投稿者「SyriaArabSpring」のアーカイブ

ロシア難民受入移送居住センター:難民・国内避難民(IDPs)の帰還なし(2020年3月26日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(3月26日付)を公開し、3月25日に帰還した難民はいなかったと発表した。 2018年7月18日以降に帰国したシリア難民の数は577,853人。 内訳は … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする

シリア保健省は4人の新型コロナウィルス感染者が新たに確認されたと発表(2020年3月25日)

保健省は声明を出し、4人の新型コロナウィルス感染者が新たに確認され、22日に感染が確認された女性1人と合わせて、シリア国内の感染者が5人になったと発表した。 新たに感染が確認された4人のうち、1人は数日前に湾岸諸国から帰 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

トルコ軍はハサカ県アルーク村の揚水場の水道水供給を一時再開するも、再び停止(2020年3月25日)

ハサカ県では、SANA(3月25日付)によると、ラアス・アイン市西のアルーク村にある揚水場に駐留しているトルコ軍部隊は早朝、22日以降停止していた水道水の供給を一時再開したが、再び供給を停止した。 ** ラッカ県では、A … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコのシャンルウルファ県は「平和の盾」の公共施設の殺菌作業の監督を決定(2020年3月25日)

トルコのシャンルウルファ県は声明を出し、2019年10月に占領した「平和の盾」で地域の拠点都市であるラッカ県タッル・アブヤド市とハサカ県ラアス・アイン市で、新型コロナウィルス感染拡大防止策として、シリア支援調整センターが … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

M4高速道路沿線のイドリブ県ジスル・シュグール市近郊のクファイル橋が爆破される(2020年3月25日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、「正体不明の武装集団」がM4高速道路沿線のジスル・シュグール市近郊のクファイル村の橋(クファイル橋)を爆破した。 爆弾を仕掛けたのは、ロシア・トルコ軍の合同パトロールに反対する「 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県でシリア軍と「決戦」作戦司令室が砲撃戦(2020年3月25日)

英国を拠点に活動する反体制系NGOのシリア人権監視団によると、ロシア・トルコ首脳会談で合意された停戦が発効(3月5日深夜)してから20日目となる3月25日、シリア・ロシア軍、トルコ軍の爆撃は確認されなかった。 ** ロシ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:難民・国内避難民(IDPs)の帰還なし(2020年3月25日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(3月25日付)を公開し、3月24日に帰還した難民はいなかったと発表した。 2018年7月18日以降に帰国したシリア難民の数は577,853人。 内訳は … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする

WHOはアル=カーイダが軍事・治安権限を握るイドリブ県で新型コロナウィルス感染にかかる検査を開始すると発表(2020年3月24日)

世界保健機関(WHO)のヘディン・ハルドルソン報道官は、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県の反体制派支配地域で新型コロナウィルス感染を確認するための検査を数日中に開始すると発 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

シリアから帰国したロシアのショイグ国防大臣が機内で新型コロナウィルスに対するPCR検査を受ける(2020年3月24日)

ロシア24(3月24日付)は、23日にシリアを訪問したセルゲイ・ショイグ国防大臣が、帰国する専用機の機内で新型コロナウィルスに対するPCR検査を受けたと伝え、その映像を公開した。 検査結果は陰性だったという。 AFP, … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県でトルコ軍が再び襲撃を受け、装甲車2輌に被害、兵士2人負傷(2020年3月24日)

トルコ軍による単独パトロール活動はこれで6回目だという。 しかし、ラタキア県フマイミーム航空基地のシリア駐留ロシア軍司令部に設置されている当事者和解調整センターのオレグ・ジュラフロフ・センター長(少将)は声明を出し、「ト … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ラッカ県で反体制武装集団が略奪目的で村を襲撃、村人に発砲し9人を負傷させる(2020年3月24日)

ラッカ県では、ANHA(3月24日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける国民軍がタッル・アブヤド市近郊のカズアリー村を砲撃した。 一方、タッル・アブヤド市近郊のスッカリー村では、略奪を行おうとして住民の抵抗を受けた国民 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米軍兵站部隊の車列がイラクからシリア領内に進入(2020年3月24日)

ハサカ県では、SANA(3月24日付)によると、米軍の兵站部隊の車列がワリード国境通行所からシリア領内に新たに進入した。 車列は貨物トレーラーなど30輌からなり、マーリキーヤ(ダイリーク)市近郊のハッラーブ・ジール村の航 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ハミース内閣は25日から夜間外出禁止令を発動(2020年3月24日)

イマード・ハミース内閣の新型コロナウィルス対策チームは、3月25日から追って通知があるまでの期間、全国で午後6時から午前6時までの12時間の外出を禁止し、すべての商店、店舗の開店を禁止することを決定した。 違反者には罰則 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

新型コロナウィルス対策として外出・移動制限が実施されるなか、若者が生活必需品やパンを無料配送(2020年3月24日)

SANA(3月24日付)は、新型コロナウィルスの感染拡大を防止するため、外出・移動制限を含む措置が政府の主導のもとで実施されているなか、住民に生活必需品を配送する試みが、若者たちのイニシアチブのもとで各地で行われていると … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア軍と「決戦」作戦司令室がイドリブ県で散発的戦闘、「イランの民兵」が拠点を強化(2020年3月24日)

英国を拠点に活動する反体制系NGOのシリア人権監視団によると、ロシア・トルコ首脳会談で合意された停戦が発効(3月5日深夜)してから19日目となる3月24日、シリア・ロシア軍、トルコ軍の爆撃は確認されなかった。 ** しか … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:難民61人が新たに帰還、2018年半ば以降帰還した難民は577,853人に(2020年3月24日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(3月24日付)を公開し、3月23日に難民61人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは61人(うち女性18人、子供31人)、ヨル … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする

ロシア大統領府報道官「シリアで現在、いかなる軍事作戦も行われてない」(2020年3月23日)

ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は「シリアで現在、いかなる軍事作戦も行われてない」と述べ、イドリブ県で当面攻撃を再開しない意向を示した。 ペスコフ報道官は「イドリブ県の状況はヴラジミール・プーチン大統領とトルコ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県でロシア・トルコ軍が2度目となるのM4高速道路での合同パトロールを実施(2020年3月23日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍とトルコ軍が5日の停戦合意の規定に従い、M4高速道路で2度目となる合同パトロールを実施した。 1度目のパトロールはシリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構のメンバーと … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

北・東シリア自治局は外出禁止令の期間を15日間と定める(2020年3月23日)

北・東シリア自治局は声明を出し、新型コロナウィルス感染防止策として3月23日に発効した外出禁止令の期間を15日に定めるとしつつ、必要に応じて延期する可能性があると発表、支配地の住民に対して、自治局が発表する決定を遵守する … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

UNICEFシリア事務所長はトルコによる水道水供給停止でハサカ県の子どもが新型コロナウィルス感染の脅威に晒されていると非難(2020年3月23日)

国際連合児童基金(UNICEF)シリア事務所のフラン・エクイザ所長は声明を出し、トルコ軍がアルーク揚水所からの水道水供給を停止していることに関して、「新型コロナウィルス感染拡大を食い止めようとする努力がなされているなか、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする