シリア国内の暴力(2014年8月22日)

ハマー県では、シリア人権監視団によると、シーハ村近郊でのシリア軍との戦闘で、ジハード主義武装集団の司令官が死亡した。

またシリア軍はハルファーヤー市に空爆を行い、同地一帯やハスラーヤー村で反体制武装集団と交戦し、反体制武装集団戦闘員5人を含む10人以上が死亡した。

これを受け、シャームの民のヌスラ戦線が、反体制武装集団を支援するために、アレッポ県方面からハルファーヤー市一帯に増援部隊を派遣した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、シャアラーン地区のダール・サラーム学校近くにジハード主義武装集団が撃った迫撃砲が着弾し、子供3人を含む4人が死亡した。

ヤルムーク区出身の男性1人が治安機関の拘置所で拷問を受け死亡した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ブスラー・シャーム市へのシリア軍の空爆で女性1人が死亡した。

シリア軍はまたインヒル市、ダーイル町、東ガーリヤ村を「樽爆弾」で空爆し、子供5人が死亡した。

このほか、ダルアー市で負傷していた男性1人が死亡したほか、ムサイフラ町出身の男性2人が治安機関の拘置所で拷問を受け死亡した。

一方、SANA(8月22日付)によると、ダルアー市マンシヤ地区、ナイーマ村、ラジャート高原、サイダー町、アトマーン村・ダーイル市街道、ヤードゥーダ村で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、SANA(8月22日付)によると、ムライハ市郊外のTAMICOを占拠していた「テロ集団」をシリア軍が掃討した。

またアドラー市旧市街、ドゥーマー市、ハーン・シャイフ・キャンプ郊外で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

さらに、バスィーマ町では、地元和解プロセスの一環で反体制武装集団元メンバー180人が当局に投降、その後放免となり、釈放された。

Kull-na Shuraka', August 22, 2014

Kull-na Shuraka’, August 22, 2014

**

ヒムス県では、SANA(8月22日付)によると、シャーイル山、ウンム・シャルシューフ村、タルビーサ市、ウンム・リーシュ市、ラッフーム村で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、SANA(8月22日付)によると、ナフラ町、マアッルブライト村、シャビーバ軍事基地周辺で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

スワイダー県では、SANA(8月22日付)によると、ジャドル・シヤーフ街道で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, August 22, 2014、AP, August 22, 2014、ARA News, August 22, 2014、Champress, August 22, 2014、al-Hayat, August 23, 2014、Kull-na Shuraka’, August 22, 2014、al-Mada Press, August 22, 2014、Naharnet, August 22, 2014、NNA, August 22, 2014、Reuters, August 22, 2014、SANA, August 22, 2014、UPI, August 22, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 国内の暴力 パーマリンク