難民・IDP」カテゴリーアーカイブ

米国が違法に駐留するタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)内にあるルクバーン・キャンプで暮らしていた4家族が、キャンプ内の劣悪な生活環境を理由に政府支配地に脱出(2022年6月30日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、米国が違法に駐留するタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)内にあるルクバーン・キャンプで暮らしていた4家族が、キャンプ内の劣悪な生活環境を理由に、ヒムス県南東グラーブ山のジュライ … Read More

ハサカ県のフール・キャンプでIDPsの女性1人と身元不明の男性が相次いで遺体で発見される(2022年6月28日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、北・東シリア自治局の管理下にあるフール・キャンプの第6区で、内務治安部隊(アサーイシュ)が、後ろ手に縛られ、頭を切断された女性1人の遺体を発見した。 女性はヒムス県出身の国内避難民 … Read More

イドリブ県フーア市でIDPs、ワクフ内の商店主や住民がシャーム解放機構と救国内閣の立ち退き命令に抗議してデモ(2022年6月24日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構が軍事・治安権限を握るフーア市で、ダマスカス郊外県からの国内避難民(IDPs)が抗議デモを行った。 抗議デモは、シャーム解放機構がID … Read More

米国が違法に駐留するタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)内にあるルクバーン・キャンプで暮らしていた4家族が、キャンプ内の劣悪な生活環境を理由に政府の支配地に脱出(2022年6月23日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、米国が違法に駐留するタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)内にあるルクバーン・キャンプで暮らしていた4家族が、キャンプ内の劣悪な生活環境を理由に、ヒムス県南東グラーブ山のジュライ … Read More

フール・キャンプでダイル・ザウル県からの国内避難民(IDPs)の女性がダーイシュに殺害される(2022年6月22日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、北・東シリア自治局の管理下にあるフール・キャンプの第3区でダイル・ザウル県からの国内避難民(IDPs)の女性がダーイシュ(イスラーム国)によって殺害された。 AFP, June 2 … Read More

シリア難民を支援するトルコのNGOは「トルコにいる約80%のシリア人が帰国を望んでいる」と主張(2022年6月21日)

トルコのNGOでシリア難民を支援する市民社会組織フォーラム(CSOs Platform)のムハンマド・アクタア事務局長は、「トルコにいる約80%のシリア人が帰国を望んでいる」と述べた。 発言は、市民社会組織フォーラムがイ … Read More

UNHCRトルコ事務所代表:毎週800人のシリア難民がトルコから帰国している(2022年6月21日)

UNHCRトルコ事務所のフィリップ・レクラーク代表は、ロイター通信(6月21日付)のインタビューに応じ、トルコからシリアに帰国するシリア難民の数が毎週800人あまりに達していることを明らかにした。 「シリアの不確実性のレ … Read More

トルコ占領下のアレッポ県ジャンディールス町近郊とイドリブ県との県境に位置するダイル・バッルート村に新たな入植地が建設される(2022年6月18日)

アレッポ県では、ANHA(6月18日付)によると、トルコ占領下のいわゆる「オリーブの枝」地域の拠点都市の一つジャンディールス町近郊とイドリブ県との県境に位置するダイル・バッルート村に新たな入植地が建設された。 入植地は、 … Read More

フール・キャンプの第3区でIDPs女性1人を含む女性2人が遺体で発見される(2022年6月17日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、北・東シリア自治局の管理下にあるフール・キャンプの第3区で、国内避難民(IDPs)の女性1人と身元不明の女性1人が遺体で発見された。   **   ダイル・ザウ … Read More

「難民帰還に関する国際会議」第4回会合が閉幕、西側諸国にシリアに対する違法な一方的制裁と封鎖、シリアの主権と地域の安全への侵害行為が危機の長期化と難民・国内避難民の帰還妨害が狙いだと非難(2022年6月16日)

「難民帰還に関する国際会議」の第4回会合(6月14日開幕)は最終日を迎え向かえ、シリアの首都ダマスカスのコンベンション・センター(ウマウィーイーン宮殿)で、シリア閣僚調整委員会、ロシアの合同連携センター(国外難民と国内避 … Read More

「難民帰還に関する国際会議」の第4回会合(6月14日開幕)が2日目を向かえ、分科会審議、ロシア政府高官や関係者らとシリア側の担当部局と会談が続く(2022年6月15日)

「難民帰還に関する国際会議」の第4回会合(6月14日開幕)が2日目を迎え、首都ダマスカスのコンベンション・センター(ウマウィーイーン宮殿)では、前日に続いて、情報、経済、宗教、高等教育、法律、内務・中央銀行、保健、文化、 … Read More

「難民帰還に関する国際会議」第4回会合が開幕、ロシア使節団はドネツク人民共和国の外務大臣らとともに、ミクダード外務在外居住者大臣、サッバーグ人民議会議長らと会談(2022年6月14日)

「難民帰還に関する国際会議」の第4回会合が首都ダマスカスのコンベンション・センター(ウマウィーイーン宮殿)で開幕した。 会場では、情報、経済、宗教、高等教育、法律、内務・中央銀行、保健、文化、通商、農業、運輸、工業、テロ … Read More

米国が違法に駐留するタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)内にあるルクバーン・キャンプに、米主導の有志連合の支援を受けた大型車輌3台がヨルダン領から初めて人道支援物資を搬入(2022年6月9日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、米国が違法に駐留するタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)内にあるルクバーン・キャンプに、米主導の有志連合の支援を受けた車列がヨルダン領から人道支援物資を搬入した。 ヨルダン領か … Read More

ハサカ県カルヤタイン市の使節団が米国が違法に駐留するタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)内にあるルクバーン・キャンプを訪問し、収容されているIDPsの帰還について協議(2022年6月4日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、カルヤタイン市の使節団が米国が違法に駐留するタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)内にあるルクバーン・キャンプを訪問し、収容されている国内避難民(IDPs)のシリア政府の支配地へ … Read More

フール・キャンプに収容されていたイラン難民152世帯690人がイラクに帰国(2022年6月1日)

ハサカ県では、ANHA(6月1日付)によると、北・東シリア自治局の管理下にあるフール・キャンプに収容されていたイラン難民152世帯690人が、自治局とイラクの国境に国連世界食料農業機関(FAO)の支援用に設置されている通 … Read More