月別アーカイブ: 2011年7月

ハマー市、ダイル・ザウル市、ダマスカス郊外県などで当局による治安回復作戦が激化、「ハマー虐殺」の再発との非難を呼ぶ(2011年7月31日)

ラマダーンを間近に控え、ハマー市、ダイル・ザウル市、ダマスカス郊外県などシリア各地で軍・治安部隊による治安回復作戦が激化し、約150人が殺害、約400人が負傷、また反体制抗議行動に参加した市民ら数百人が逮捕された。 とり … Read More

ダマスカス県内の大規模捜索活動によって500人が逮捕される、「自由シリア軍」はダイル・ザウルで当局が実施する治安作戦に関し警告(2011年7月30日)

「君たちの沈黙が我々を殺す」金曜日での衝突で死亡した死者数が新たに発表された。SWASIAHなど複数の人権組織・活動家によると、死者数は20人、負傷者数は35人以上におよんだ。 またこの犠牲者たちとは別に、ダイル・ザウル … Read More

ラマダーン月が近づくも軍・治安部隊による弾圧が激化、元シリア軍上官によって「自由シリア軍」の発足が発表される(2011年7月29日)

ラマダーン月を間近に控え、軍治安部隊による弾圧が激しさを増している。軍治安部隊は、礼拝者のモスクへの携帯電話持ち込み禁止、検問所設置を通じた「都市間の遮断」、モスク包囲、イマーム逮捕、催涙ガス発射、50歳以下の礼拝者の( … Read More

EUはアサド政権高官に対する制裁を「拡大」することで合意、ヒズブッラーは同政権によるデモ弾圧への非関与を改めて表明(2011年7月28日)

フェイスブックで反体制活動家が「君たちの沈黙が我々を殺す金曜日」と銘打ったデモが呼びかけられるなか、シリアの軍治安部隊はダマスカス郊外での治安維持活動を強化した。 複数の人権活動家によると、一昨日晩から昨日にかけて、ダマ … Read More

サファル内閣が総選挙法案を閣議承認、仏大統領は「シリアの体制には今や何らの希望もない」と述べる(2011年7月27日)

シリア人権国民機構のアンマール・カルビー所長によると、ダマスカス郊外県カナーキル村は早朝から村内で家宅捜索・逮捕が行われ、7歳と11歳の子供2人を含む少なくとも住民11人が殺害され、250人以上が逮捕された。またカルビー … Read More

イドリブ県で治安維持作戦が強化、ダマスカス、ダルアー、ラタキア、ハサカなどでアサド大統領を支持するデモ(2011年7月26日)

シリア革命調整連合は、首都ダマスカス中心部のウマイヤ・モスク近くのブズーリーヤ市場で昨日初めて数百人がデモを行ったと述べた。   デモにはダマスカス県内のマイダーン地区、バグダード通り、ミドハト・パーシャー通り … Read More

サファル内閣が政党法案を閣議承認する一方、イラクのジハード主義者たちがシリアの反体制運動を支持していると報じられる(2011年7月25日)

反体制勢力の動き シリア・クルド人権一般的自由擁護機構(DAD)、シリア人権国民機構、シリア人権機構(Maf)、シリア・アラブ人権機構、シリア・クルド人権委員会(監視団)、シリア民主的自由人権擁護諸委員会(CDF)が共同 … Read More

ヒムス市に軍部隊が重点的に展開、市内の人権状況は「劣悪」に(2011年7月24日)

シリア政府の動き SANA(7月24日付)によると、シリア大統領は、ダイル・ザウル県のフサイン・アルヌース県知事をクナイトラ知事に異動し、サミール・ウスマーン・シャイフ氏をダイル・ザウル県新知事に任命した。 ** シリア … Read More

ヒムス県で「テロ破壊集団による」列車脱線事故が発生、国連事務総長特別顧問らがシリアにおける「人道に対する罪」に関して警告(2011年7月23日)

シリア政府の動き SANA(7月23日付)によると、ヒムス県で「武装テロ集団」に殺害された兵士の葬儀がヒムス軍事病院で行われた。 国内の暴力 ヒムス県では、内務省声明によると、ヒムス市北西に位置するスーダー地方を走る列車 … Read More

各地でヒムス市との連帯を訴える反体制デモが起こるなか、カーミシュリー市ではデモ参加者と治安部隊で「初めて」衝突が発生(2011年7月22日)

シリア政府の動き ファールーク・シャルア副大統領は、『ハヤート』のダマスカス支局長ら記者4人と懇談し、シリア国内情勢などについて語った。 シャルア副大統領は懇談のなかで、アサド大統領による包括的改革プログラムの行程に沿っ … Read More

ダマスカス県で当局による大規模逮捕作戦が実施される、仏当局は前日のムアッリム外務大臣の発言に反論(2011年7月21日)

反体制勢力の動き 反体制活動家はインターネットを通じて7月22日を「ハーリドの子孫たちの金曜日」と銘打ち、各地で反体制デモを行うよう呼びかけた。 「ハーリド」とはヒムス市に埋葬されているアラブの指導者ハーリド・ブン・ワリ … Read More

スワイダー市でアサド大統領を支持する集会に数万人が参加、国連事務総長はシリアでの「暴力の激化」を改めて非難(2011年7月20日)

シリア政府の動き ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣は、「シリアの家族(国民)は国民統合を維持し」、その感情も穏やかであると述べた。 AFP(7月20日付)によると、ムアッリム外務在外居住者大臣は、米大使や仏大使のハ … Read More

ヒムス県内の混乱が継続、ワタン紙は「ヒムス市は悪夢のなかにいる」と報じる(2011年7月19日)

国内の暴力 ヒムス県では、『ハヤート』(7月20日付)によると、ヒムス市で18日以降、軍・治安部隊によって、少なくとも17人の民間人が殺害された。 これに関して、シリア革命調整連合に属するヒムス国内調整委員会のアブドゥッ … Read More

クナイトラ県でアサド大統領を支持するデモが発生するなか、カタールが駐シリア大使を引き上げ(2011年7月18日)

シリア政府の動き シリア内務省は声明を出し、ヒムス市での治安悪化に関して、「オートバイに乗った覆面集団が国民の集会に乗じて、テロ破壊行為を行い…市民の平和を乱そうとしている」と発表した。 ** シリア学生国民連合のアンマ … Read More

ダマスカス県で「第1回世俗主義大会」が開催、ダマスカス県ではアサド大統領を支持する数十万の市民が広場に集結(2011年7月17日)

反体制勢力の動き 『ハヤート』(7月18日付)によると、ダマスカス県で「第1回世俗主義大会」が開催され、「共生」のスローガンのもと約100人が参加した。 シリア人権ネットワークと世俗主義青年運動が主催したこの大会は「世俗 … Read More

イスタンブールで「国民救済大会」が開催され、反体制派内の潮流の対立が浮き彫りに(2011年7月16日)

反体制勢力の動き トルコのイスタンブールで反体制活動家が「国民救済大会」を開催した。 しかし、『ハヤート』(7月17日付)などによると、会合では主席者の間で意見の相違が露呈した。 対立は、反体制活動家の会合にオブザーバー … Read More

反体制活動家らが「国民救済大会」の開催を宣言するも、シリア革命調整連合がボイコットを表明(2011年7月15日)

反体制勢力の動き 「影の内閣」発足をめざすハイサム・マーリフ弁護士ら「国内外のシリア愛国主義者たち」を名乗る反体制活動家が声明を出し、「「国民救済大会」を7月16日土曜日にダマスカス(カーブーン区)とイスタンブールで同時 … Read More

米国務省高官がムアッリム外務在外居住者大臣と電話会談し、米国大使館襲撃の責任をめぐってシリア政府を非難(2011年7月14日)

反体制勢力の動き シリア革命調整連合は7月15日を「自由の捕虜たちの金曜日」と銘打って、各地で反体制デモを行い、逮捕者数千人の即時釈放を求めるよう呼びかけた。 ** 『ハヤート』(7月15日付)によると、反体制活動家のハ … Read More