シリア政府の動き」カテゴリーアーカイブ

ムアッリム外務在外居住者大臣兼副首相は中国の王外交部長と会談「イドリブ県のテロ組織は根絶される。シリア国内に違法に駐留するすべての外国軍が撤退すべき」(2019年6月18日)

中国を訪問中のワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣兼副首相は、王毅外交部長と会談した。 SANA(6月18日付)によると、会談では両国友好関係の発展に向け、相互訪問の継続と連携を強化することの重要性が確認された。 会談 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

ヒムス県東部でダーイシュがシリア軍拠点を襲撃し、兵士13人死亡(2019年6月18日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)がスフナ市北部のトゥワイナーン地区、カディール地区にあるシリア軍拠点を攻撃し、兵士13人を殺害した。 AFP, June 18, 2019、ANHA, J … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

反体制派はハマー県北部で攻撃を激化、シリア軍はイドリブ市を爆撃(2019年6月18日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから49日目となる6月18日、シリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

カーミシュリー市(ハサカ県)のアサーイシュ本部近くで車が爆発、親政府・反体制メディアは多数が死傷したと報じるが、北・東シリア自治局は人的被害を否定(2019年6月17日)

ハサカ県では、SANA(6月17日付)によると、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるカーミシュリー市内のカドリー・ビーク地区(スーニー交差点)で車に仕掛けられた爆弾が爆発し、市民多数が死傷した。 反体制系のド … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ハサカ県、アレッポ県の農地で火災が発生、ANHAはシリア軍、トルコ軍が消火を妨害していると伝える(2019年6月17日)

ハサカ県では、ANHA(6月17日付)によると、シリア政府と北・東シリア自治局が共同統治するカーミシュリー市南西に位置するカーミシュリー空港近くの農地で火災が発生し、北・東シリア自治局の空港警備員が住民とともに消火に駆け … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

ムアッリム外務在外居住者大臣が中国を訪問し、王国家副主席と会談(2019年6月17日)

ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣兼副首相が中国を訪問し、首都北京で王岐山国家副主席と会談した。 SANA(6月17日付)によると、会談では二国間関係を強化する必要について意見が交わされ、王副主席は、シリアへの支援を … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

シリア・ロシア軍は爆撃を停止するも、ハマー県、イドリブ県、アレッポ県、ラタキア県では戦闘が続く(2019年6月17日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから48日目となる6月17日、シリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ハマー県北部にあるトルコ軍監視所がシリア軍の砲撃を受け、トルコ軍が応戦。ロシアはトルコ軍の応戦を厳しく非難するとともに、シリア軍に応戦しないよう要請(2019年6月16日)

トルコ国防省は声明を出し、ハマー県北部のシール・マガール村に設置されているトルコ軍の監視所(第9監視所)がシリア政府支配地域からの攻撃を受け、トルコ軍部隊が重火器で直ちに応戦したと発表した。 この攻撃による人的被害はなか … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

シリア・ロシア軍による空爆・砲撃が続くなか、シャーム解放機構がアレッポ県ワディーヒー村を砲撃し、民間人12人が死亡(2019年6月16日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから47日目となる6月16日、シリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア政府と北・東シリア自治局がダイル・ザウル県産の石油の移送について協議、ダーイシュの元メンバーがこれを仲介(2019年6月15日)

ユーフラテス・ポスト(6月15日付)は、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍とシリア政府が、ダイル・ザウル県産の石油のシリア政府支配地域への移送について協議、ダーイシュ(イスラーム国)の元メンバーが仲介にあたったと伝え … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

首都ダマスカスにある軍の弾薬庫で大きな爆発が発生(2019年6月15日)#シリア

SANA(6月15日付)は、シリア軍情報筋の話として、首都ダマスカス西部にある軍の弾薬庫の一つで爆発が発生したと伝えた。 同情報筋によると、爆発の原因は不明で、現在調査中だという。 ANHA(6月15日付)によると、爆発 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア軍がイドリブ県、ハマー県を激しく爆撃、民間人13人を含む68人が死亡(2019年6月15日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから46日目となる6月15日、シリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県、ハマー県、アレッポ県へのシリア・ロシア軍の爆撃は続き、民間人6人が死亡(2019年6月14日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから45日目となる6月14日、シリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県ザーウィヤ山に設置されているトルコ軍監視所をシリア軍が砲撃、兵士3人が負傷。ロシアは反体制派による砲撃だと主張(2019年6月13日)

トルコ国防省は声明を出し、イドリブ県ザーウィヤ山に設置されているトルコ軍の監視所が12日晩にシリア軍の砲撃を受け、兵士3人が軽傷を負ったと発表した。 監視所に着弾した砲弾は35発におよび、声明では攻撃が意図的なものだとし … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

停戦発効にもかかわらず、シリア・ロシア軍の攻撃は続き、民間人26人が死亡(2019年6月13日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから44日目となる6月13日、ロシア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシアはトルコとともに、シリア北西部の緊張緩和地帯全域でシリア軍と反体制派を停戦合意させたと発表、反体制派はこれを否定(2019年6月12日)

ラタキア県フマイミーム航空基地に本部を構えるロシア当事者和解調整センターは、ロシアとトルコの後援のもと、イドリブ県を中心とする反体制派支配地域(緊張緩和地帯第1ゾーン)で戦闘を続けるシリア軍と反体制武装集団が停戦に合意し … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イスラエル軍はダルアー県にあるシリア軍拠点をミサイル攻撃、シリア軍はこれを迎撃(2019年6月12日)

SANA(6月12日付)は、軍情報筋の話として、シリア軍防空部隊がダルアー県ハーッラ丘に対するイスラエル軍のミサイル攻撃を迎撃、ミサイル多数を撃破したと伝えた。 このミサイル攻撃によって物的被害が出たが、死傷者はなかった … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

シリア・ロシア軍がイドリブ県、ハマー県への爆撃を続け民間人7人が死亡(2019年6月12日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから43日目となる6月12日も、シリ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米占領地に面するヨルダン国境地帯のルクバーン・キャンプからシリア難民数十世帯が新たに帰還(2019年6月12日)

SANA(6月12日付)によると、米主導の有志連合の占領下にあるヒムス県南東部のタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)に面するヨルダン北東部のルクバーン・キャンプに身を寄せていたシリア難民数十世帯が、新たにスフナ市南部 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 難民・IDP | コメントする

米財務省は、国連職員らが住居として利用する首都ダマスカスのフォーシーズン・ホテルやその経営者らを新たな制裁対象に追加(2019年6月11日)

米財務省外国資産管理室(OFAC)は、シリア政府とつながりがあるとされるビジネスマンのサーミル・ファウズ氏と兄弟のアーミル・ファウズ氏、フサイン・ファウズ氏、ファワズ家が経営するアマーン・ホールティングス社、ラナー・チャ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする