月別アーカイブ: 2014年10月

諸外国の動き:外国人戦闘員が月1,000人のペースでシリア、イラクに入国(2014年10月31日)

『ワシントン・ポスト』(10月31日付)は、米諜報機関高官の話として、米国など有志連合による空爆にもかかわらず、毎月1,000人の外国人戦闘員がシリアとイラクに潜入し、ダーイシュ(イスラーム国)に加わっていると報じた。 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

レバノンの動き:北部県で武装集団摘発(2014年10月31日)

ナハールネット(10月31日付)によると、北部県トリポリ市スーク・ハドラー地区で、レバノン軍がレバノン人8人とシリア人6人を逮捕、武器弾薬を押収した。 またNNA(10月31日付)によると、レバノン軍は北部県アッカール郡 … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き | コメントする

イスラーム国をめぐる動き:「自由シリア軍」、武器配給を受けられずアイン・アラブからトルコに帰国(2014年10月31日)

アレッポ県では、ARA News(10月31日付)がアイン・アラブ市内の信頼できる複数の消息筋の話として、28日にトルコから同市内に入った「自由シリア軍」戦闘員14人が、現地での武器配給を受けられずトルコに帰国した、と報 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア国内の暴力:イドリブでヌスラ戦線とシリア革命家戦線(穏健な反対派)の戦闘続く(2014年10月31日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シャームの民のヌスラ戦線、ジュンド・アクサーからなるジハード主義武装集団が、シリア革命家戦線とダイル・サンバル村一帯で交戦した。 ダイル・サンバル村はシリア革命家戦線の拠点。 こ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

諸外国の動き:ヘーゲル米国防長官、「空爆はアサドを利する」(2014年10月30日追記)

チャック・ヘーゲル米国防長官は記者会見で、米国など有志連合によるダーイシュ(イスラーム国)殲滅に向けた空爆に関して「アサドを利することになる」と述べた。 『ハヤート』(11月1日付)などが伝えた。 ** 『ガーディアン』 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア反体制勢力の動き:国民評議会が米国などによるシリア空爆を非難/国民連合暫定政府閣僚らの給与半額に(2014年10月30日追記)

シリア国民評議会(シリア革命反体制勢力国民連立所属)は声明を出し、イドリブ県アービディーン避難民キャンプに対するシリア軍の空爆(29日)に関して、ダーイシュ(イスラーム国)掃討をめざす米軍など有志連合の「戦闘機がなぜシリ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

諸外国の動き:イスラーム国戦闘員志願の日本人大学院生に関する捜査続く(2014年10月30日)

『毎日新聞』(10月30日付)は、北海道大学大学院の男子学生(26歳)が、ダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員になるためシリアへの渡航を計画した事件で、学生が警視庁公安部の事情聴取に対し、「渡航を仲介した元大学教授から、イ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

シリア国内の暴力:各地での戦闘続く(2014年10月30日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がマルジュ・スルターン村一帯、ハーン・シャイフ・キャンプ一帯を「樽爆弾」などで空爆した。 またハラスター市では、ウンマ軍に所属する武装集団の司令官が武装集団の襲撃を … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

イスラーム国をめぐる動き:ダーイシュ女性部隊30人がラッカへの米軍の空爆で死亡(2014年10月30日)

クッルナー・シュラカー(10月30日付)によると、米国など有志連合は、29日から30日にかけてラッカ市の「アレッポ州大使館」、旧検閲査察委員会ビル、旧政治治安局ビルなど、ダーイシュの主要拠点を空爆した。 同サイトによると … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア政府の動き:外務省はペシュメルガのアイン・アラブ入りに関して、トルコの主権侵害と非難(2014年10月30日)

外務在外居住者省は、アレッポ革命軍事評議会前議長のアブドゥルジャッバール・アカイディー大佐率いる反体制武装部隊(自由シリア軍)やイラク・クルディスタン地域のペシュメルガ戦闘員のアイン・アラブ市への進軍に関して声明を出し、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア反体制勢力の動き:シャームの鷹師団、ヌスラ戦線とシリア革命家戦線の衝突をめぐって中立を宣言(2014年10月30日)

シャームの鷹師団のアフマド・イーサー氏(アブー・イーサー)は、イドリブ県、アレッポ県でのシャームの民のヌスラ戦線とシリア革命家戦線の衝突に関して、「シリア北部の内乱を収束」させたいとの意思を表明し、「完全なる中立」を宣言 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

レバノンの動き:大統領選挙再び延期(2014年10月29日)

ナビーフ・ビッリー国民議会議長は、大統領選挙(第2回投票)のための特別会(15回目)が定足数に達しなかったことを受け、会合を11月19日に再び延期すると決定した。 特別会に出席した議員は54人だけだった。 ** ナビーフ … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き | コメントする