シャーム解放機構のジャウラーニー指導者は戦闘員にデモを保護するよう呼びかける(2019年9月6日)

シリアのアル=カーイダと目されているシャーム解放機構はテレグラムの公式アカウント(https://telegram.me/HTSham)を通じて、イドリブ県、アレッポ県各所で行われている反体制デモの参加者と戦闘員に向けたアブー・ムハンマド・ジャウラーニー指導者のメッセージを発信した。

ジャウラーニー指導者は、メッセージのなかで「シャームの民に敬意と謝意を示したい。あなた方は、世界全体に対して、言論と戦闘の場で、あなた方が正しい大義を担い、目的を達成し、誇りと尊厳を獲得するため、尊い努力を行ってきたことを知らしめた…。我々は過去100日あまり、ムジャーヒディーンの犠牲によって支えられる自由を味わうために支援を行ってきた」としたうえで、シャーム解放機構の戦闘員に対して、「金曜日の礼拝後に行われるデモや集会を保護」するよう呼びかけた。

また「革命は続き、解放は近い」と強調した。

AFP, September 6, 2019、ANHA, September 6, 2019、AP, September 6, 2019、al-Durar al-Shamiya, September 6, 2019、Reuters, September 6, 2019、SANA, September 6, 2019、SOHR, September 6, 2019、UPI, September 6, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク