国民安全保障会議がハサカ市、カーミシュリー市でハーフィズ・アサド前大統領の写真、記念碑の撤去を指示(2015年11月8日)

ARA News(11月8日付)は、ハサカ市内の複数の公務員(匿名)からの話として、シリアの治安機関(ムハーバラート)を統轄する国民安全保障会議がハサカ県でシリア政府の支配下にとどまるハサカ市およびカーミシュリー市内からハーフィズ・アサド前大統領の写真や記念碑を撤去するよう支持する決定を発令した、と伝えた。

AFP, November 8, 2015、AP, November 8, 2015、ARA News, November 8, 2015、Champress, November 8, 2015、al-Hayat, November 9, 2015、Iraqi News, November 8, 2015、Kull-na Shuraka’, November 8, 2015、al-Mada Press, November 8, 2015、Naharnet, November 8, 2015、NNA, November 8, 2015、Reuters, November 8, 2015、SANA, November 8, 2015、UPI, November 8, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク