北・東シリア自治局傘下のスィタール女性大会会合への爆撃に抗議するデモがハサカ県のロシア軍、有志連合の拠点前で行われる(2020年6月27日)

ハサカ県では、ANHA(6月27日付)によると、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるハサカ市内に設置されている米主導の有志連合の本部前で、北・東シリア自治局傘下のスィタール女性大会が、23日のトルコ軍無人航空機(ドローン)によるハルナジュ村(アレッポ県)のスィタール女性大会会合に対する爆撃に対する国際社会の沈黙に抗議するデモを行った。

**

アレッポ県では、ANHA(6月27日付)によると、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるアイン・アラブ(コバネ)市内のロシア軍基地前で、女性数十人が、23日のトルコ軍無人航空機(ドローン)によるハルナジュ村(アレッポ県)のスィタール女性大会会合に対する爆撃に対する抗議デモを行った。

デモ参加者は、事件に対して明確な姿勢を示すようロシア側に訴えた。


AFP, June 27, 2020、ANHA, June 27, 2020、AP, June 27, 2020、al-Durar al-Shamiya, June 27, 2020、Reuters, June 27, 2020、SANA, June 27, 2020、SOHR, June 27, 2020、UPI, June 27, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク