シリア国内の暴力(2014年7月31日追記)

イドリブ県では、ARA News(8月1日付)によると、シャームの民のヌスラ戦線がトルコ国境に近いサルマダー村を制圧した。

これを受け、軍は同村を空爆し、1人が死亡、約10人が負傷した。

ハリール・アフマドを名乗る活動家によると、ヌスラ戦線は地元住民の同意のもとにサルマダー村を制圧し、「自由シリア軍」とともに検問所を設置したが、軍の空爆を受け、同村から撤退したという。

ARA News, August 1, 2014をもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク