバノン軍当局は同郡タイバ村、ハムーディーヤ村、ユーニーン村、タッル・アブヤド村、ハディーディーヤ村、 … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする