アフリーン市郊外でアル=カーイダ系組織と「穏健な反体制派」がYPG主体のシリア民主軍支配下の村を攻撃、制圧(2015年11月29日)

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(11月29日付)によると、アレッポ・ファトフ軍作戦司令室が、「革命家軍」の支配下にあったアフリーン市郊外の複数の村を制圧したと発表した。

アレッポ・ファトフ作戦司令室が制圧したとするのは、カシュタアール村、タナブ村、アナーブ村、マラーシュ村。

「革命家軍」は西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍に参加する武装集団。

これに関して、ARA News(11月29日付)は、アフリーン市郊外のマリーミーン村、アナーブ村で、ヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動からなる武装集団と、人民防衛部隊、革命家軍が交戦したと報じる一方、アフリーン市の医療筋の話として、シャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などからなるジハード主義武装集団との戦闘で27、28日の2日間で、革命家軍の戦闘員9人が死亡、20人以上が負傷したと伝えた。

一方、人民防衛部隊に近い複数の消息筋によると、人民防衛部隊がアフリーン市郊外でのヌスラ戦線とシャーム自由人イスラーム運動との戦闘で、戦闘員4人を捕捉した。

AFP, November 29, 2015、AP, November 29, 2015、ARA News, November 29, 2015、Champress, November 29, 2015、al-Hayat, November 30, 2015、Iraqi News, November 29, 2015、Kull-na Shuraka’, November 29, 2015、al-Mada Press, November 29, 2015、Naharnet, November 29, 2015、NNA, November 29, 2015、Reuters, November 29, 2015、SANA, November 29, 2015、UPI, November 29, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク