月別アーカイブ: 2019年2月

ロシアとイスラエルはシリアからの外国部隊撤退を検討するための合同作業チームを設置することを決定(2019年2月28日)

タス通信(2月28日付)は、イスラエル政府筋の話として、ロシアとイスラエルが、シリア国内で活動する外国の部隊の撤退を検討するための合同作業チームを設置することを決定したと伝えた。 このチームには、ロシア、イスラエルのほか … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米国がダイル・ザウル県南東部のダーイシュ最後の支配地からバグダーディー指導者と幹部の妻子21人を車で移送させる(2019年2月28日)

イラクのバグダード・ヤウム(2月28日付)は、イラク情報筋の話として、米軍の護衛を受けた車で、ダーイシュ(イスラーム国)のアブー・バグル・バグダーディー指導者や幹部の妻子をダイル・ザウル県南東部にあるダーイシュ最後の支配 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

ダイル・ザウル県南東部のダーイシュ最後の支配地から戦闘員と家族数百人が投降(2019年2月28日)

ダイル・ザウル県では、ANHA(2月28日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)最後の支配地であるバーグーズ村で籠城を続けてきたダーイシュ戦闘員とその家族数百人が、同地を包囲する人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

アフリーン解放軍団はトルコ占領下のアフリーン郡で反体制派を2度にわたり攻撃(2019年2月28日)

アレッポ県では、アフリーン解放軍団が声明を出し、24日にアフリーン市近郊のカラ・タバ村近郊の街道で反体制武装集団の車輌を爆破、25日にシャッラー村近郊のバニー・フーリー村で「精鋭部隊」の検問所を攻撃したと発表した。 AN … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア外務在外居住者省は3月1日に米占領地経由でルクバーン・キャンプに「人道移送団」を派遣するのを控えて、難民帰還を歓迎し、安全な帰還に向け全責任を負う用意があると発表(2019年2月28日)

外務在外居住者省の高官筋は、シリアがロシア、国連、ヨルダンの協力のもと、米国が違法占領するヒムス県南東部のタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)を経由してヨルダン北東部のルクバーン・キャンプに難民を帰還させるための「人 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから137人、ヨルダンから349人の難民が帰国、避難民118人が帰宅(2019年2月28日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(2月28日付)を公開し、2月27日に難民486人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは137人(うち女性40人、子供68人)、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合はシリア空爆で「意図せず死亡したとされる民間人」は2019年1月末の段階で1,257人(2019年2月28日)

有志連合CJTF-OIR(「生来の決戦作戦」統合任務部隊)は、2014年8月から2019年1月までにシリア、イラク両国領内での航空作戦に伴う民間人犠牲者発生にかかる22件の新たな報告を受け、すでに報告されている182件と … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合は2月10日~23日までの14日間でシリア・イラク領内で221回の爆撃を実施(2019年2月28日)

米中央軍(CENTCOM)は、2月10日~23日の14日間でのシリア、イラク両国における有志連合の爆撃の戦果をHPで発表した。 シリア領内でのダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対する爆撃回数は211回で、うちシリア領内 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

レバノン日刊紙:アサド大統領のイラン訪問は外交儀礼上の準備なく行われ、ロウハーニー大統領も知らされていなかった(2019年2月27日)

シリア政府寄りのレバノン日刊紙『アフバール』(2月27日付)は、25日のアサド大統領によるイランへの訪問が、「何らの外交儀礼上の準備もなく行われた」と伝えた。 同紙によると、アサド大統領の訪問は、安全対策上の理由でシリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

米国務省はアサド大統領のイラン訪問を「イラン国民の富が国際テロと抑圧体制を支援するために費やされた」と酷評(2019年2月27日)

米国務省が管理するツイッター・アカウントのDOS連絡チーム(https://twitter.com/DOTArabic/)は、25日のアサド大統領のイラン訪問に関して、「イランの体制は、イラン国民の富を国際テロと地域の抑 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア軍と反体制武装集団がハマー県で砲撃戦(2019年2月27日)

ハマー県では、SANA(2月27日付)によると、ラターミナ町、カフルズィーター市一帯で活動する反体制武装集団がムハルダ市の火力発電所を砲撃した。 これに対して、シリア軍はラターミナ町、カフルズィーター市一帯の反体制武装集 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア政府はロシア、ヨルダン、国連の協力のもと、3月1日にルクバーン・キャンプで「強制的に引き留められている」難民を米占領下のタンフ国境通行所一帯地域を経由して帰国させるための「人道移送団」を結成(2019年2月27日)

ロシア国防省は声明を出し、ヨルダン北東部のルクバーン・キャンプで「強制的に引き留められている」難民を自発的な帰国を実現するため、シリア政府は、ロシアとの連携のもとに、2019年3月1日付で、「人道移送団」を結成すると発表 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシアのタブロイド紙:ロシア・シリアの諜報機関はシリア国内の刑務所で逮捕者を被験者として有毒ガスの人体実験を行っている?!(2019年2月26日)

ロシアのタブロイド紙『ノーヴァヤ・ガゼータ』(2月26日付)は、ロシア諜報機関がシリア諜報機関とともに、シリア国内の刑務所で逮捕者(兵役忌避者ら)を被験者として有毒ガスの人体実験を行っていると伝えた。 これまでの実験で士 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

イラン・ファルス通信:ザリーフ外務大臣辞意表明は、アサド大統領のイラン訪問についての報告を受けなかった政権内の調整の不備が理由(2019年2月26日)

イランのファルス通信(2月26日付)は、25日にモハンマド・ジャワード・ザリーフ外務大臣が辞意を表明したことに関して、複数の消息筋の話として、アサド大統領のイラン訪問について大統領府からの報告を受けなかった政権内の調整の … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ダーイシュ最後の拠点バーグーズ村からメンバーの家族と住民2,600人がフール避難民キャンプに新たに移送される(2019年2月26日)

ハサカ県では、ANHA(2月26日付)によると、22、23日に続いて、バーグーズ村にあるイスラーム国(ダーイシュ)最後の支配地を包囲する人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が「解放」した住民やダーイシュ・メンバーの家族 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

シリア軍がイドリブ県を爆撃、反体制派は無人航空機での攻撃を試みる一方、新興のアル=カーイダ系組織、シリアのアル=カーイダ、トルコの庇護を受けるアル=カーイダ系組織が反撃(2019年2月26日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がハーン・シャイフーン市、サラーキブ市を爆撃し、複数が負傷した。 ドゥラル・シャーミーヤ(2月26日付)によると、ハーン・シャイフーン市に対するシリア軍の攻撃で女性1人が … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから119人、ヨルダンから611人の難民が帰国、避難民82人が帰宅(2019年2月26日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(2月26日付)を公開し、2月25日に難民730人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは119人(うち女性35人、子供60人)、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコのチャヴシュオール外務大臣「安全地帯は我が国の国境の向こう側に設置される。それゆえに、トルコがこのプロセスを主導しなければならない…。我々はロシア、米国、そしてアスタナ会議のパートナーたちとともに行動している」(2019年2月25日)

トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は、ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣が24日に、ソチでのロシア・トルコ・イランの首脳会談で、トルコがシリア北東部に設置を画策している安全地帯へのロシア軍憲兵隊の展開をロシアが … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ラフムーン内務大臣はアレッポ市でもっとも有名なシャッビーハとの接触禁止を関係機関に通達(2019年2月25日)

ドゥラル・シャーミーヤ(2月25日付)が複数の活動家の情報として伝えたところによると、ムハンマド・ハーリド・ラフムーン内務大臣は、アレッポ市でもっとも知られている「シャッビーハ」のアブー・アリー・ミグワール氏(本名フドル … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

トルコ占領下のバーブ市(アレッポ県)で反体制派どうし(シャーム自由人イスラーム運動とハムザート師団)が交戦(2019年2月25日)

アレッポ県では、ANHA(2月25日付)によると、トルコの占領下にあるバーブ市で、シャーム自由人イスラーム運動とハムザート師団のメンバーが、市内のバス発着場近くで交戦した。 ハムザート師団のメンバーの1人が、住民と口論の … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする