2014年3月19日のシリア情勢:諸外国の動き

イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相は閣議で、「イスラエル軍が昨晩(18日)、シリア領内の複数の標的を攻撃した。シリア軍を標的としていたが、我が軍への攻撃を許すことはなく、敵対者たちとも協力していない…。我々は我々に敵対する者を打ち負かす…。陸海空で武器移転を阻止し続ける」と述べた。

またモシェ・ヤアロン国防大臣は声明を出し、「我々はシリア国内で起きていることの責任がアサド政権にあると考えている。アサド政権がイスラエル国家に危害を与えようとテロ組織と協力を続けるのなら、彼らは多大な代価を払うことにあろう」と述べた。

そのうえで「我々の主権へのいかなる侵害も、我々の兵、市民への攻撃も許さない。我々はいつでもどこでも…力をもって断固として我々への敵対行為に対応する」と付言した。

**

ロシア外務省は声明を出し、ダニエル・ルビンスタイン米シリア担当特使によるシリア大使館閉鎖と外交官国外退去命令に関して、「こうした一方的な措置は、米国自身がシリアの政治的関係正常化プロセスの後援者としての役割を放棄するものだ。米国は、アル=カーイダなどからなる…シリアの過激な反体制勢力にもてあそばれる玩具に成り下がった」と非難した。

インテルファクス通信(3月19日付)が伝えた。

AFP, March 19, 2014、AP, March 19, 2014、ARA News, March 19, 2014、Champress, March 19, 2014、al-Hayat, March 20, 2014、Interfax, March 19, 2014、Iraqinews.com, March 19, 2014、Kull-na Shuraka’, March 19, 2014、Naharnet, March 19, 2014、NNA, March 19, 2014、Reuters, March 19, 2014、SANA, March 19, 2014、UPI, March 19, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク