2014年1月31日のシリア情勢:諸外国の動き

フランスのフランソワ・オランド大統領とデヴィッド・キャメロン英首相は英ブライズノートン空軍基地で会談し、シリア情勢などについて協議した。

会談後、オランド大統領は、シリアへ渡航し、ジハード主義武装集団とともに戦闘に参加している英国人やフランス人の若者の動向を両国が共同で追跡することで合意したと述べた。

**

アフダル・ブラーヒーミー共同特別代表はジュネーブの国連本部で、シリア政府代表団とシリア革命反体制勢力国民連立代表団の会合(直接会談)を開催した。

前日に引き続き、シリア政府代表団はバッシャール・ジャアファリー国連代表大使によって、連立代表団はハーディー・バフラ氏によって率いられた。

**

アフダル・ブラーヒーミー共同特別代表は記者会見で、ジュネーブ2会議の会合を振り返り、「困難な始まりだったが、両当事者は一つの部屋で席をともにすることに慣れてきた…。非常にゆっくり前進してはいるが…、控え目な始まりだった。しかし、(今後の会合で)よって立つことができる始まりだ」と述べた。

そのうえで政府代表団、シリア革命反体制勢力国民連立代表団双方が以下10点を確認し合うという成果が達成されたと自己評価した。

1. 政治的解決に向けてジュネーブ合意を完全履行するため議論に専念すること。

2. ジュネーブ合意を完全実施するために、移行期統治機関の設置が必要であること。

3. 暴力を停止させることが火急に必要であること。

4. 外国が干渉することなく、シリア国民がシリアの将来を決しなければならないこと。

5. シリアの主権、独立の維持、領土保全。

6. 多様性、調和、寛容を特徴とするシリアの文化遺産、歴史を繁栄した未来を建設すること。

7. 民主的シリアの建設。

8. 人道支援問題への早急な対処、逮捕者、失踪者問題への取り組み。

9. 国家機関、公共サービスの改善を通じた国民の安全・治安の確保。

10. 過激主義、暴力の拒否。

また直接会合を2月10日に再開し、具体的な論点を議論する旨、両当事者に提案し、政府代表団からは「ダマスカスとまず協議する」との回答を得たことを明らかにした。

**

シリア革命反体制勢力国民連立のアフマド・ウワイヤーン・ジャルバー議長は記者会見で、ジュネーブ2会議の会合を振り返り「ジュネーブ合意への原則合意以外に、アサド政権の代表が真摯な誓約の発言はなかった」としたうえで、「我々の革命を自衛するため、質量両面でさらなる武装化を進め、我々の要求と尊厳を守り、バッシャール・アサドの権限を剥奪するため、ジュネーブ合意を文言通り遵守するよう政権に迫る」と強調した。

またシリア革命反体制勢力国民連立のルワイユ・サーフィー報道官は記者会見で、ジュネーブ2会議の交渉を振り返り、「唯一の進展があるとすれば、ジュネーブ合意の枠組みのなかで政権が交渉に応じたこと」だと述べた。

**

ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣は、ジュネーブ2会議の交渉を振り返り、「残念ながら、今週の対話で具体的な結果に至ることはなかった…。なぜなら第1に、先方が何度も退席すると協約するなど、真剣さと成熟度を欠いていたからだ…。第2に、米国がジュネーブ2大会を緊張した雰囲気に陥れようと…、先方に武装を促すなど、あからさまに内政干渉したからだ」と述べた。

SANA, January 31, 2014

SANA, January 31, 2014

SANA(1月31日付)などによると、ジュネーブ2会議の会場となった国連本部前ではシリア人数百人が集まり、アサド大統領の写真、シリア国旗などを掲げ、シリア国民、シリア軍への支持を表明、またテロ反対を訴えた。

 

SANA, January 31, 2014

SANA, January 31, 2014

 

**

UNRWA報道官は、前日に引き続き、ダマスカス県ヤルムーク区に人道支援物資が搬入され、配給作業を行ったと発表した。

AFP, January 31, 2014、AP, January 31, 2014、Champress, January 31, 2014、al-Hayat, January 31, 2014、Iraqinews.com, January 31, 2014、Kull-na Shuraka’, January 31, 2014、Naharnet, January 31, 2014、NNA, January 31, 2014、Reuters, January 31, 2014、Rihab News, January 31, 2014、SANA, January 31, 2014、UPI, January 31, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク