月別アーカイブ: 2014年11月

シリア国内の暴力:西クルディスタン移行期文民局当局がシリア人ペシュメルガ戦闘員を逮捕(2014年11月30日追記)

クッルナー・シュラカー(12月1日付)によると、西クルディスタン移行期民政局の「テロ撲滅特殊部隊」をなのる部隊が、イラク・クルディスタン地域のペシュメルガに所属するシリア人のイブラーヒーム・クーリーシュ氏を自宅で逮捕、連 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

イスラーム国をめぐる動き:今度は米軍がシリア軍に代わってラッカを爆撃(2014年11月30日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、25日から28日のシリア軍による空爆に続いて、米国など有志連合が、ダーイシュ(イスラーム国)拠点によって制圧されているラッカ市北部第17師団基地などに30回にわたって空爆を行った。 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア国内の暴力:シリア軍がダルアーでヌスラ戦線などへの「樽爆弾」爆撃を激化(2014年11月30日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がジャースィム市を空爆し、戦闘員20人と、女児1人、女性5人を含む13人が死亡、多数が負傷した。 またシリア軍はナワー市、タファス市、ダルアー市カーシフ地区、インヒル市、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア政府の動き:国防省が国防隊解体を決定か?(2014年11月30日)

反体制サイトのドゥラル・シャーミーヤ(11月30日付)は、シリア国防省が国防隊の解体を決意した、と報じた。 同報道によると、この決定は、国防隊による越権行為が頻発し、制御不能になりつつあることが理由だというが、その真偽は … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア政府の動き:ダマスカスで「テロ撲滅国際会議」(2014年11月30日)

ダマスカス県中心部のダーマールーズ・ホテル(旧メリディアン)で「テロ撲滅国際会議」が開催され、25カ国の政治家、宗教関係者らが出席した。 会議に出席したワーイル・ハルキー首相は、スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イスラーム国をめぐる動き:ダーイシュがトルコからアイン・アラブに潜入し自爆テロ(2014年11月29日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)がアイン・アラブ市のトルコ国境に位置する国境通行所(ミュルシトプナル国境通行所)に対して自爆攻撃を敢行、その直後、同地一帯をダーイシュが攻撃し、西クルデ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア国内の暴力:アレッポ、イドリブでシリア軍とヌスラ戦線らが交戦(2014年11月29日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ジハード主義武装集団がシリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員、クドス旅団、イラン人・アフガン人戦闘員と交戦、ブライジュ村近郊のアーグーブ高地、アレッポ中央刑務所近郊の軍拠点1カ所を … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア反体制勢力の動き:トルコで新たな反体制武装組織「シリア革命指導評議会」発足(2014年11月29日)

トルコのガジアンテップ市で、トルコ在住のジハード主義武装集団と「穏健な反体制派」が中心となって、新たな反体制武装組織「シリア革命指導評議会」を結成した。 シリア革命指導評議会は、シリア国内で活動する武装集団の統合を目的と … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

イスラーム国をめぐる動き:シリア軍がダイル・ザウル、ラッカでダーイシュを爆撃(2014年11月28日追記)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)によって実効支配されているブー・ウマル村をシリア軍が2度にわたって空爆した。 またダイル・ザウル市フワイジャト・サクル地区でシリア軍とダーイシュが … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア国内の暴力:アレッポ、ダルアーなどでシリア軍がヌスラ戦線と交戦(2014年11月28日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ヌッブル市、ザフラー町一帯で、国防隊がアンサール・ディーン戦線、シャームの民のヌスラ戦線との戦闘を続けるなか、シリア軍ヘリコプターが同地に武器・支援物資を投下した。 またハンダラ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア政府の動き:ムアッリム外相「諸外国の干渉こそが政治的解決を阻害し、シリア人に対するテロを増加させている」(2014年11月28日追記)

ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣は、RT(11月28日付)のインタビューに応じ、「諸外国の干渉こそが政治的解決を阻害し、シリア人に対するテロを増加させている」と述べた。 また米国が主導する有志連合に代表される外国の … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

人権団体発表:シリア人権ネットワークがシリア総人口の半分が避難民(2014年11月28日)

反体制組織のシリア人権ネットワークは、2011年3月以降の国内外避難民の数がシリアの総人口(約2,000万人)の半分以上に相当する1,233万人に達したと発表した。 うち国外避難民の数は583万5,000人で、この数値は … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア反体制勢力の動き:民主的変革諸勢力国民調整委員会幹部が逮捕(2014年11月28日)

クッルナー・シュラカー(11月28日付)は、民主的変革諸勢力国民調整委員会ダマスカス支部指導部メンバーのアフマド・アスワド氏が、23日にヒムス県内の検問所で身柄を拘束されたと報じた。 AFP, November 28, … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

イスラーム国をめぐる動き:米国はシリア軍を標的としないと爆撃前にイラクを通じて通達(2014年11月28日)

『ハヤート』(11月28日付)は、信頼できる複数の消息筋の話として、米国など有志連合によるシリア空爆(9月23日付)の直前の9月16日にダマスカスを訪問していたイラクのファーリフ・ファイヤード国家安全保障顧問は、シリア領 … 続きを読む

カテゴリー: イラクの動き, シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア政府の動き:シリア軍のラッカ爆撃を批判する米国は、世界にテロ犯罪を無視させようとしている(2014年11月28日)

ウムラーン・ズウビー情報大臣は、シリア軍によるラッカ市空爆を非難した米国務省報道官の声明に関して、「ダーイシュ(イスラーム国)が行う拉致、殺戮、暴行、破壊、強盗といった行為を無視し…、シリアに対する嫌疑をもって、世界にテ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

諸外国の動き:米国防省報道官がシリア軍のラッカ市爆撃を批判(2014年11月27日)

ジェニファー・サキ米国務省報道官は、自国が指導している有志連合も頻繁に空爆を行っているラッカ市に対するシリア軍の25日の空爆に関して、「恐怖を感じる」としたうえで、アサド政権の正統性を改めて否定、非難した。 ** 化学兵 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

レバノンの動き:ダーイシュを支援するシリア人容疑者3人逮捕(2014年11月27日)

NNA(11月27日付)によると、北部県アッカール郡の対シリア国境に位置するシャドラー合同検問所(国境警備隊と内務治安軍総局の合同検問所)で、内務治安軍総局がシリア人3人をダーイシュ(イスラーム国)を支援しているとの容疑 … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き | コメントする

イスラーム国をめぐる動き:シリア軍がラッカ市を再び爆撃(2014年11月27日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が25日に続いて、ダーイシュ(イスラーム国)によって実効支配されているラッカ市各所を8回にわたって空爆し、子供1人を含む住民7人が死亡した。 空爆は、ダーイシュの徴税局とし … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア国内の暴力:イドリブでヌスラ戦線とアンサール旅団が交戦(2014年11月27日)

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(11月27日付)によると、シャームの民のヌスラ戦線とジュンド・アクサーなどからなるジハード主義武装集団が、マアッルズィーター村、カフルサジュナ村でアンサール旅団と交戦した。 また、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

諸外国の動き:トルコ大統領が対シリア政策をめぐって米国を酷評/NATOに飛行禁止空域設定の意思なし(2014年11月26日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、ジョー・バイデン米副大統領のトルコ訪問に関して「横柄と際限のない要求に私が反対していることを知って欲しい…。1万2,000キロも離れた場所から来て、いったいなぜこの地域 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする