投稿者「SyriaArabSpring」のアーカイブ

新興のアル=カーイダ系組織のフッラース・ディーンはロシア・トルコ首脳によるイドリブ県での非武装地帯設置合意を拒否(2018年9月22日)

新興のアル=カーイダ系組織のフッラース・ディーンは声明を出し、17日のロシア・トルコ首脳によるイドリブ県での非武装地帯設置合意に関して、「我々は声明(設置合意)、そしてイドリブ県をめぐる諸々の会議を拒否する」と表明した。 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

国民解放戦線はロシア・トルコ首脳によるイドリブ県での非武装地帯設置合意を「トルコの勝利」と絶賛しつつ、「ロシアを信用しない」と批判、革命の継続を強調(2018年9月22日)

イドリブ県で活動を続ける国民解放戦線は声明を出し、17日のロシア・トルコ首脳によるイドリブ県での非武装地帯設置合意に関して、「トルコ外交の大いなる努力と明白な勝利」と称賛しつつも、「敵国ロシアを信用しない」と非難、「我々 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

トルコ日刊紙「米CIAはロジャヴァ支配下で3,000人以上のスパイを養成、モサドの工作員も70人以上が潜入」(2018年9月22日)

トルコ日刊紙『イェニ・シャファク』(9月22日付)は、シリア諜報機関(ムハーバラート)の元高官だというアフマド・ジャービル氏の情報として、「米国の諜報機関は、過去2年間に、ハサカ市、ラッカ市、ダイル・ザウル市、マンビジュ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍によるダイル・ザウル県での「テロ駆逐の戦い」に合わせて、イラク軍も国境地帯で大規模作戦開始(2018年9月22日)

ダイル・ザウル県では、ANHA(9月22日付)によると、「テロ駆逐の戦い」を続行する西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がハジーン市一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。 … 続きを読む

カテゴリー: イラクの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ハマー県北部の地元評議会27団体がロシア・トルコ首脳によるイドリブ県での非武装地帯設置合意を拒否(2018年9月22日)

ハマー県北部の地元評議会27団体が共同声明を出し、17日のロシア・トルコ首脳によるイドリブ県での非武装地帯設置合意に関して、シリア国民の意思を反映していないと批判、合意を拒否する姿勢を示した。 共同声明は、「我々は(ジャ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

スプートニク・ニュースはヌスラ戦線(シャーム解放機構)がダーイシュと新興のアル=カーイダ系組織にサリン・ガスや塩素ガスの入ったボンベ6本を引き渡したと伝える(2018年9月22日)

スプートニク・ニュース(9月22日付)は、イドリブ県の複数の消息筋の話として、シャームの民のヌスラ戦線(現シャーム解放機構)が、ダーイシュ(イスラーム国)とアンサール・タウヒードを名のる武装集団に、サリン・ガスや塩素ガス … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

シリア外務省はイラン南西部アフワズ市で発生した軍事パレード襲撃事件を非難、アサド大統領はロウハーニー大統領に弔意(2018年9月22日)

外務在外居住者大臣高官は、イラン南西部アフワズ市で発生した軍事パレード襲撃事件に関して、もっとも厳しい表現で非難の意を表明した。 またアサド大統領も、ハサン・ロウハーニー大統領に電文を送り、事件を非難するとともに、犠牲者 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

SANA:米主導の有志連合がダイル・ザウル県南部で空挺作戦を実施し、ダーイシュ幹部を連れ去る(2018年9月22日)

ダイル・ザウル県では、SANA(9月22日付)が地元消息筋の話などとして伝えたところによると、米主導の有志連合所属の航空機(ヘリコプター)複数機が県南部のマラーシダ村近郊のダーイシュ(イスラーム国)支配地域で空挺作戦を実 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:難民107人が新たに帰国、避難民388人が新たに帰宅(2018年9月22日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(9月22日付)を公開し、9月21日に難民107人(うち女性31人、子供55人)が新たに帰国したと発表した。 これにより、2018年7月18日以降に帰国 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

カルヤタイン殉教者旅団はヨルダン北東部のラクバーン・キャンプのシリア難民にシリア北部への同行を呼びかける、『ハヤート』によるとその数は3,000人強(2018年9月21日)

米主導の有志連合の占領下にあるヒムス県タンフ国境通行所一帯(55キロ地帯)で活動を続けてきたカルヤタイン殉教者旅団は、ヨルダン北東部の国境地帯にあるラクバーン・キャンプに身を寄せるシリア難民に向けて声明を出し、「同キャン … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

トルコ諜報機関はテロリストとムハーバラートを含む400人からなる逮捕者リストを作成(2018年9月21日)

トルコ日刊紙『イェニ・シャファク』(9月21日付)は、トルコの諜報機関が、イドリブ県で活動するトルキスタン・イスラーム党、ダーイシュ(イスラーム国)のメンバーら「テロリスト」や、シリアの諜報機関(ムハーバラート)の工作員 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

反体制系サイトのドゥラル・シャーミーヤ:住民のほとんどは「スレブレニツァの虐殺」が繰り返されるのを懸念している(2018年9月21日)

反体制系サイトのドゥラル・シャーミーヤ(9月21日付)は、イドリブ県の反体制派支配地域で住民を対象とする世論調査を実施したと主張、そのほとんどがロシア・トルコ首脳会談での非武装地帯設置にかかる合意に従い、反体制派が重火器 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする