シリア国内の暴力(2014年8月19日)

ハマー県では、シリア人権監視団によると、カムハーナ町をジハード主義武装集団(自由シリア軍)が砲撃し、女児1人が死亡した。

またサラミーヤ市郊外のタイバ村一帯、クバイバート村でシリア軍とジハード主義武装集団(自由シリア軍)が交戦、女性1人、女児2人を含む4人が死亡した。

さらにスマート・ニュース(8月19日付)によると、ムーリク市北部および東部郊外で、シリア軍と「自由シリア軍」が交戦し、軍兵士6人が死亡、また「自由シリア軍」が浜0航空基地を砲撃し、軍兵士多数が死亡したという。

**

ダルアー県では、SANA(8月19日付)によると、シリア軍がアトマーン村周辺のガズラーン農場、ビータール農場などを制圧、「テロリスト」(シャームの民のヌスラ戦線)の拠点複数カ所を破壊し、同村を完全包囲した。

またシリア軍はヤードゥーダ村でもヌスラ戦線の拠点複数カ所を破壊したという。

これに関して、ダルアー市の活動家のムハンマド・ヒサーン氏は、ARA News(8月19日付)に対して、シリア軍がアトマーン村で毒ガスを使用し、「自由シリア軍」戦闘員5人が呼吸困難などを訴えたと主張した。

SANAによると、シリア軍は、このほかにもダルアー市ビラール・ハバシー・モスク北部、サジュナ地区、バジャービジャ地区で反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

SANA, August 19, 2014

SANA, August 19, 2014

**

クナイトラ県では、SANA(8月19日付)によると、アイン・ダルブ村からクムーナ村に潜入しようとした武装テロ集団がシリア軍が撃退した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、サアサア町、フサイニーヤ町郊外の農場で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、ヤルムーク区パレスチナ通りで、シリア軍、国防隊が反体制武装集団が交戦し、軍が同地を砲撃した。

この戦闘で、国防隊隊員多数が死亡したという。

一方、SANA(8月19日付)によると、「国民和解合意」(停戦合意)が発効を受け、カダム区でのインフラ復旧作業が開始された。

**

ヒムス県では、SANA(8月19日付)によると、ヒムス市ワアル地区、バルグーティーヤ村、ウンム・リーシュ村、ワディーヒー村、ウンク・ハワー村・ラッフーム村間、アクラブ町、ガジャル村などで、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, August 19, 2014、AP, August 19, 2014、ARA News, August 19, 2014、Champress, August 19, 2014、al-Hayat, August 20, 2014、Kull-na Shuraka’, August 19, 2014、al-Mada Press, August 19, 2014、Naharnet, August 19, 2014、NNA, August 19, 2014、Reuters, August 19, 2014、SANA, August 19, 2014、SMART News, August 19, 2014、UPI, August 19, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.