UNHCR「過去半年間で治安状況の改善を受けてシリア人難民・避難民約50万人が帰宅」(2017年6月30日)

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、過去半年間でシリア人難民・避難民約50万人が帰宅したと発表した。

帰宅を果たしたのは、国内避難民約44万人と国外難民3万1,000人強で、治安状況が改善したことを受け、アレッポ県、ハマー県、ヒムス県、ダマスカス県・ダマスカス郊外県の自宅に戻ったという。

アンドレイ・マヘスィッチ(Andrej Mahecic)報道官は、スイスの首都ジュネーブでの記者会見で「重要な動きで、大きな数値だ…。帰宅したほとんどの人たちは、自分たちの財産を確認し、家族の消息を知ろうとして帰還している」とのべた。

ロイター(6月30日付)が伝えた。

AFP, June 30, 2017、AP, June 30, 2017、ARA News, June 30, 2017、Champress, June 30, 2017、al-Hayat, July 1, 2017、Kull-na Shuraka’, June 30, 2017、al-Mada Press, June 30, 2017、Naharnet, June 30, 2017、NNA, June 30, 2017、Reuters, June 30, 2017、SANA, June 30, 2017、UPI, June 30, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク