レバノンの動き」カテゴリーアーカイブ

レバノンで避難生活を続けてきたカラムーン地方住民120世帯が帰国を開始(2017年6月10日)

ダマスカス郊外県では、『ハヤート』(6月11日付)によると、シリア国内での戦闘激化を受けて、レバノンのアルサール村(ベカーア県)一帯に避難していたカラムーン地方の住民約120世帯が帰宅を開始した。 避難民の帰宅は、シリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き | コメントする

レバノン領内のシリア国境地帯でシャーム解放委員会とダーイシュが交戦し、多数の戦闘員が死亡(2017年5月27日)

クッルナー・シュラカー(5月27日付)によると、シャーム解放委員会とダーイシュ(イスラーム国)がレバノン領内のベカーア県バアルベック郡アルサール村郊外のシリア領(ダマスカス郊外県西カラムーン地方)に隣接する無人地帯(シャ … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き | コメントする

ヒズブッラーはシリア国境地帯から撤退、レバノン軍に同地の防衛を移管(2017年5月12日)

ヒズブッラー戦争広報局は、「イスラーム抵抗運動」(ヒズブッラーが主導するレジスタンス組織)がベカーア県のトゥファイル村西部、ブリータール村、ハーム村、マアッルブーン村の無人地帯など対シリア国境地帯をレバノン軍に移管し、同 … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

ヒズブッラーのナスルッラー書記長はシリア国境地帯からの撤退を宣言、「イスラエルは今後の対決を恐れている」と脅迫(2017年5月11日)

ヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長はマナール・チャンネル(5月11日付)を通じて演説を行い、レバノン東部のシリア国境地帯での反体制武装集団を掃討したと発表、同地からヒズブッラーの武装組織を撤退させる意思を表明した。 … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

レバノン軍はシリア国境近くでダーイシュの地元司令官1人を殺害、10人を拘束(2017年4月22日)

レバノン軍は声明を出し、ベカーア県アルサール村一帯で早朝、ジハード主義武装集団と交戦し、ダーイシュ(イスラーム国)の地元司令官1人を殺害、10人を拘束したと発表した。 ARA News(4月22日付)が伝えた。 AFP, … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き | コメントする

アサド大統領はチュニジア人民戦線使節団と会談「現下の戦争はアラブ人のアイデンティティや文化を破壊しようとするもの」(2017年3月22日)

アサド大統領は、シリアを訪問したチュニジアの人民戦線の議員からなる使節団と首都ダマスカスで会談した。 アサド大統領は会談で、現下の戦争に関して、過激思想の拡散を通じて、アラブ人のアイデンティティや文化を破壊し、アラブ民族 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き | コメントする

レバノンのアウン大統領はシリア難民を収容するための「安全保障地帯」設置に理解を示す(2017年2月3日)

レバノンのミシェル・アウン大統領は、フィリポ・グランディ国連難民高等弁務官と会談し、シリア情勢やレバノン国内のシリア人難民への対応などについて意見を交わした。 会談で、アウン大統領は、ドナルド・トランプ米大統領がシリア難 … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 諸外国の動き | コメントする

ヒズブッラーはダマスカス郊外県バラダー渓谷へのロシア軍停戦監視団の派遣を拒否(2017年1月5日)

クッルナー・シュラカー(1月5日付)は、ダマスカス郊外県バラダー渓谷でシリア軍とともに、シャーム・ファトフ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などからなる反体制武装集団と戦闘を続けるヒズブッラーが、ロシア軍の使節団の同地訪 … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

ヒズブッラーのナスルッラー書記長「アレッポの戦いはテロとの戦いにおける大きな勝利」(2016年12月23日)

ヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長は、マナール・チャンネル(12月22日付)を通じて演説を行い、シリア軍によるアレッポ市解放に関して「アレッポの戦いは…テロに対する戦線における大いなる勝利、大いなる進展であり、我々 … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

ヒズブッラーはシリア領内の戦略的要衝で初の大規模軍事行進を敢行(2016年11月14日)

レバノンのヒズブッラーは、「殉教者」(11月11日)に合わせて、シリア領内のレバノン国境地帯の戦略的要衝であるヒムス県クサイル市で大規模な軍事行進を行った。 ヒズブッラーがこうした大規模軍事行進をシリア領内で実施するのは … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

レバノン:アウン大統領はサアド・ハリーリー議員を首相に任命、ヒズブッラー、バアス党、SSNPはハリーリー議員を首相に指名せず(2016年11月3日)

レバノン大統領府のアントワーン・シュカイル報道官は、レバノン国民議会議員との諮問の結果を受け、ミシェル・アウン大統領がムスタクバル潮流のサアド・ハリーリー議員(元首相)を首相に任命し、組閣を命じたと発表した。 ナハールネ … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

レバノン:ヒズブッラーと同盟関係にある自由国民潮流のアウン元国軍司令官がハリーリー元首相率いる親サウジのムスタクバル潮流の支持をとりつけ第13代大統領に選出(2016年10月31日)

レバノンの国民議会(ナビーフ・ビッリー議長)は、大統領選出のための特別会(46度目)を開催し、自由国民潮流代表のミシェル・アウン議員(元国軍司令官、81歳)を第13代大統領に選出した。 レバノンでは、ミシェル・スライマー … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする