月別アーカイブ: 2016年5月

米軍主導の有志連合は前日に引き続き、ラッカ県北部ではなくマンビジュ市(アレッポ県)近郊を重点的に空爆(2016年5月31日)

米中央軍(CENTCOM)は、5月31日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して33回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は21回で、ラッカ市近郊(1回)、マンビジュ市近郊(18 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米国防省はシリア国内での対ダーイシュ戦をYPG主体のシリア民主軍を支援していると思われる米軍顧問1人が被弾し、負傷したと発表(2016年5月31日)

米国防総省のジェフ・デイヴィス報道官は、シリア国内でダーイシュ(イスラーム国)と戦う武装集団を支援する米軍の顧問1人が、ラッカ市北部で「間接的に被弾し、負傷した」と述べた。 負傷した日時、正確な場所は明言しなかった。 「 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はイスラーム軍などとの交戦の末、東グータ地方(ダマスカス郊外県)の中心部に迫る(2016年5月31日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が東グータ地方で進軍を続け、ムハンマディーヤ農場、バイト・ナーイム村一帯を砲撃、イスラーム軍などからなるジハード主義武装集団と戦闘の末に、同地の大部分を制圧、同地方 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍、ロシア軍がイドリブ県、アレッポ県でシャーム自由人イスラーム運動を狙った空爆を実施し、司令官を含む戦闘員多数が死亡(2016年5月31日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、所属不明の戦闘機がイドリブ市郊外のシャイフ・バフル地区にあるシャームの民のヌスラ戦線の主要拠点を空爆し、司令官ら多数が死亡した。 ARA News(5月31日付)によると、空爆を … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はヒムス県、ハマー県などでダーイシュとの戦闘を続ける(2016年5月31日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がフワイスィース村、タドムル市郊外の柑橘農園一帯で進軍を続ける一方、マクサル・ヒサーン村でのダーイシュ(イスラーム国)との戦闘で、国防隊の司令官が死亡した。 一方、SANA … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

YPG主体のシリア民主軍はユーフラテス河畔(ラッカ県タブカ市北部、アレッポ県ティシュリーン・ダム)でダーイシュと交戦し、支配地域を拡大(2016年5月31日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、「北ラッカ解放作戦」実施中のシリア民主軍(西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導)がタブカ市北方でダーイシュ(イスラーム国)と交戦、米軍主導の有志連合がこれを空爆で支援した。 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダーイシュの包囲を受けるマーリア市(アレッポ県北西部)で戦闘続く(2016年5月31日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、県北西部のマーリア市郊外のカフルカルビーン村などでジハード主義武装集団を含む反体制武装集団(ハワール・キッリス作戦司令室)とダーイシュ(イスラーム国)が激しく交戦した。 AFP, … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア国防省はイドリブ市の国立病院(30日)への空爆を否定する一方、ラヴロフ外務大臣はヌスラ戦線と協力を続ける反体制派への空爆再開を示唆(2016年5月31日)

ロシア国防省のイゴール・コナシェンコフ報道官は、30日にロシア軍戦闘機がイドリブ市の国立病院を空爆したとの報道に関してこれを否定、「ロシア軍航空機はイドリブ県でいかなる戦闘行為、空爆も実施しなかった」と発表した。 ** … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米軍主導の有志連合はラッカ県北部ではなくマンビジュ市(アレッポ県)近郊を重点的に空爆(2016年5月30日)

米中央軍(CENTCOM)は、5月30日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して24回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は11回で、ラッカ市近郊(1回)、マンビジュ市近郊(9回 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア人権監視団:ロシア軍の空爆開始以降の8ヶ月間で6,340人が空爆で死亡(2016年5月30日)

英国を拠点にシリアでの紛争の被害に関する情報を収集するシリア人権監視団は、ロシア軍がシリア領内での空爆を開始した2015年9月30日から2016年5月30日までの8ヶ月の間で空爆による死者数が6,340人を記録したと発表 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍がイドリブ市のヌスラ戦線拠点を空爆し、国立病院が被弾、20人が死傷(2016年5月30日)

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(5月30日付)によると、ロシア軍戦闘機がイドリブ市を15回以上にわたり空爆し、20人が死傷、イドリブ国立病院の建物が被害を受けた(シリア人権監視団によると、ロシア軍の空爆によるイド … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍がダーイシュの拠点都市マンビジュ市(アレッポ県東部)を空爆し、住民13人が死亡(2016年5月30日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミヤー(5月30日付)によると、ロシア軍戦闘機がダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市の一つマンビジュ市を空爆し、住民13人が死亡した。 ** ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする