レバノンの動き」カテゴリーアーカイブ

シリア、ヨルダン、イラク、レバノンの農業大臣が閣僚会合を開き地域食料安全保障センターの設置、通商の強化、4ヵ国間の農産物の流通促進の重要性を確認(2022年9月26日)

シリアのムハンマド・ハッサーン・カトナー農業・農業改革大臣、ヨルダンのハーリド・ムーサー・シハーダ・フナイファート農業大臣、イラクのファッラーフ・ハサン・サイダーン農業大臣、レバノンのアッバース・ハーッジ・ハサン農業大臣 … Read More

タルトゥース県沖での難民ボート沈没の犠牲者は89人に(2022年9月24日)

タルトゥース県のバースィル病院のイスカンダル・アンマール総務委員会長は声明を出し、22日にエルワード島近くのシリアの領海内で、レバノンのタラーブルス港からキプロスに向かって航行していたボートが沈没した事件に関して、犠牲者 … Read More

ヒズブッラーのナスルッラー書記長:「シリアはパレスチナ人民にとっての真の支え」(2022年9月17日)

レバノンのヒズブッラーのナサン・ナスルッラー書記長は、ベカーア県バアルベック市でイスラーム教シーア派の宗教行事アルバイーンを記念してヒズブッラーが組織した大規模行進の終了に合わせて、ビデオ演説を行った。 演説のなかで、ナ … Read More

ヒズブッラーのナスルッラー書記長:「シリアは生存をかけた戦争を乗り越えたが、封鎖と制裁に苦しんでいる。だから、この制裁を解除するために声を上げねばならない」(2022年8月9日)

レバノンのヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長は、首都ベイルート南部郊外で行われたアーシューラーの祝祭に向けてビデオ演説を行い、生存を書けた戦争を乗り越えたシリアに対して欧米諸国の依然として続けている制裁の解除に向け … Read More

シリア民主軍はイラク国境に教練キャンプを設置し、実弾演習でイラク人女性1人が死亡(2022年7月27日)

ドゥラル・シャーミーヤ(7月27日付)は、イラクの複数のメディアの話として、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がニーナワー県のラビーア国境通行所(シリア側はヤアルビーヤ国境通行所)に近くの国境から数百メートルも離れて … Read More

ヒズブッラーの専門家がファーティミーユーン旅団にドローンの使用方法を教練するためヒムス県のタドムル市に(2022年7月26日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ヒズブッラーの専門家が、アフガニスタン人の民兵組織ファーティミーユーン旅団に無人航空機(ドローン)の使用方法を教練するため、タドムル市に到着した。 ファーティミーユーン旅団はタドム … Read More

ヒズブッラーのナスルッラー書記長:「ハマースとシリア政府の関係正常化に私は個人的に関心がある」(2022年7月25日)

レバノンのヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長は、シリア政府とパレスチナのハマースの関係正常化を望んでいると述べた。 結成40周年を記念したマヤーディーン・チャンネルとのインタビューのなかで、ナスルッラー書記長は以下 … Read More

アルヌース首相は6月10日にイスラエル軍戦闘機のミサイル攻撃を受けたダマスカス国際空港の被害状況を視察(2022年6月12日)

フサイン・アルヌース首相は、ズハイル・ムスタファー・ハズィーム運輸大臣と共に、6月10日にイスラエル軍戦闘機のミサイル攻撃を受けたダマスカス国際空港を訪問し、被害状況を視察し、作業チームに迅速に復旧作業を進めるよう指示し … Read More

ヒムス県とレバノンのベカーア県を結ぶマトラバー国境通行所が新たに開設(2022年5月13日)

シリアのヒムス県とレバノンのベカーア県を結ぶマトラバー国境通行所が新たに開設され、シリアのハーリド・ハディード内務省出入国管理局長、ヒムス県治安軍事委員会委員長、レバノンのアッバース・イブラーヒーム総合情報総局長、ベカー … Read More

シリア治安当局がレバノンのドゥルーズ派指導者を拘束(2022年3月29日)

アラビー・ジャディード(3月30日付)は、シリアの治安当局がスワイダー県のスワイダー市で執り行われていたドゥルーズ派の宗教指導者の1人ヒクマト・ヒジュリー氏の母親の葬儀に参列するために、シリアに入国したレバノンのドゥルー … Read More

レバノンのベイルートでロシアとの連帯を示すデモが行われ、在留シリア人も参加(2022年3月20日)

SANA(3月20日付)によると、レバノンの首都ベイルート(ベイルート県)のUNESCO本部前で、ベイルート人民連合など民族主義・進歩的政党・組織、活動家らが、ロシアの安全保障と安定を脅かそうとする欧米諸国に対峙するロシ … Read More

レバノンのベカーア県ヘルメル郡にシリアとを結ぶ新たな国境通行所開設(2022年3月18日)

レバノンのアリー・ハミーヤ公共事業運輸大臣(ヒズブッラー指名Iはシリアとの国境に新たな通行所を設置したと発表した。 新たな国境通行所は、ベカーア県ヘルメル郡のマトリバ村とシリアのヒムス県を結ぶもので、出入国の円滑化と混雑 … Read More

マフルーフ地方行政環境大臣がレバノンのシャラフッディーン移民問題担当国務大臣と会談(2022年2月26日)

フサイン・マフルーフ地方行政環境大臣はシリアを訪問したレバノンのイサーム・シャラフッディーン移民問題担当国務大臣を団長とする使節団と会談し、両国によるシリア難民の期間促進に向けた措置について協議した SANA(2月26日 … Read More

レバノンのヒズブッラーはイスラエル領内にドローンを進入させたと発表、イスラエル軍はアイアン・ドームで迎撃するも撃墜に失敗(2022年2月18日)

レバノンのヒズブッラーが主導する「レバノン国民抵抗」は声明を出し、同組織が保有する無人航空機(ドローン)「ハッサーン」が占領下パレスチナ(イスラエル北部)上空で4分間にわたり偵察任務を実施、イスラエル軍に迎撃を受けつつも … Read More

ヒズブッラーのナスルッラー書記長:「シリアに対する世界規模の大戦は何の成果ももたらさずに終わった」(2022年2月8日)

レバノンのヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長はマナール・チャンネル(2月8日付)のインタビューに応じ、そのなかで「シリアに対する世界規模の大戦は何の成果ももたらさずに終わった。だが、北部にてテロ組織がおり、シリアと … Read More

ザーミル電力大臣がレバノンを訪問し、アウン大統領と会談、シリア経由でのヨルダンからレバノンへの電力供給計画について協議(2022年1月25日)

ガッサーン・ザーミル電力大臣がレバノンを訪問し、ミシェル・アウン大統領と会談、シリア経由でのヨルダンからレバノンへの電力供給計画について意見を交わした。 会談には、アリー・アブドゥルカリーム在レバノン大使、レバノンのワリ … Read More

レバノン・自由国民潮流のバースィール党首が同国におけるシリア人避難民の存在を「陰謀」であるとして批判(2022年1月2日)

反体制系ウェブサイト「スーリーヤ・ネット」、「ザマーン・ワスル」などによると、レバノンのジュブラーン・バースィール自由国民潮流党首は、同国におけるシリア人避難民の存在を「陰謀」と表現し、「レバノンに避難民を残留させるため … Read More

アリー駐レバノン・シリア大使がレバノン人に対する入国許可措置がもたらす影響が「あらゆるレベルでポジティブ」となる必要性を強調(2021年12月14日)

アリー・アブドゥルカリーム・アリー駐レバノン・シリア大使は、昨日月曜日に決定されたレバノン人に対するシリア入国許可措置について、「シリアの決定がもたらす影響は、あらゆるレベルにおいてポジティブなものとならなくてはならない … Read More