投稿者「SyriaArabSpring」のアーカイブ

イラン・イスラーム革命防衛隊のジャアファリー総司令官はシリア国内に10万の「イランの部隊」がいると発表(2019年3月17日)

イラン・イスラーム革命防衛隊のモハンマド・アリー・ジャアファリー総司令官(少将)は、シリアに駐留するいわゆる「イランの部隊」の数を初めて明らかにした。 ファルス通信(3月17日付)によると、ジャアファリー総司令官は「シリ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シャーム解放機構はイドリブ中央刑務所脱獄犯の追跡を継続、追い詰められたダーイシュ・メンバーが自爆(2019年3月17日)

イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(3月17日付)によると、シャーム解放機構が13日のロシア軍によるイドリブ中央刑務所への爆撃に乗じて脱獄した服役者を摘発するための大規模な捜索活動を行った。 捜索活動はサルミーン市、 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア政府との和解に応じたアル=カーイダ系組織の元幹部が空軍情報部に拘束され、拷問の末に死亡(2019年3月17日)

ノールス研究センター(3月17日付)は、昨年5月の緊張緩和地帯第2ゾーン(ヒムス県北部、ハマー県南部)でのシリア政府との和解に応じていたアル=カーイダ系組織の一つシャーム自由人イスラーム運動の幹部イブラーヒーム・ウバイド … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シャーム解放機構は過去20日間の戦闘でシリア軍将兵、イラン人士官1人、ロシア軍狙撃兵4人を含む100人以上を殺害したと発表(2019年3月17日)

シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構は2月25日にイドリブ県一帯で開始した「信者の民の胸を癒やす」作戦の成果を示したインフォグラフィアを発表した。 それによると、シャーム解放機構はシリア軍将兵、イラン人士官1人、 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ムアッリム外務在外居住者大臣はペデルセン・シリア問題担当国連特別代表との会談で「憲法とそれに関連するすべてが主権にかかわる問題で、外国が介入せずにシリア国民がこれを決定する」と強調(2019年3月17日)

ゲイル・ペデルセン・シリア問題担当国連特別代表がシリアを訪問し、ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣兼副首相と会談し、制憲委員会設置などシリア危機の解決に向けた政治プロセスについて意見を交わした。 ムアッリム外務在外居 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍はバーグーズ村で投降したダーイシュ・メンバーの家族が3万人弱、脱出した住民が3万5000人に達すると発表、米主導の有志連合の爆撃で住民10人死亡(2019年3月17日)

人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍のキーヌー・ガーブリイール報道官は声明を出し、ダイル・ザウル県南東部でのダーイシュ(イスラーム国)の殲滅を目的として2018年9月11日に開始された「テロ撲滅の戦い」の最新の戦果を発 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコ軍部隊が非武装地帯での監視のためにシリア領内に入るなか、シリア軍はハマー県北部のシャーム解放機構拠点を砲撃(2019年3月17日)

ハマー県では、SANA(3月17日付)によるとシリア軍がカルアト・マディーク町一帯でシャーム解放機構などの反体制武装集団の拠点を砲撃した。 一方、シリア人権監視団によると、シリア軍はムーリク市を砲撃した。 ** イドリブ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから203人、ヨルダンから676人の難民が帰国、避難民90人が帰宅(2019年3月17日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(3月17日付)を公開し、3月16日に難民879人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは203人(うち女性46人、子供78人)、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シャーム解放機構はイドリブ中央刑務所脱獄犯に「出頭すれば減刑する」と呼びかける(2019年3月16日)

シャーム解放機構は声明を出し、13日のイドリブ中央刑務所に対するロシア軍の爆撃に乗じて脱獄した服役者らに対して、出頭すれば減刑すると呼びかけた。 AFP, March 17, 2019、ANHA, March 17, 2 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

米主導の有志連合がダイル・ザウル県南東部のダーイシュ支配地を爆撃し、住民が死傷(2019年3月16日)

ダイル・ザウル県では、SANA(3月16日付)が複数の住民の情報として伝えたところによると、米主導の有志連合がダーイシュ(イスラーム国)最後の支配地である(上)バーグーズ村一帯を爆撃し、住民複数が死傷した。 一方、人民防 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリアの伝統芸能の影絵芝居がUNESCO「緊急に保護する必要がある無形文化遺産」に登録されたことを記念し、ダマスカスで記念式典が行われ、アスマー大統領夫人が出席(2019年3月16日)

シリアの伝統芸能の影絵芝居がUNESCO(国連教育科学文化機関)の「緊急に保護する必要がある無形文化遺産」に登録されたことを記念して、首都ダマスカスのタキーヤ・スライマーニーヤで記念式典が行われた。 「緊急に保護する必要 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ハマー県でシリア軍は反体制武装集団と交戦(2019年3月16日)

ハマー県では、SANA(3月16日付)によると、シリア軍がシャリーア村、トゥワイナ村一帯からカリーム村方面に潜入しようとした反体制武装集団を迎撃した。 シリア軍はまた、ジャマーサ村、一帯、カフルヌブーダ町西一帯を砲撃した … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから406人、ヨルダンから971人の難民が帰国、避難民108人が帰宅(2019年3月16日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(3月16日付)を公開し、3月15日に難民1,160人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは406人(うち女性122人、子供20 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ジェフリー米国務省シリア問題担当特使「シリア駐留米軍の撤退にかかる日程は存在しない」(2019年3月15日)

ジェームズ・ジェフリー米国務省シリア問題担当特使はロイター(3月15日付)に対して、「シリア駐留米軍の撤退にかかる日程は存在しない」と述べた。 ジェフリー特使はまた「我々はシリアとイラクに1万5000~2万人のダーイシュ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

UAEはダマスカス県郊外での観光プロジェクトを再開(2019年3月15日)

UAE(アラブ首長国連邦)は、「アラブの春」がシリアに波及した2011年以降中断していた首都ダマスカス西のサブーラ町(ダマスカス郊外県)での観光プロジェクト「ハムス・シャーマート」(五つの頬ほくろ)を再開し、40米ドルを … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ダルアー県の反体制活動家は「シリア革命」8周年に合わせてアサド前大統領の銅像にサンダルをくわえさせた写真を拡散(2019年3月15日)

ドゥラル・シャーミーヤ(3月15日付)は、「シリア革命」8周年に合わせて、ダルアー県ダーイル町の若者が、ハーフィズ・アサド前大統領の銅像にサンダルをくわさせた写真を撮影し、#رح يقع(倒れるだろう)というハッシュタグ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

サウジアラビアのジュバイル外務担当国務大臣「シリア危機の解決がイランの部隊、そして民兵の撤退をもたらすべき」(2019年3月14日)

サウジアラビアのアーディル・ジュバイル外務担当国務大臣は、ベルギーのブリュッセルで12日に開幕した国際会議「ブリュッセル3大会:シリアと地域の未来の支援」で、シリア危機の解決によって、イランの部隊(イラン・イスラーム革命 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ダイル・ザウル県南東部でダーイシュ戦闘員数十人がYPG主体のシリア民主軍に投降(2019年3月15日)

ダイル・ザウル県では、ANHA(3月15日付)によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が総攻撃を続けるダーイシュ(イスラーム国)最後の支配地(上)バーグーズ村で、負傷したダーイシュ戦闘員数十人がシリア民主軍に新た … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

北・東シリア自治局はフランスにフランス籍のダーイシュ戦闘員の子供5人の身柄を引き渡す(2019年3月15日)

北・東シリア自治局の渉外局は声明を出し、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が拘束・拘留していたダーイシュ(イスラーム国)戦闘員およびその家族のうち、フランス国籍の児童5人の身柄をフランスに引き渡したと発表した。 身柄 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍に所属するマンビジュ軍事評議会はマンビジュ市でダーイシュのスリーパーセルを摘発(2019年3月15日)

アレッポ県では、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に所属するマンビジュ軍事評議会の広報センターによると、同評議会テロ撲滅部隊がマンビジュ市でダーイシュ(イスラーム国)のスリーパーセルのメンバー5人を拘束した。 5人は … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする