諸外国の動き:トルコが対シリア国境に緩衝地帯設置を主唱(2014年9月27日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、シリア、イラクでのダーイシュ(イスラーム国)殲滅に向けた国際的な同盟への参加の是非に関して、「空爆だけでは不充分で、こうしたテロ組織を殲滅できない。トルコ軍が補足的な役割を果たす」と述べ、トルコ・シリア国境地帯での緩衝地帯の設置に向けた計画を実施するため、国際社会、地域の理解と協力が必要だと立場を示した。

ARA News(9月27日付)が伝えた。

**

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は国連総会で一般討論演説を行った。

シリア情勢に関して、ラヴロフ外務大臣は、国連憲章に基づき、シリア政府との協力のもと、ダーイシュ(イスラーム国)に対する「テロとの戦い」を行うべきだと主張した。

**

中国の王毅外務大臣は、国連総会で一般討論演説を行った。

シリア情勢に関して、王外務大臣は、同国危機の平和的解決を求めるとともに、国連憲章、国連安保理決議に従って、すべての当事者の協調のもと、イスラーム国に対する「テロとの戦い」を推し進めるべきとの立場を示した。

AFP, September 27, 2014、AP, September 27, 2014、ARA News, September 27, 2014、Champress, September 27, 2014、al-Hayat, September 28, 2014、Kull-na Shuraka’, September 27, 2014、al-Mada Press, September 27, 2014、Naharnet, September 27, 2014、NNA, September 27, 2014、Reuters, September 27, 2014、SANA, September 27, 2014、UPI, September 27, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク