月別アーカイブ: 2013年7月

カタールを訪問中のジャルバー議長がジュネーブ2会議への出席に前向きだった立場を再度転換させる、シリア北部ではヌスラ戦線とイラク・シャーム・イスラーム国が軍や人民防衛隊に対する攻勢を強化(2013年7月31日)

反体制勢力の動き シリア革命反体制勢力国民連立メンバーでシリア民主主義者連合代表のミシェル・キールーはシリアの独立系ラジオ局「ロザーナ・ラジオ」に「アサドと和解せよとのいかなる圧力も反体制勢力は受けていない。世界はこの危 … Read More

シリア革命反体制勢力国民連立のジャルバー議長ら代表団がカタールを訪問しタミーム新首長らと会談、ハサカ県ではクルド最高委員会外交委員会メンバーのハッスー氏(民主統一党)が暗殺される(2013年7月30日)

シリア政府の動き ムハンマド・アブドゥッサッタール宗教関係大臣は記者会見を開き、ヒムス市のハーリド・ブン・ワリード・モスクの破壊に関して「破壊行為と煽動的タクフィール主義思想の結果で、そうした姿勢は宗教的な名所を標的とす … Read More

民主的変革諸勢力国民調整委員会のジャルバー議長がこれまでのスタンスを転換しジュネーブ2会議に「無条件」で参加する用意があることを明らかに、アレッポ県では自由シリア軍クルド戦線旅団がヌスラ戦線と交戦し後者のアミールが死亡(2013年7月29日)

反体制勢力の動き 民主的変革諸勢力国民調整委員会の青年局の代表団が7月25、26日にスワイダー市を訪問し、ドゥルーズ派のシャイフ、アブー・ワーイル・ハンムード・ヒンナーウィー師と会談した。 クッルナー・シュラカー(7月2 … Read More

軍、国防隊、ヒズブッラーの戦闘員がヒムス県ハーリディーヤ地区の大部分を制圧、アレッポ県では軍が複数地点でシャームの民のヌスラ戦線戦闘員らを殺傷、拠点・装備を破壊(2013年7月28日)

反体制勢力の動き シリア人権監視団によると、7月16日から28日にかけての民主統一党人民防衛隊とシャームの民のヌスラ戦線、イラク・シャーム・イスラーム国の戦闘で、120人が死亡した。 うち120人のうち79人がサラフィー … Read More

ダマスカス県で戦闘を続ける反体制武装集団が統合し「首都征服戦線」を結成するなか、軍がヒズブッラー戦闘員の支援を受けつつヒムス市ハーリディーヤ地区の約60%を奪還(2013年7月27日)

シリア政府の動き シリアの外務在外居住者省と国連は共同声明を出し、化学兵器使用に関する国連調査団のアキ・セルストロム団長とアンゲラ・ケイン軍縮問題担当上級代表が24、25日にシリアを訪問、ワリード・ムアッリム外務在外居住 … Read More

民主統一党のムスリム共同党首がイスタンブールに入り外相を含むトルコ高官らと会談したと報じられるなか、シリア革命反体制勢力国民連立の代表団が国連安保理15カ国の代表と非公式会合をもつ(2013年7月26日)

クルド民族主義勢力の動き ロイター通信(7月26日付)は、複数のクルド消息筋の話として、民主統一党のサーリフ・ムスリム共同党首がトルコのイスタンブールに入ったと報じた。 『ハヤート』(7月27日付)によると、ムスリム共同 … Read More

アサド大統領がシリア民族社会党のアズマ党首を進歩国民戦線中央指導部メンバーに任命、シリア革命反体制勢力国民連立の代表団が米国務長官らと面会するも武器供与の具体的なプランについては言及されず(2013年7月25日)

シリア政府の動き クッルナー・シュラカー(7月25日付)によると、アサド大統領は、シリア民族社会党のナズィール・アズマ党首を進歩国民戦線中央指導部メンバーに任命する決定を行った。 アズマ党首はレバノンのシリア民族社会党に … Read More

各地で人民防衛隊とヌスラ戦線およびイラク・シャーム・イスラーム国の間の戦闘が激化するなか、米下院情報特別委員会はシリアの反体制勢力への武器供与を承認(2013年7月24日)

反体制勢力の動き 『ハヤート』(7月25日付)は、シリア人権監視団の話として、ハサカ県、ラッカ県の民主統一党人民防衛隊とシャームの民のヌスラ戦線とイラク・シャーム・イスラーム国の戦闘激化を受け、自由シリア軍のクルド戦線旅 … Read More

シリア人権監視団が民主統一党とサラフィー主義勢力の間で攻勢が活発化している現状に警鐘を鳴らすなか、シリア革命反体制勢力国民連立がEU外相理事会によるヒズブッラー軍事部門のテロ組織認定を歓迎(2013年7月23日)

反体制勢力の動き シリア人権監視団のラーミー・アブドゥッラフマーン代表は、AFP(7月23日付)に対して、ハサカ県、ラッカ県、アレッポ県での民主統一党によるシャームの民のヌスラ戦線、イラク・シャーム・イスラーム国への攻勢 … Read More

ヌスラ戦線のアミールを名乗るジャウラーニーが声明を出し「シャームの地で祝福されたジハード運動」を行うよう呼びかける一方、イラク・クルディスタン地域のバールザーニー大統領は、イラク、イラン、シリア、トルコのクルド人の「統一民族戦略」を設定するための大会の開催を呼びかけ(2013年7月22日)

反体制勢力の動き シャームの民のヌスラ戦線のアミールを名のるアブー・ムハンマド・ジャウラーニーはインターネット・サイトを通じて音声声明を出し「我々イスラーム教徒は、政治プロセス、政党、議会選挙を信じない。我々はシューラー … Read More

ラッカ県でイラク・シャーム・イスラーム国とクルド戦線旅団の間で人質・捕虜交換が行われるなか、シリア・クルド国民評議会は西クルディスタン社会契約を発表した民主統一党の単独行動を批判(2013年7月21日)

国内の暴力 ラッカ県では、シリア人権監視団によると、イラク・シャーム・イスラーム国が身柄拘束していたクルド人約300人を釈放したことを受け、クルド戦線旅団(自由シリア軍)がイラク・シャーム・イスラーム国のアミールを名のる … Read More

民主的変革諸勢力国民調整委員会が西クルディスタン社会契約草案に対する「断固とした拒否」を表明するなか、人民防衛隊がハサカ県およびラッカ県でヌスラ戦線などと交戦し多数の戦闘員を殺害(2013年7月20日)

シリア政府の動き サアド・ナーイフ保健大臣は、世界保健機構(WHO)のエリザベス・ホフ駐シリア代表と会談し、シリアへの人道支援の状況などについて意見を交換した。 SANA(7月20日付)が報じた。 反体制勢力の動き 民主 … Read More

トルコ外相が人民防衛隊によるラアス・アイン市制圧を「きわめて深刻な事態」として警戒するなか、ハサカ県では人民防衛隊がさらにタッル・アッルー村、スワイディーヤ村を制圧(2013年7月19日)

シリア政府の動き NNA(7月19日付)は、シリアの治安当局が、ラマダーン月に合わせてレバノン人女性服役者複数名を釈放したと報じた。 同通信社などによると、アレッポ県アアザーズ市で反体制武装集団に拉致(2012年5月)さ … Read More

人民防衛隊がラアス・アイン市近郊でシャームの民のヌスラ戦線、イラク・シャーム・イスラーム国といった武装集団と引き続き交戦するなか、西クルディスタン自治政府の基本法「西クルディスタン社会契約」草案の全文が公開される(2013年7月18日)

反体制勢力の動き ヨルダンのジハード主義潮流の指導者ムハンマド・シャラビー(アブー・サイヤーフ)は、ヨルダン治安当局が過去3日間でシリアからヨルダンに帰還しようとした戦闘員3人を逮捕したと発表した。 シャラビーによると、 … Read More

人民防衛隊がイラク・シャーム・イスラーム国やシャームの民のヌスラ戦線との戦闘の末ラアス・アイン市をほぼ制圧、民主統一党のムスリム共同党首を首班とする「西クルディスタン政府」が近く発足することが明らかに(2013年7月17日)

クルド民族主義勢力の動き 『ハヤート』(7月18日付)などによると、民主統一党人民防衛隊は、ハサカ県ラアス・アイン市で、イラク・シャーム・イスラーム国、シャームの民のヌスラ戦線をはじめとする反体制武装集団を戦闘の末に放逐 … Read More

自由シリア軍筋によってアル=カーイダがシリア北部でイスラーム国家樹立を宣言しようとしていることが明らかに、同組織は構想の実現に向けイドリブ県バーブ・ハワー市、ハーリム市の攻略を本格化(2013年7月16日)

反体制勢力の動き 『シャルク・アウサト』(7月16日付)は、自由シリア軍の指導者(匿名)が、アル=カーイダがシリア北部でイスラーム国家樹立を宣言しようとしていることを明らかにしたと報じた。 同報道によると、この計画は7月 … Read More

アレッポ県で民主統一党人民防衛隊とクルド戦線旅団が共同で管理する検問所の近くに迫撃砲弾が着弾、またシリア国内の携帯会社2社がトルコへの国際通話料を40倍に値上げ(2013年7月15日)

シリア政府の動き クッルナー・シュラカー(7月15日付)によると、モロッコの週刊紙『マー・ワラー・ハバル』などは、ファールーク・シャルア副大統領がモロッコへの「自主的亡命」をアサド大統領に進言し、拒否されていたと報じた。 … Read More

ヨルダン・ジハード主義潮流のシャラビー指導者いわく「サラフィー主義組織と自由シリア軍の世俗的な戦闘員の間の衝突は必然」、ネタニヤフ首相はCNNなどによって報じられたラタキア県に対する越境攻撃についてコメントを留保(2013年7月14日)

シリア政府の動き Damas Post(7月13日付)は、アレッポ県での反体制武装集団掃討を指揮していたシリア軍作戦司令官のムハンマド・ハドゥール准将が治安委員長を解任され、ムルシド・ダーヒル少将が後任の司令官に任命され … Read More