シリア政府の動き」カテゴリーアーカイブ

ヒムス県スフナ市近郊の砂漠地帯でシリア軍とダーイシュの戦闘再燃、ロシア軍が爆撃(2020年7月10日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、スフナ市近郊の砂漠地帯でシリア軍とダーイシュ(イスラーム国)の戦闘が再燃、ロシア軍が同地を爆撃した。 AFP, July 10, 2020、ANHA, July 10, 2020、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ハサカ県で米国のシーザー・シリア市民保護法に抗議するデモ、シリア軍が米軍の進行を阻止(2020年7月10日)

ハサカ県では、SANA(7月10日付)によると、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるカーミシュリー市近郊のクサイル村で住民が、米国のシーザー・シリア市民保護法と外国軍の不法駐留に抗議するデモを行い、制裁解除と … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

シリアのOPCW常駐代表は執行理事会の決議を「至極政治化したもの」と非難(2020年7月10日)

化学兵器禁止機関(OPCW)常駐代表のバッサーブ・サッバーグ大使は、2017年3月にハマー県ラターミナ町での化学兵器攻撃へのシリア軍の関与を非難した9日のOPCW執行理事会の決議に関して、「至極政治化したもの」としたうえ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

保健省は新たに22人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者2人が死亡したと発表(2020年7月10日)

保健省は新たに22人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者2人が死亡したと発表した。 これにより、7月10日現在のシリア国内での感染者数は計394人、うち死亡したのは16人、回復したのは126人となった。 一 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ラタキア県、ハマー県でシリア軍と「決戦」作戦司令室が激しく交戦(2020年7月10日)

イドリブ県の緊張緩和地帯(第1ゾーン)は、ロシア・トルコが3月5日の首脳会談で停戦に合意してから127日目を迎えた。 ** ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が「決戦」作戦司令室の支配下にあるトルコマン山 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

『シャルク・アウサト』:マーヒル・アサド准将に近い士官7人が相次いで死亡(2020年7月9日)

『シャルク・アウサト』(7月9日付)は、マーヒル・アサド准将に近い士官の暗殺が相次いでいる、と伝えた。 同紙によると、この2週間で准将5人、大佐2人が相次いで死亡していると伝えた。 暗殺された士官は以下の通り: アリー・ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 | コメントする

アサド大統領のいとこでビジネスマンのマフルーフ氏はフェイスブックで社員の家族(女性たち)が不当に逮捕されていると不満を表明(2020年7月9日)

アサド大統領のいとこでビジネスマンのラーミー・マフルーフ氏は、自身のフェイスブックの公式アカウント(https://www.facebook.com/RamiMakhloufSY/)にメッセージを投稿し、社員の家族(女性 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

国連ジュネーブ事務局シリア常駐代表は米国、イスラエル、トルコが、ドローンによる軍事攻撃や国家テロを激化させていると非難(2020年7月9日)

国連ジュネーブ事務局シリア常駐代表のフサームッディーン・アーラーン大使は、ジュネーブで開催された人権理事会での会合で、米国、イスラエル、トルコが、無人航空機(ドローン)による軍事攻撃や国家テロを激化させていると非難した。 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

イドリブ県でシリア軍と「決戦」作戦司令室が交戦(2020年7月9日)

イドリブ県の緊張緩和地帯(第1ゾーン)は、ロシア・トルコが3月5日の首脳会談で停戦に合意してから126日目を迎えた。 ** イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が「決戦」作戦司令室の支配下にあるザーウィヤ山 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリアとイランは「テロとの戦い」を継続するため包括軍事協定を締結(2020年7月8日)

イランのモハンメド・バーゲリー国防大臣兼参謀総長(少将)がシリアを訪問、首都ダマスカスでアリー・アブドゥッラー・アイユービー国防大臣とともに包括軍事協定に署名した。 包括軍事協定は、「テロとの戦い」を継続することなどを目 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県、アレッポ県での戦闘でシリア軍兵士1人、国民解放戦線戦闘員1人が死亡(2020年7月8日)

イドリブ県の緊張緩和地帯(第1ゾーン)は、ロシア・トルコが3月5日の首脳会談で停戦に合意してから125日目を迎えた。 ** イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が「決戦」作戦司令室の支配下にあるザーウィヤ山 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ハマー県でシリア軍とダーイシュが激しく交戦し、ロシア軍が爆撃する一方、ハサン准将がラッカ県西部を視察(2020年7月7日)

ハマー県では、シリア人権監視団によると、アレッポ県とラッカ県の県境に近いイスリヤー村一帯の三角地帯で、ダーイシュ(イスラーム国)がシリア軍と親政権民兵を攻撃し、激しい戦闘となった。 この戦闘で、シリア軍兵士11人、ダーイ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

第3期人民議会選挙:スワイダー県の選挙管理委員会は投票所345カ所の配置を決定(2020年7月7日)

最高司法選挙委員会(選挙管理委員会)スワイダー県司法分科会のイフサーン・ファフド委員長は、7月19日に投票が予定されている第3期人民議会選挙の投票所の配置を画定した。 ファフド委員長によると設置される投票所は345カ所。 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ロシア軍とトルコ軍がM4高速道路で20回目となる合同パトロールを実施、ビダーマー町に初めて到達(2020年7月7日)

イドリブ県の緊張緩和地帯(第1ゾーン)は、ロシア・トルコが3月5日の首脳会談で停戦に合意してから124日目を迎えた。 ** イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍とトルコ軍がM4高速道路で20回目となる合同パ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

カーミシュリー市郊外のタルタブ村で住民が米国のカイザー・シリア市民保護法と米軍の違法な占領に反対する抗議デモ(2020年7月6日)

ハサカ県では、SANA(7月6日付)やシリア人権監視団によると、カーミシュリー市郊外のタルタブ村で住民が米国のカイザー・シリア市民保護法と米軍の違法な占領に反対する抗議デモを行った。 参加者は米国旗を焼くなどして抗議の意 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

保健省は新たに14人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者1人が死亡したと発表(2020年7月6日)

保健省は新たに14人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者1人が死亡したと発表した。 これにより、7月6日現在のシリア国内での感染者数は計372人、うち死亡したのは14人、回復したのは126人となった。 SA … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア軍は「決戦」作戦司令室支配下のイドリブ県を攻撃(2020年7月6日)

イドリブ県の緊張緩和地帯(第1ゾーン)は、ロシア・トルコが3月5日の首脳会談で停戦に合意してから123日目を迎えた。 ** イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が「決戦」作戦司令室の支配下にあるザーウィヤ山 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

マーヒル・アサド准将の側近と目されるアリー・ジュンブラート大佐が何者かに狙撃され、死亡(2020年7月5日)

ドゥラル・シャーミーヤ(7月5日付)は、ダマスカス郊外県ヤアフール町でマーヒル・アサド准将の側近と目されるアリー・ジュンブラート大佐が何者かに狙撃され、死亡したと伝えた。 ** また、シリア人権監視団によると、ダマスカス … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 | コメントする

イドリブ県でシリア軍と「決戦」作戦司令室が交戦(2020年7月5日)

イドリブ県の緊張緩和地帯(第1ゾーン)は、ロシア・トルコが3月5日の首脳会談で停戦に合意してから122日目を迎えた。 ** イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が「決戦」作戦司令室の支配下にあるバーラ村、フ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア民主軍はカーミシュリー市のバアス・パン製造所への小麦粉の搬入を妨害(2020年7月5日)

ハサカ県では、シリア穀物公社のハサカ県支部長を務めるウバイダ・アリー氏によると、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるカーミシュリー市で、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がバアス・パン製造所への小麦粉の搬 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする