月別アーカイブ: 2019年5月

ヒムス県東部でダーイシュがシリア軍の兵舎を襲撃(2019年5月25日)

ヒムス県では、ダーイシュ(イスラーム国)に近いアアマーク通信(5月25日付)によると、ダーイシュが県東部砂漠地帯のウワイリド・ダム近くにあるシリア軍の兵舎を襲撃し、兵士多数を殺害した。 AFP, May 25, 2019 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

北・東シリア自治局の支配下にあるラッカ市内2カ所で爆弾が相次いで爆発(2019年5月25日)

ラッカ県では、ANHA(5月25日付)によると、北・東シリア自治局の支配下にあるラッカ市中心街にあるマシュハダーニー病院近くと市西部のジャズラ通りに仕掛けられていた爆弾が相次いで爆発し、住民1人が負傷した。 AFP, M … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア軍はイドリブ県などへの爆撃を休止する一方、シリア軍は同地への爆撃を継続(2019年5月25日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯第1ゾーンでは、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから26日目となる5月25 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから359人、ヨルダンから578人の難民が帰国、避難民8人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年5月25日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(5月25日付)を公開し、5月24日に難民937人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは359人(うち女性240人、子供183人 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする

SANAはシャーム解放機構がベルギー、フランス、モロッコの専門家の支援を受けて住民に対して塩素ガスを使用し、シリア軍の犯行と見せ掛ける作戦を準備していると伝える(2019年5月24日)

SANA(5月24日付)は、イドリブ県の複数の地元情報筋の話として、ハマー県北部とイドリブ県南部で活動を続けるシャーム解放機構が、ベルギー、フランス、モロッコの専門家の支援を受けて、住民に対して塩素ガスを使用し、シリア軍 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

トルコ与党AKP報道官「トルコとシリア政府の高官が会談をしたとしても何ら問題はない」(2019年5月24日)

トルコのオメル・チェリキ公正発展党(AKP)報道官は、「トルコとシリア政府の高官が会談をしたとしても何ら問題はない」と述べた。 チェリキ報道官は「公正発展党は、トルコの諜報機関とアサド政権の諜報機関が会合を開き、シリアで … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はフワイズ村(ハマー県)の反体制派野戦病院で防毒マスクを押収、ホワイト・ヘルメットのセンターを発見(2019年5月24日)

ハマー県では、SANA(5月24日付)によると、フワイズ村を制圧したシリア軍部隊が、反体制武装集団の野戦病院で防毒マスクと大量の医薬品を押収するとともに、ホワイト・ヘルメットのセンターを発見、彼らが武装集団と行動を共にし … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シャーム解放機構支配下のシリア北西部にシリア・ロシア軍が100回以上の爆撃を実施、「樽爆弾」67発を投下、砲弾680発以上を撃ち込む(2019年5月24日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯第1ゾーンでは、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから25日目となる5月24 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

スカイ・ニュースの特派員は取材のために同行していた反体制武装集団への攻撃を取材クルーへの意図的攻撃だと伝える(2019年5月23日)

スカイ・ニュース(5月23日付)は、イドリブ県で反体制武装集団に取材を行う取材チームがシリア軍に意図的に狙われていると伝え、廃墟となった建物のなかで取材チームがシリア軍の攻撃に曝されている映像を配信した。 イドリブ県で取 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シャーム解放機構はイドリブ市でダーイシュ摘発に向け厳戒態勢を敷く(2019年5月23日)

イドリブ県では、シャーム解放機構に近いイバー・ネット(5月24日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)がシリア・ロシア軍の攻撃に乗じて破壊工作を計画しているとの情報を受けて、シャーム解放機構の治安機関がイドリブ市内で厳 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ジェフリー米国務省シリア問題担当特使「YPG主体のシリア民主軍は軍事的パートナーに過ぎず、彼らに借りはあるが、政治的未来を示すことはない」(2019年5月23日)

ジェームズ・ジェフリー米国務省シリア問題担当特使は米下院外交委員会での公聴会で、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍との関係に関して、軍事的パートナーに過ぎず、政治的に協力する計画はないと述べた。 ジェフリー特使は以下 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

北・東シリア自治局の支配下にあるタッル・タムル町の入口でオートバイに乗った男が自爆(2019年5月23日)

ハサカ県では、ANHA(5月23日付)によると、北・東シリア自治局の支配下にあるタッル・タムル町の入口でオートバイに乗った男が自爆した。 住民が町に入るのを阻止したために、死傷者はなかったという。 AFP, May 23 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア・シリア軍がイドリブ県、ハマー県を激しく爆撃、シャーム解放機構はザーラ火力発電所をドローンで爆撃(2019年5月23日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯第1ゾーンでは、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから24日目となる5月23 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから405人、ヨルダンから540人の難民が帰国、避難民384人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者370人)が帰宅(2019年5月23日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(5月23日付)を公開し、5月22日に難民945人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは405人(うち女性122人、子供207人 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする

米国務省報道官はラタキア県でのシリア軍による化学兵器攻撃疑惑に関して「もしアサド政権が化学兵器を使用したら、米国とその同盟国は即座にそして適切に対応する」と警告(2019年5月22日)

米国務省のモーガン・オータガス報道官は、シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構に近いイバー・ネットが19日にラタキア県クルド山地方カッバーナ村近郊のクナイバ丘をシリア軍が塩素ガスを装填した砲弾で攻撃したと伝えた … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

フランス外務省はラタキア県でシリア軍が化学兵器を使用したとの反体制派情報に関して、OPCWが調査すべきと発表(2019年5月22日)

フランス外務省は声明を出し、シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構に近いイバー・ネットが19日にラタキア県クルド山地方カッバーナ村近郊のクナイバ丘をシリア軍が塩素ガスを装填した砲弾で攻撃したと伝えたことに関して … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコのアカル国防大臣「シリア軍がイドリブ県を攻撃しても、トルコ軍監視所は撤退させない」(2019年5月22日)

トルコのフルシ・アカル国防大臣は、シリア・ロシア軍がイドリブ県を中心とする緊張緩和地帯への攻撃を激化させていることに関して、同地に設置されているトルコ軍の監視所を撤収することはないと述べた。 アカル国防大臣は「(アサド) … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア国防省は反体制派がフマイミーム航空基地を砲撃したと発表(2019年5月22日)

ロシア国防省は声明を出し、イドリブ県の緊張緩和地帯で活動する「テロリスト」がラタキア県のフマイミーム航空基地に向けてロケット弾8発を発射、ロシア軍がこれを撃破したと発表した。 AFP, May 22, 2019、ANHA … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍がカフルヌブーダ町(ハマー県)で反体制武装集団戦闘員30人以上殲滅する一方、マアッラト・ヌウマーン市(イドリブ県)を爆撃、民間人12人が死亡(2019年5月22日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯第1ゾーンでは、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから23日目となる5月22 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アスマー大統領夫人がハマー市にある義肢センターを訪問(2019年5月22日)

大統領府は、アスマー・アフラス大統領夫人が、ハマー市にある義肢センターを訪問したと発表、その映像や写真をフェイスブックの公式アカウントで公開した。 AFP, May 22, 2019、ANHA, May 22, 2019 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする