ミクダード外務在外居住者副大臣「シリアは危機発生から今日にいたるまで化学兵器は一度たりとも使用していない」(2015年11月30日)

シリアのファイサル・ミクダード外務在外居住者副大臣はオランダのハーグで開催された化学兵器禁止条約(CWC)第20回締約国会議に出席し、シリア軍による化学兵器、塩素ガスの使用を改めて完全否定した。

ミクダード副大臣は「我々はここでと明言したい。危機発生から今日にいたるまで、我々は、いかなる事件においても、そしてまたいかなる作戦においても、塩素ガスをはじめとする有毒化学物質も1度たりとも使用したことはない、と」と述べた。

AFP, November 30, 2015、AP, November 30, 2015、ARA News, November 30, 2015、Champress, November 30, 2015、al-Hayat, December 1, 2015、Iraqi News, November 30, 2015、Kull-na Shuraka’, November 30, 2015、al-Mada Press, November 30, 2015、Naharnet, November 30, 2015、NNA, November 30, 2015、Reuters, November 30, 2015、SANA, November 30, 2015、UPI, November 30, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 パーマリンク