諸外国の動き(2014年7月31日)

アレッポ県の対シリア国境に位置するバーブ・ハワー国境通行所運営局はフェイスブックを通じて声明を出し、トルコ当局が同国境通行所に面するトルコ側のキリス国境通行所を7月31日付で開放し、シリア人のシリアへの帰国を許可することを決定したと発表した。

ARA News(7月31日付)によると、これにより、武器以外の物資などの搬入も可能になるという。

しかし、複数の活動家によると、トルコ当局は西クルディスタン移行期民政局やシリア政府が実効支配するシリア領内と接する国境通行所(ラアス・アイン・ジェイランプナル間、カーミシュリー・ヌサイビン間、ダルバースィーヤ・シェンユルト間、アイン・アラブ・ミュルシトプナル間)の開放は行わないという。

AFP, July 31, 2014、AP, July 31, 2014、ARA News, July 31, 2014、Champress, July 31, 2014、al-Hayat, August 1, 2014、Kull-na Shuraka’, July 31, 2014、al-Mada Press, July 31, 2014、Naharnet, July 31, 2014、NNA, July 31, 2014、Reuters, July 31, 2014、SANA, July 31, 2014、UPI, July 31, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク