レバノンの動き(2014年8月22日)

ヒズブッラーは、ダーイシュ(イスラーム国)による米国人ジャーナリストのジェームズ・フォーリー氏処刑に関して声明を出し、「テロ集団によって勇敢なままに殺害された」と哀悼の意を示したうえで、「テロ集団に資金、武器を供与し、シリアとイラクでの恐るべき犯罪を政治的に隠蔽し、沈黙を装うことこそ…恐るべき行為の主因だ」と述べ、両国でのジハード主義武装集団を支援してきたトルコ、サウジアラビア、カタールなどを暗に批判した。

**

ベカーア県バアルベック郡アルサール村を8月初めに襲撃した武装集団(シャームの民のヌスラ戦線、ダーイシュ(イスラーム国)が拉致する内務治安軍総局隊員ら24人のうち、隊員8人とレバノン軍兵士1人の合わせて9人が撮影された映像がユーチューブ(https://www.youtube.com/watch?v=A41L-5mr1Mg)にアップされた。

ビデオで、隊員らは、「悪魔の党」(ヒズブッラーのこと)のシリアへの干渉に抗議するためのデモや道路封鎖を行うよう家族に対して呼びかけ、もしそうしなければ自分たちは殺害されるだろうと語った。

Naharnet, August 22, 2014

Naharnet, August 22, 2014

AFP, August 22, 2014、AP, August 22, 2014、ARA News, August 22, 2014、Champress, August 22, 2014、al-Hayat, August 23, 2014、Kull-na Shuraka’, August 22, 2014、al-Mada Press, August 22, 2014、Naharnet, August 22, 2014、August 23, 2014、NNA, August 22, 2014、Reuters, August 22, 2014、SANA, August 22, 2014、UPI, August 22, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き パーマリンク