投稿者「SyriaArabSpring」のアーカイブ

ホワイト・ヘルメットのメンバー3人がハマー県で爆死、シリア人権監視団、ホワイト・ヘルメット、ロシア・メディアはそれぞれ異なった死因を発表・報道(2019年12月13日)

ハマー県では、シリア人権監視団によると、カストゥーン村にあるホワイト・ヘルメットの本部で地雷が爆発し、メンバー3人が死亡、2人が負傷した。 爆発は、不発弾処理部門の施設で発生したという。 これに関して、ホワイト・ヘルメッ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

クナイトラ県アジュラフ村で逮捕者の釈放を訴えるビラの写真が撮影される(2019年12月13日)

アイン・シャーム研究センター(12月13日付)は、クナイトラ県のアジュラフ村に至る街道などで撮影されたと思われる、逮捕者の釈放を訴えるビラの写真複数枚を公開した。 ** イドリブ県では、シリア人権監視団によると、マアッラ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

イドリブ県でシリア軍とシャーム解放機構などからなる反体制武装集団が交戦(2019年12月13日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍地上部隊が県南東部の放棄された大隊基地一帯でシャーム解放機構などからなる反体制武装集団と交戦、同地を砲撃した。 シリア軍地上部隊はまた、ビダーマー町、ヒーシュ村、タッフ村 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イランがダイル・ザウル県南東部のいわゆる「イマーム・アリー基地」に建設物資を搬入(2019年12月12日)

反体制系サイトのユーフラテス・ポスト(12月12日付)は、イランがダイル・ザウル県南東部のいわゆる「イマーム・アリー基地」(イマーム・アリー・コンパウンド)に、セメントや鉄鋼などの建設物資を積んだ貨物車輌多数を派遣したと … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア民主軍がダイル・ザウル県でシリア・エリート部隊の倉庫を接収し、武器弾薬を押収(2019年12月12日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団が複数の情報筋から得た情報によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がシュアイアート部族が居住する県東部(スワル町一帯)にあるシリア・エリート部隊の武器弾薬庫を接収し、保管され … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ロシア軍とトルコ軍がハサカ県ダルバースィーヤ市西の国境地帯で合同パトロール(2019年12月12日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍とトルコ軍がダルバースィーヤ市西の国境地帯で合同パトロールを実施した。 ** アレッポ県では、アフリーン解放軍団が声明を出し、トルコ占領下のカフルハーシル村で11日、トルコ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県、ハマー県で、シリア軍とシャーム解放機構などからなる反体制武装集団が激戦(2019年12月12日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍地上部隊が、ナージヤ村、タフターヤー村、ヒーシュ村、放棄された大隊基地、シャイフ・イドリース村、ムアスラーン村、ウンム・ジャラール村、ラッファ村を砲撃、シャーム解放機構な … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから311人、ヨルダンから548人の難民が帰国、避難民0人が帰宅(2019年12月12日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(12月12日付)を公開し、12月10日に難民859人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは311人(うち女性93人、子供158 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする

米下院はシリア政府、ロシア、イランへの制裁を目的とするカイザー・シリア市民保護法案を可決(2019年12月11日)

米下院(定数435)は、シリア政府への制裁を目的としたカイザー・シリア市民保護法案(H.R.31 – Caesar Syria Civilian Protection Act of 2019)を賛成377票、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

アスタナ14会議はクルド民族主義勢力と米国による「分離主義的アジェンダ」に異義を表明、油田地帯を違法に占領する米軍の撤退を求める(2019年12月11日)

カザフスタンの首都ヌルスルタン(旧アスタナ)で12月10日に開幕していたシリア政府と反体制武装集団の停戦を目的とするアスタナ14会議が2日間の議事を終えて閉幕した。 会議は、シリア政府代表、反体制派代表(シリア軍事革命諸 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

アスマー大統領夫人のおじのタリーフ・アフラス氏とその子息が税関局による資産凍結を解除される(2019年12月11日)

ドゥラル・シャーミーヤ(12月11日付)は、財務省の複数の情報筋の話として、アスマー・アフラス大統領夫人のおじのタリーフ・アフラス氏とその子息が、税関局による資産凍結を解除されると伝えた。 これは、アフラス氏が財務当局か … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア民主軍のアブディー総司令官は米国とロシアにトルコ占領地への難民帰還を阻止するよう呼びかける(2019年12月11日)

人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍のマズルーム・アブディー総司令官は、ツイッターのアカウント(https://twitter.com/MazloumAbdi/)を通じて、「ロシアと米国は(トルコによって)占領されてい … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ハサカ県とアレッポ県を結ぶM4高速道路一帯地域へのシリア軍の展開が完了、ヒトやモノの移動が再開(2019年12月11日)

SANA(12月11日付)は、ハサカ県とアレッポ県を結ぶM4高速道路一帯地域へのシリア軍の展開が完了、その安全が確保され、ヒトやモノの移動が再開されたと伝えた。 AFP, December 11, 2019、ANHA, … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるマルアナーズ村、マンナグ航空基地一帯(アレッポ県)をトルコ軍と国民軍が砲撃(2019年12月11日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるマルアナーズ村、マンナグ航空基地一帯をトルコ軍とその支援を受ける国民軍が砲撃した。 一方、トルコ占領下のバーブ市で、国民軍所属のス … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構がイドリブ県南東部の放棄された大隊基地を制圧(2019年12月11日)

イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(12月11日付)やシャーム解放機構に近いイバー・ネット(12月11日付)によると、シャーム解放機構のアサーイブ・ハムラー(赤い腕章)部隊とアブー・バクル・スィッディーク軍がシリア軍 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

クナイトラ県ジャバーター・ハシャブ村で逮捕者釈放、シリア軍の退去を求めるデモ(2019年12月10日)

クナイトラ県では、シリア人権監視団によると、ジャバーター・ハシャブ村で逮捕者釈放、シリア軍の退去を求めるデモが発生した。 AFP, December 11, 2019、ANHA, December 11, 2019、AP … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

シリアの学校の通信簿の表紙からアサド大統領の写真が消える!(2019年12月10日)

反体制系メディアのドゥラル・シャーミーヤ(12月1日付)、オリエント・ニュース(12月1日付)、そしてロシアのRT(12月1日付)などは、シリアの学校の通信簿からアサド大統領の写真が削除されたと伝え、その写真を拡散した。 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア交渉委員会のアリーディー報道官「「ロシアは自分の好きなように政治プロセスを作り出そうとしている」(2019年12月10日)

シリア交渉委員会のヤフヤー・アリーディー報道官は、アレッポ・ヤウム・チャンネル(12月1日付)を通じて報道を出し、スイスのジュネーブで開催されている制憲委員会(憲法委員会)をアスタナ会議の開催地であるカザフスタンのアスタ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ジャアファリー国連シリア代表「テロとの戦いに停戦は決してない」(2019年12月10日)

バッシャール・ジャアファリー国連シリア代表はアスタナ14会議(12月11日開催予定)に参加するために訪問中のアスタナでRT(12月1日付)の取材に応じ、そのなかで「「テロとの戦い」に停戦は決してない」と述べた。 AFP, … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ロシアのラヴレンティフ・シリア問題担当大統領特使「イドリブ県での大規模な軍事作戦を行う意図はない」(2019年12月10日)

ロシアのアレクサンデル・ラヴレンティフ・シリア問題担当大統領特使はアスタナ14会議開催(12月11日)を前日に控え、シリア情勢に関して、イドリブ県での大規模な軍事作戦を行う意図はない、と述べた。 ラヴレンティフ特使は「我 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする