民主的変革諸勢力国民調整委員会のアブドゥルアズィーム代表がカーミシュリー市を訪問「西クルディスタン移行期民政局の支配下にある地域は首都ダマスカスよりも安全だ」(2015年12月29日)

国内で活動する民主的変革諸勢力国民調整委員会のハサン・アブドゥルアズィーム代表はハサカ県のカーミシュリー市を訪問した。

アブドゥルアズィーム代表は調整委員会幹部らとともに使節団を組んでカーミシュリー市を訪問、市内で、西クルディスタン移行期民政局幹部(ジャズィーラ地区のアブドゥルカリーム・ウマル・ジャズィーラ共同代表ら)、シリア・クルド国民評議会幹部、アラブ人部族の代表らと会談、また人民防衛部隊と女性防衛部隊の戦死者が埋葬されているダリール・サールーハーン墓地を訪問し、献花した。

アブドゥルアズィーム代表は「西クルディスタン移行期民政局の支配下にある地域は首都ダマスカスよりも安全だ」と述べるとともに、「我々の訪問の目的は、民政局、シリア・クルド国民評議会、アラブ人部族…の兄弟たちと会談することにあり、シリアの危機の政治的解決をめざしている」と述べた。

また1月25日に開始予定のシリア政府との交渉に関しては「(反体制派の)代表団はバランスのとれたものとなり…、シリアの危機は解決するだろう」と述べた。

ARA News, December 30, 2015

ARA News, December 30, 2015

ARA News, December 29, 2015

ARA News, December 29, 2015

 

AFP, December 30, 2015、AP, December 30, 2015、ARA News, December 30, 2015、Champress, December 30, 2015、al-Hayat, December 31, 2015、Iraqi News, December 30, 2015、Kull-na Shuraka’, December 30, 2015、al-Mada Press, December 30, 2015、Naharnet, December 30, 2015、NNA, December 30, 2015、Reuters, December 30, 2015、SANA, December 30, 2015、UPI, December 30, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク