投稿者「SyriaArabSpring」のアーカイブ

イラク軍はシリア領内にあるダーイシュの作戦司令室を越境爆撃(2018年8月16日)

イラク軍は声明を出し、空軍のF-16戦闘機複数機が、シリア領内にあるダーイシュ(イスラーム国)の「作戦司令室」を越境爆撃したと発表した。 ダーイシュは、この「作戦司令室」で、イラク領内での自爆攻撃を計画していたという。 … 続きを読む

カテゴリー: イラクの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シャーム自由人イスラーム運動は新最高司令官を任命(2018年8月16日)

シャーム自由人イスラーム運動は声明を出し、最高司令部がジャービル・アリー・バーシャー氏(1984年生まれ)をハサン・スーファーン氏の任期(1年)終了を受けて、後任の総司令官に任命したと発表した。 AFP, August … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

トルコ大統領顧問「アサド政権によるイドリブ攻撃を許さない…。攻撃が行われれば、どれほど多くのシリア人がトルコに向かうか誰も想像できない」(2018年8月16日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領の顧問を務めるヤスィン・アクタイ氏は『イェニ・シャファク』(8月16日付)のインタビューに応じ、そのなかで「トルコからシリア難民を追放しようとは、政府はまったく考えていない … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ポンペオ米国務長官とデミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表は政治移行なき復興に疑義を呈する(2018年8月16日)

米国務省は声明を出し、マイク・ポンペオ国務長官とスタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表が会談、政治プロセスが進行しないなかで、復興について話すのは時期尚早で、すべての当事者は、憲法改正、自由で公正な選挙の実 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

『ワタン』紙は米国がハサカ県に新たな軍事基地を建設しようとしていると報じる(2018年8月16日)

『ワタン』(8月16日付)は、車輌150台あまりからなる米軍の車列がイラク領内から進入、ダイル・ザウル県を経由してハサカ県シャッダーディー市方面に向かったとしたうえで、米国がハサカ県内に新たな基地を建設しようとしていると … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

アフリーン市(アレッポ県)にトルコ軍部隊が展開し厳戒態勢(2018年8月16日)

アレッポ県では、ANHA(8月16日付)によると、トルコの実質占領下にあるアフリーン市内にトルコ軍部隊(兵力数十人、車輌数十両)が展開し、厳戒態勢を敷き、空砲などを無差別に発砲した。 トルコ軍部隊の展開は、トルコ軍とその … 続きを読む

カテゴリー: 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アサド大統領とアスマー夫人は「テロリスト」が掘削したダマスカス県ジャウバル区の地下トンネル跡を視察(2018年8月16日)

アサド大統領とアスマー・アフラス夫人は、ダマスカス県ジャウバル区で「テロリスト」が掘削した地下トンネル跡を視察し、トンネルの内壁に装飾彫刻を施しているアーラーム・チームの芸術家18人と懇談した。 アサド大統領は懇談のなか … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア軍はスワイダー県東部に隣接するサファー丘一帯でダーイシュの追撃を続ける(2018年8月16日)

ダマスカス郊外県では、SANA(8月16日付)によると、シリア軍が予備部隊とともにスワイダー県東部の砂漠地帯に隣接するサファー丘でダーイシュ(イスラーム国)の残党の追撃を続けた。 AFP, August 16, 2018 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは26件の停戦違反を、トルコ側は7件の違反を確認(2018年8月16日)

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(8月16日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を26件(アレッポ県7件、ハマー県1件、ラタキア県18件)確認したと発表した。 トルコ側の監視チームも7件(イドリブ県5件、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シャーム解放機構はイドリブ県でシリア政府との和解を求める住民や活動家をまた拘束(2018年8月15日)

イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(8月15日付)によると、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構がマアッラト・ハルマ村、ナキール村で強制捜査を実施し、シリア政府との和解をめざす住民や活動家らを拘束した。 AF … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコのカリン大統領府報道官「トルコはYPGがユーフラテス川東岸に完全撤退するのを待っている」(2018年8月15日)

トルコのイブラヒム・カリン大統領府報道官は、アレッポ県マンビジュ市一帯地域の処遇をめぐる米国との行程表に関して、「トルコは現在、クルド人部隊(西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG))がユーフラテス … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

レバノンのサアド・ハリーリー首相はシリア政府との関係修復を求めるアマル運動、ヒズブッラーに反発(2018年8月15日)

レバノンで組閣を進めるサアド・ハリーリー首相は、ムスタクバル潮流での記者との会合で、「シリア政府との関係修復は議論の余地のない問題だ」と述べた。 ハリーリー首相は「シリア政府と関係修復すべきだとの要求が組閣の条件のように … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする