反体制勢力の動き」カテゴリーアーカイブ

トルコ占領下のラッカ県タッル・アブヤド市で国民軍第3軍団が汚職容疑で拘束された司令官の釈放を求めて国民軍憲兵隊本部を包囲(2020年4月8日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、トルコ占領下のタッル・アブヤド市で、トルコ軍の支援を受ける国民軍第3軍団のメンバーが、同じく国民軍の傘下にある憲兵隊本部を包囲した。 包囲は、憲兵隊が第3軍団の司令官1人を汚職容疑 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコ占領下のアレッポ県各所で爆弾が爆発、1人が死亡、国民軍戦闘員1人らが負傷(2020年4月8日)

アレッポ県では、ANHA(4月8日付)によると、トルコ軍がシリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊のタッル・カッラーフ村、ウンム・フーシュ村、ハルバル村を砲撃した。 一方、トルコ占領下のバー … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

北・東シリア自治局はカーミシュリー国際空港での旅行者に新型コロナウィルス感染に係る検査を受けさせないシリア政府に非協力を批判(2020年4月8日)

北・東シリア自治局の保健委員会(保健省に相当)は声明を出し、シリア政府が新型コロナウィルス感染症対策に協力的ではないと非難した。 保健員会は声明のなかで「我々は予防対策として、カーミシュリー(国際)空港に到着する旅行者の … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

保健省は新型コロナウィルス感染者1人が回復したと発表、反体制系サイトはダマスカス郊外県の2町村が新たに閉鎖されたと主張(2020年4月8日)

保健省は新型コロナウィルス感染者1人が回復したことを明らかにした。 これにより、4月7日現在のシリア国内での感染者数は計19人、うち死亡したのは2人、回復したのは4人となった。 SANA(4月8日付)が伝えた。 ** 国 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

イドリブ県でロシア・トルコ軍合同パトロールが座り込みデモの妨害を受ける(2020年4月8日)

英国を拠点に活動する反体制系NGOのシリア人権監視団によると、ロシア・トルコ首脳会談で合意された停戦が発効(3月5日深夜)してから34日目となる4月8日、シリア・ロシア軍、トルコ軍の爆撃は確認されなかった。 ** ロシア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア政府当局はカーミシュリー国際空港に到着した乗客に新型コロナウィルスにかかる北・東シリア自治局の検査を受けさせないまま帰宅させる(2020年4月7日)

ハサカ県では、ANHA(4月7日付)によると、ダマスカス国際空港発の旅客便が民間人多数を乗せてカーミシュリー国際空港に到着、6人の乗客が北・東シリア自治局の緊急事態対応チームが新型コロナウィルスへの感染を確認するために実 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

トルコ占領下のアフリーン市(アレッポ県)で国民軍所属の武装集団どうしが交戦(2020年4月7日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコ占領下のアフリーン市で、トルコの支援を受ける国民軍所属の武装集団どうしが交戦した。 交戦したのは、「クルドの鷹」とシャーム戦線。 「クルドの鷹」がシャーム戦線の検問所で静止 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ハサカ県でシリア民主軍とトルコ軍が衝突(2020年4月7日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるタッル・タムル町一帯に潜入しようとした国民軍の戦闘員4人を捕捉した。 だたし、シリア国民軍 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

北・東シリア自治局の支配地で地元のNGOや住民が、支援を必要としている人々のため物資を調達・配給(2020年4月7日)

ANHA(4月7日付)は、北・東シリア自治局の支配地で新型コロナウィルス感染拡大を防止するための外出・移動制限措置が続くなか、地元のNGOや住民が、支援を必要としている人々のための物資の調達や配給を行う動きが増えていると … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

トルコ軍がイドリブ県ビダーマー町に新たな拠点を設置(2020年4月7日)

英国を拠点に活動する反体制系NGOのシリア人権監視団によると、ロシア・トルコ首脳会談で合意された停戦が発効(3月5日深夜)してから33日目となる4月7日、シリア・ロシア軍、トルコ軍の爆撃は確認されなかった。 ** ロシア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダイル・ザウル県で米軍士官1人とシリア民主軍兵士2人が何者かの要撃を受けて死亡(2020年4月6日)

ダイル・ザウル県では、SANA(4月6日付)によると、有志連合を主導する米軍と人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の合同パトロール部隊が、スワル町近郊のワスィーア村付近で何者かの要撃を受けて、米軍士官1人とシリア民主軍 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アレッポ県とハサカ県で反体制武装集団どうしが戦闘(2020年4月6日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコ占領下のジャラーブルス市近郊で国内避難民(IDPs)キャンプで、地元の若者グループがダイル・ザウル県からのIDPsの若者グループを銃やナイフで襲撃、戦闘となった。 この戦闘 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコ軍はイドリブ県に56カ所目となる新たな拠点を設置(2020年4月6日)

英国を拠点に活動する反体制系NGOのシリア人権監視団によると、ロシア・トルコ首脳会談で合意された停戦が発効(3月5日深夜)してから32日目となる4月6日、シリア・ロシア軍、トルコ軍の爆撃は確認されなかった。 ** ロシア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シャーム解放機構で活動する感染症監視室は新型コロナウィルス感染者はいまだ確認されていないと発表(2020年4月5日)

イドリブ県では、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構が軍事・治安権限を握り、救国内閣が自治を委託されている支配地で活動するという感染症監視室のシャフム・マッキー室長は、33人に対して新型コロナウィルス感染を確認す … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

イドリブ県でシャーム解放機構が地代を払わない店を閉鎖、民家を略奪(2020年4月5日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構の治安部隊が、イドリブ市内の商店複数店舗が、救国内閣に対して地代を納めていないとして閉鎖した。 シャーム解放機構に自治を委託されている … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

トルコによってリビアに派遣されていたシリア人戦闘員(国民軍)の死者数が165人に(2020年4月5日)

シリア人権監視団は、トルコによってリビアに派遣されていたシリア人戦闘員(国民軍)9人がハリーファ・ハフタル将軍率いるリビア国民軍との戦闘で新たに死亡、これによりリビアでの戦死者数が165人に達したと発表した。 165人は … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

ラッカ県タッル・アブヤド市で国民軍がトルコに配置換えや給与支払いを求めるデモ(2020年4月5日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、トルコ占領下のタッル・アブヤド市で、「平和の泉」作戦に参加した国民軍の戦闘員数十人が抗議デモを行い、トルコ当局に対して、アレッポ県北部の「ユーフラテスの盾」地域、「オリーブの枝」地 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

北・東シリア自治局はカーミシュリー国際空港でダマスカスからの乗客約20人を隔離センターへ移送(2020年4月5日)

ハサカ県では、ANHA(4月5日付)によると、ダマスカス国際空港からの旅客便がカーミシュリー国際空港に到着、北・東シリア自治局の緊急事態対応チームが乗客約20人を出迎え、新型コロナウィルスへの感染を確認するための初期検査 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

トルコ軍と国民軍はハサカ県シャルカラーク村の住民を強制退去させ、その住居を破壊(2020年4月5日)

ハサカ県では、ANHA(4月5日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける国民軍がアイン・イーサー市近郊のシャルカラーク村の住民を強制退去させ、彼らが住んでいた住居を破壊した。 一方、トルコ軍は、ラアス・アイン市西のアルー … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコ軍はイドリブ県内に3つの拠点を新たに設置、アレッポ県西部でシリア軍を砲撃(2020年4月5日)

英国を拠点に活動する反体制系NGOのシリア人権監視団によると、ロシア・トルコ首脳会談で合意された停戦が発効(3月5日深夜)してから31日目となる4月5日、シリア・ロシア軍、トルコ軍の爆撃は確認されなかった。 ロシア国防省 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする