シャーム解放機構支配下のイドリブ県各所、トルコ占領下のアレッポ県各所でトルコの「平和の泉」侵攻作戦を支持デモ(2019年10月18日)

イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(10月18日付)によると、シャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ市、マアッラト・ヌウマーン市、カッリー町で金曜日の集団礼拝後に抗議デモが発生し、アサド政権の打倒、逮捕者釈放、爆撃停止、そしてトルコによるシリア北東部への侵攻(「平和の泉」作戦)支持が表明された。


一方、シリア人権監視団によると、シャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ市のスィナーア地区で爆発が発生し、シャーム解放機構のメンバー複数が死傷した。

**

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(10月18日付)によると、トルコ占領下にあるジャラーブルス市、バーブ市で金曜日の集団礼拝後に抗議デモが発生し、トルコによるシリア北東部への侵攻(「平和の泉」作戦)支持、マンビジュ市奪還が表明された。

AFP, October 18, 2019、ANHA, October 18, 2019、AP, October 18, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 18, 2019、Reuters, October 18, 2019、SANA, October 18, 2019、SOHR, October 18, 2019、UPI, October 18, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク